セミナー情報

これまでのセミナー実績

マレーシア専門留学エージェント荒木隆事務所がこれまでに開催いたしましたセミナーの情報です。

2016年夏休み短期留学プログラム説明会

開催日時/5月月14日・15日 6月月18日・19日 7月4日
荒木隆事務所が企画する、マレーシア主要都市での2016年夏休み短期留学プログラムの説明会を5月〜7月にかけて毎月1回、東京・大阪での説明会を開催しました。将来の本格的なマレーシア親子留学を念頭におかれている参加者様も多く、その最初の入り口としてマレーシアへの短期留学をみなさまご検討されていらっしゃいました。プログラムの説明後に設けた質疑応答では当初の予定時間を大幅に超えるほどみなさまからの積極的なご質問をいただき、非常に盛り上がりのある説明会が行えました。

2016年 春休み マレーシア・ペナン短期留学説明会

2016年3月にマレーシア・ペナンで開催される、小学生留学・中学生留学・高校生留学プログラムの概要説明を中心に、家族4人でマレーシア・ジョホールバルに3年間海外移住をしていた荒木隆事務所代表 荒木隆がリアルなマレーシア留学・移住事情について講演いたしました。

いつかは海外で暮らしたい…海外移住の理想と現実

いつかは、憧れのあの国に海外移住したい。でも、大きな決断だからこそ失敗もしたくない。海外に住むと日本とどう違うのか?いいことばかりなのか?それとも思っても見なかった現実が待っているのか?当然それは、住んでみないと解らないですよね。だからこそ一歩が踏み出せないという方も多いのではないでしょうか!?
そんな皆様のヒントにしていただければと海外移住の理想と現実について講演いたしました。

マレーシアに留学し、賢くシンガポールを活用する!海外移住セミナー

家族移住・親子(母子)留学・ロングステイ先として人気を誇るマレーシアより現地在住で2人の子どもを現地インターナショナルスクールに通わせている荒木隆が現地での評判や最新の生きた情報、急病時のトラブルなど自身の体験を元に講演いたしました。

帰国子女という勝ち方!生涯年収5億円への道

日本企業の平均年収が400万円であるのに対し、外資系企業の平均年収は800万円をこえる企業が少なくありません。生涯年収をみると、日本企業が2億5,000万円(大学卒)に対し外資系企業は5億円以上になります。そして当然のことのように、外資系企業に勤める日本国籍保持者は帰国子女・長期海外留学経験者が大多数を占めるのです。

一方教育費は、日本国内で小学校を公立、中学高校は私立に通わせる場合約860万円(文部科学省調査より)になり、東南アジアなど比較的留学費用の安い国において小学校から高校までの12年間、母子ともに親子留学し現地インターナショナルスクールに通ったとしても、留学費合計は約2,500万円(生活費・学費・諸経費を含む)程度なのです。大学・大学院の学費は含まないとしても、860万円の投資(教育費)に対して生涯年収2億5,000万円、かたや2,500万円(留学費用全般)に対しては5億円以上とその差は歴然です。また不景気による減給やリストラにあった場合でも、日本国内でしか働けない従来の日本人よりも世界中どこでも働くことができる帰国子女のほうが断然有利であることは火を見るよりも明らかでしょう。

誰にでも簡単できる親子留学の方法、帰国子女だからできる超有名大学や医学部への入り方、今注目の国際バカロレア、海外で居住するために必要なお金とノウハウなどについて講演いたしました。

留学サポート手数料無料化
留学・移住 無料個別相談会 東京&大阪会場 予約受付中

人気記事

Facebook