中学・高校生の海外留学

中学生・高校生からの留学がその先の人生を大きく変える

国際社会が複雑化している現代において、海外留学という選択肢が中学生や高校生にも広く浸透し始めています。その背景には、数多くの日本企業が幅広い分野で海外進出を果たす中で、よりグローバルな人材が求められているということがあります。そのため、自分の夢を叶えるべく早いうちから世界を視野に入れた教育を受けたいと考え、実際に単身で海外留学をして寮やホームステイ生活をしながら生活をしている中高生が増えてきているのです。

中学・高校生の海外留学

大人から見れば、中学生や高校生が単身留学をするというのは早いのではと思われる方もいるかもしれませんが、むしろその先では遅いという考え方もあります。若いうちから留学をしていると、同じ年頃の日本人学生と比べてグローバルコミュニケーションの経験値は圧倒的に高くなるので、同時に社会人としてのスタートラインに立った時に持っているスキルの差は歴然としているでしょう。

いつか海外の大学へ進学したいと考えている学生は多いですが、まず日本で進学してから海外へとなるとそれだけ社会へ出るのも先のことになってしまいかねません。そのような場合、しっかりとした方向性を持っていないと留学自体が目的化してしまい自分の道を見失ってしまう恐れもあります。そう考えると中学・高校の頃から海外経験を積んでしっかりとした国際感覚を身につける準備をするのは、決して早過ぎるというわけでもないのです。

日本ではグローバルな人材になるために必要なスキルは英会話だと考える傾向が多く見られますが、実際本当に世界で活躍していくためには、それだけではどうにもならないことの方がたくさんあります。どんなに英語が達者でも人種や文化が違うが故に生じる価値観の違いを理解することができなければ、しっかりとした意思の疎通はまず不可能です。

今の時代において世界中で求められている人材像は、英語という共通言語を使って様々な国の人々と対等に渡り合えるだけの対応力を持った人物です。そのような人材として成長するためには、母国語の通じる日本にいるだけではどうしても不十分で、より実践的な経験をしておく必要があります。

海外というと英語圏である欧米というイメージがあるかもしれませんが、実社会で仕事上お付き合いをすることになる外国人は、私達日本人と同じく英語を母国語としない国の人である場合が少なくありません。そのため「欧米=海外」ではなく「海外=世界」と考えて、積極的に様々な国の人と関わるチャンスを捉えるようにしたいものです。

意外と理解されていない本当のグローバルとは

近年のITテクノロジーの進歩に伴って、世界の経済はより簡単に国を超えることができるようになりました。そのため大企業のみならず中小規模の企業でもグローバルな人材の確保が急務となってきています。日本は島国ということもあって、自分から国外へ出ないことには外国人や外国の文化に接する機会を得ることがなかなか難しいという環境下にいる人が大勢います。そのような日本社会において「グローバルな人材の育成」という言葉は度々耳にするかもしれませんが、それが具体的に何を意味しているのかに対しての認識が曖昧な場合も珍しくありません。

実際、英語さえ話せれば世界で活躍できると考えられている場合も多く、子どもには幼い頃から英会話を習わせておくという流れがあるのも確かで、子どもの習い事の人気ランキングにはいつも英会話が上位にランクインしています。もちろんグローバル社会で将来活躍していくために、英語力というのはどうしても必要なスキルになるので、幼い頃から英語に接していた方が有利になることは間違いありません。しかし、競争の激しいグローバル社会で生きていくためには、英語がただ出来るだけではもはや足りないというところまで世界の状況は進歩してきているのです。

日本では英語が決して理解できないわけではないという人でも、英会話となると消極的になってしまう人が少なくありません。その理由として考えられることはいくつもありますが、まず言えるのは間違いを恐れてしまうということです。日本の英語教育ではテストでの評価が中心になるので、問題に対する回答が合っているかそうでないかが成績を大きく左右してしまいます。そのため、より良い進学を目指して読み書き中心の学習パターンに回帰してしまうという状況を避けられないのが現状ではないでしょうか。テストでいい点が取れるよう繰り返し勉強することによって英会話を覚えている場合、実際の会話においても「正解」を言おうと考えるあまり、言葉としてなかなか口から出てこないという状況が生まれてしまいます。

そしてもう一つ英会話に消極的になる理由として他に考えられるのが、母国語におけるコミュニケーション能力の欠如です。日本語も英語も言葉という意味では全く同じ役割をする道具に過ぎず、言葉が変わったからと言って自分の中身が変わるわけではありません。ですから、もし日本語でのコミュニケーションが苦手であれば、違う言語となればなおさら難しいものになるでしょう。しかし、英語が話せれば自然とコミュニケーションが出来ると考えられている場合も多く、実際にグローバルに通用する力をつけるまでの過程が想像しにくいという人も多いのではないでしょうか。

本当のグローバルコミュニケーションに必要なこと

中学・高校生の海外留学

ではどうすれば世界に通用するコミュニケーション力を身につけることができるのかを考えてみると、その答えは英語の勉強以外のところから見つけることができます。世界の国々に関する情報は、インターネットやテレビなどを通じて日々目にする機会があるので、日本とはあまりにもかけ離れた文化や価値観に驚くということもあるのではないでしょうか。では、実際目の前にそのような外国人が現われた時に、どんな気持ちで接するでしょうか。

そこで自分と相手が違いすぎるが故に心が引いてしまうと、相手をそれ以上理解することはまず不可能になるといってもいいでしょう。しかし、グローバルなコミュニケーション力の第一歩は、まさにその違いを理解するというところにあるのです。

日本には和を重んじるという考え方がありますが、それ自体は決して悪いことではなく世界からも称賛される美しい価値観のひとつです。しかし、それは一歩解釈を間違えてしまうと、多様性の理解という面での足かせになってしまいかねません。世界に目を向けてみると、多様な価値観や生き方が溢れかえっています。その中で円滑なコミュニケーションをとっていくには、お互いの違いを受け入れて尊重し合えるという柔軟な考え方がどうしても必要になります。

人間の価値観は大人になってから大きく変化させるということがなかなか難しくなりがちです。しかし、成長過程の途中にいる子ども達には色々なことを吸収する柔軟性があるので、どのような環境下で学ぶかということがその後の価値観の形成に強い影響を及ぼしていきます。中高生のような若い時期から海外での生活を経験していると、自然と多様性を受け入れるだけの価値観が育ちやすくなるので、世界は遠くてわかりにくいものではなくごく身近なものとしてとらえることができるようになるでしょう。

多感な時期だからこそ世界に飛び出してみる価値がある

いつかは海外留学をしてみたいと考えるお子さんはたくさんいますが、それがいつになるかの具体的なプランを立てているというわけでもなく、まだずっと先のことと考えているかもしれません。しかし、留学をしてみたいと思ったその時こそ、様々な経験から大きなメリットを得るチャンスになります。ほんのわずかでもお子さんが海外留学に興味を持ったなら、すぐにそれを行動に移してみることは可能でしょうか。

もしも状況が許すのであれば、まずは短期間の海外留学を経験してみるという方法もあります。短期間の留学で飛躍的に英語の力が伸びるということはありませんが、英語を使うということがどういうことなのかを体感するのには十分な時間です。いざ海外で単身生活を始めれば、生活をするために英語を使わなければなりません。思うように通じなかったり理解できなかったりして悔しい思いをすることももちろんありますが、自分の英語が通じた時の喜びや、全く違う文化の人達を理解できた時の楽しさなどは、日本にいるだけでは絶対に味わえない感覚です。そのような経験をすると、それまで受験や就職に必要なものという存在だった英語が、コミュニケーションの道具としてとても便利なものなのだというある意味当たり前で重要なことに気が付くのです。

貴重な子ども時代はあっという間に過ぎ去り、大人になればなるほどやりたいことにチャレンジできる時間も気力も減ってしまいます。実際、若い頃にもっと色々な経験をしておけば良かったと後悔している大人の方は多いのではないでしょうか。やりたいと思うことを実行に移す時には勇気がいるものですが、その一歩さえ踏み出せればその先の道は一気に開けていきます。「いつかは」と考えて留学を先延ばしにしてしまい、結局はその夢が夢のままで終わってしまうのはとてももったいないことです。子ども達は大人が思っている以上に適応力が高く、環境次第でどんどん成長をしていけるので、やりたい気持と一歩踏み出す勇気があれば大きくジャンプアップしていける可能性がたくさんあります。

かつての留学と言えば欧米がメインだったので、何かと高い費用が障害となってやむなく夢をあきらめるしかなかったという人が多かった時代もありました。しかし、今では欧米以外の国でも安くてハイレベルな教育を受けられる情報やサポートが充実していることもあって、より多くの人々にとって海外が身近なものになりつつあります。

中学生、高校生は多感な時期と言いますが、そんな時期の留学だからこそ感じられる何かが必ずあります。同じように単身留学をして頑張る仲間や現地の人々との交流は、その後の人生を大きく変える貴重な経験になることでしょう。