ガーデン・インターナショナルスクール

Garden International schoolについて

マレーシア留学

基本情報

学校名

Garden International School Kuala Lumpur Campus

キャンパスと周辺地域

ロケーションエリアはマレーシアのクアラルンプールで、2か所のキャンパスを所有します。

保育園と幼稚園のキャンパス
1 Jalan 41/70A, Desa Sri Hartamas, 50480, Kuala Lumpur.

小学校と中学校と高校のキャンパス
16 Jalan Kiara 3, Mont’ Kiara, 50480, Kuala Lumpur.

マレーシアのインターナショナルスクールでもキャンパスが2か所ある学校は珍しく、課外授業も多いと定評がある学校です。通学制で学生寮はありませんが、スクールバスがあるので通学しやすいです。学校にはカフェテリアがあるのでランチはこちらを利用できます。

また、キャンパスはクアラルンプールでも高級住宅街に位置しているため、各国の駐在員の子供さんが多く入学する学校になっています。マレーシアの日本大使館からは自動車で30分の距離にあり、周辺に住む駐在員の子供さんが通学するのに便利な立地です。モントキアラから1kmの距離にあり、駐在員の家族がショッピング利用する機会が多い巨大ショッピングモールのワンモントキアラからの立地も抜群です。日本の食材が購入でき、日本食レストランも多く出店しているので食生活で不便さは感じません。

留学生の比率

ガーデン・インターナショナルスクールは、1951年に設立された共学の通学制の私立学校です。AIMS、EARCOS、FOBISSEA、ISAKL、TEGなどの国際的な教育機関に加盟している学校です。インターナショナルスクールが多いマレーシアでも、最大級のキャンパスを有する学校です。世界60ヶ国からの留学生が入学をして、全校生徒数は2,100人です。マレーシアのインターナショナルスクールでもこれだけの生徒が入学している学校は珍しく、2か所のキャンパスで留学生を受け入れています。

生徒の比率は、40%がマレーシア人で、60%は海外からの留学生になります。日本からの留学生は平均4%程度で89人ほどが通常在籍しているので、これも他のインターナショナルスクールに比べて多いです。ただし、マンモス校なので日本人が89人といっても、日本人とばかり交流している訳ではありません。むしろ世界60ヶ国の生徒と交流する機会が多いでしょう。

学校の特徴

ガーデン・インターナショナルスクールの特徴は、1クラス当たりの人数と、教師のフォローが他のインターナショナルスクールに比べて徹底していることにあります。1クラス20人未満で構成され、2,100人の生徒に対して254名の教師がいますので、1クラスに教師が2名、1教師につき8から10人ほどを担当することになります。これはかなりの少人数制の学校で、生徒の学力に合わせて教師がつきっきりでフォローするのと同様の学習スタイルです。

マレーシア留学

入学可能時期は、8月と1月と4月で、3セメスター制を導入しています。3セメスターで学期ごとに入学できるのはガーデン・インターナショナルスクール クアラルンプールキャンパスの特徴です。

上記の通り3セメスター制で入学ができてキャンパスも2か所あるので人気があり入学待機者も多いです。入学難易度が低めなので、入学希望者が殺到しています。学校側は3セメスターと教師のフォローで人気に応えています。また、入学定員オーバーになると入学希望者はウェイティング制度によりウェイティングリストに登録されて、入学待ち状態として扱われます。

この学校の人気の秘密は、医療センターが設置されていることにもあります。看護師が常駐する学校は貴重で、持病や障碍児の対応もできます。軽度のLD児童の対応ができることが障碍児受け入れの特徴です。障碍児に対応するため学習補助スタッフが常駐しています。さらに、学校内のケガや留学生活に慣れずに病気になっても、看護師が常に健康に配慮をしてくれます。また、学校の医療センターでは継続治療もできるので、海外留学で子供さんの健康面を心配する親御さんからは評判が高く、特に人気があるので入学待機者も多いのです。

各学年の学費と経費について

ガーデン・インターナショナルスクールの対象学年は、ビザ申請が可能な3歳からです。3歳からNurseryと呼ばれる保育園に通います。

学年 申込金 登録料 学期ごとの
授業料
学期ごとの
技術料
Nursery 約39,000 約30,000 約408,000 約7,500
Reception 約460,200
Years 1, 2 約60,000 約629,400 約12,000
Years 3, 4 約699,990
Years 5, 6 約732,000
Years 7, 8 約804,900 約13,500
Year 9 約843,600
Years 10,11 約862,800
Years 12, 13 約875,400

上記以外に1学期分の授業料に相当する額の保証金が必要となります。

入学条件

ガーデン・インターナショナルスクールには入学条件があり、保護者に対して就労ビザかロングステイのMM2Hビザの提示を求めています。駐在員の子供さんか、親御さんがロングステイをしていないと入学待機児童にはなれないので注意してください。MM2Hビザを取得すると10年間はマレーシアに滞在することが認められます。MM2Hビザの取得には、50歳未満の保護者に対しては15,000,000円の資産証明と月額350,000円の収入証明の提示が必要です。この数字から、かなり高額所得者の保護者でないとMM2Hビザ申請ができません。しかし、この財産と収入を維持している保護者ならば、むしろ同レベルの家庭の子弟同士の交流を得られるため、入学を希望して人気になるのです。

学習カリキュラムはイギリス式でIGCSEとA‐Levelに対応

ガーデン・インターナショナルスクールの学習カリキュラムは、イギリス式のブリティッシュカリキュラムです。生徒の創造性を高めるためにイギリス人教師を中心とした授業が行われています。教師の国際比率は82%で、残りはマレーシア人教師になります。学校では世界各国からの留学生に対して、それぞれの国の文化を尊重するために、各国のイベントを年度スケジュールに組み込み学校で開催しています。第二、第三外国語には、スペイン語やフランス語、北京語も選択できます。また、英語と同様にマレー語にも力を入れています。
マレーシア留学
学習カリキュラムは小学校ではイングランドとウェールズの国立カリキュラムのNational Curriculum of England and Wales.の課程を修了します。また、11歳から14歳の中学校と高校では英国の国際カリキュラムのBritish International Curriculumの課程を修了です。これらの学習の課程が修了してからIGCSE学習になります。IGCSEは14歳から16歳の時期に行います。学習の年齢に幅があるのは英語のレベルがIGCSE受験レベルに到達してからになるからです。IGCSEの合格をすると、大学入学レベル認証のA‐Levelのテストを実施します。A‐Levelのテストの学習は、16歳~18歳のYear12からYear13で行います。

ESLクラスはありませんが、同様のEALクラスとして小学校と中学校で実施しています。また、入学や編入学のチェックもEALを担当する教師がひとりずつ面接をしています。面接の目的は入学希望生徒の言語能力チェックです。