ELCインターナショナルスクール

安心して学べる熱意ある学校運営

マレーシア留学
イギリスの国立学校のカリキュラムを手本とした授業を組み、学校への入学試験・審査も厳密に行います。また、入学後のルールについても明示した、規律正しい学校です。どちらのキャンパスも、マレーシアの有名大学がキャンパスを設置するレベルの学術都市に設けられています。また、学校が運営するウェブサイトでは、日々の課外活動など様子が写真とともに紹介されるなど、学校側が熱意をもって学校運営していることがよくわかります。イギリスの義務教育終了資格試験であるIGCSE試験への受験結果も、ウェブサイトで公開されています。(http://elcecho.com/igcse_performance.html 日本語訳無し、英語のみ)

マレーシア留学

入学する生徒は選ばれ、入学後も生徒の成績と授業態度・生活態度を重視し、場合によっては退学もやむを得ないと明言しています。通学バス内での態度や、制服着用の風紀などもルールを定めています。これだけの厳格な様子を見せていますが、授業や課外活動を行う生徒や教師たちの様子は、笑顔にあふれていてとても楽しそうです。子供たちを安心して通わせることのできるインターナショナルスクールです。

学校名

elc international school

住所

スンガイ・ブローキャンパスとサイバージャヤキャンパスの、2か所のキャンパスを所有する。
スンガイブローキャンパスは、
Jalan Sierramas Barat,Sierramas,Sungai Buloh,47000 Selangor,Malaysia

サイバージャヤキャンパスは、
Lingkaren Cyber Point Barat,Cyberjaya,63000 Selangor,Malaysia

ロケーション(エリア)

スンガイ・ブローキャンパスは、マレーシアの首都であるクアラルンプールから電車で20分程度の地域であるスンガイ・ブローという都市に位置しています。スンガイ・ブロー駅はマレー鉄道ウエスト・コースト線の駅であるほかに、KTMインターシティ、KTMコミューターの電車が停車するなど、中規模の駅であることがわかります。地図上で見ると、キャンパスは駅からほど近い位置に位置していることがわかります。しかし駅から直通という立地ではありません。

駅周辺に大きな道路が走っており、キャンパスはスンガイ・ブロー駅から車で4分の場所に位置しています。スンガイ・ブロー駅周辺から車で30分の圏内には、マレーシアで最も古い歴史を持つ国立の理工学系の大学であるマレーシア工科大学のキャンパスや、ゴルフコース、そして国立のスンガイ・ブロー病院などがあります。クアラルンプールからも近く、日本人が住みやすいエリアとも言われています。

サイバージャヤキャンパスは、サイバージャヤというクアラルンプールの郊外都市に位置しています。サイバージャヤは、マレーシア政府がマルチメディア・スーパーコリドーという総合開発地域の一つに指定した、外資系の企業にも人気が高い新興都市です。ではキャンパスへのアクセスはというと、クアラルンプール駅から電車に乗り、途中でバスに乗り換え、サイバージャヤのバスターミナルから15分程度歩いた場所にキャンパスを構えており、時間では1時間半程度かかります。

東京駅から1時間半電車に乗る場合、三浦海岸に到着できます。また、距離では約50キロ程度なので、東京駅から成田空港までいかない程度の距離感です。都市としても鉄道の整備が進んでおらず、残念ながら交通の便は良くないと言えます。
しかしいずれのキャンパスも通学バスを用意していますので安心してください。

入学前に

授業以外のELSクラスやカリキュラムは設けられいません。入学時の試験と面接でも厳密に生徒を選別すると明言しています。英語で授業についていくことができ、コミュニケーションが取れることを前提に学校の門は開かれており、カリキュラムが作られています。またマレーシアで働く駐在員家族、マレーシア在住のマレーシア人の入学を求めており、特殊な状況下の場合は学校への問い合わせを行いましょう。

公式ホームページを読んでも、入学時の試験や面接はきちんと行っており、学校方針やルールを貫着続けながら運営されていることがよくわかります。すなわち、入学後も安心して子供を任せられる学校であると言えます。

入学可能時期

入学は毎年9月中と指定されていますが、異なる時期を希望する場合も問い合わせは受け付けてくれます。ただし生徒の定員数も定められているため、まずは空きがあるかの確認を要します。また、入学には筆記試験、過去の学校での評価と面接が必須です。

学習カリキュラム

学年 科目
プライマリーグレード
対象:4歳から11歳
英語・数学・科学・地理・歴史・IT技術・美術とデザイン・中国語・フランス語・マレー語・体育
セカンダリーグレード
対象:12歳から16歳
英語・フランス語・マレー語・中国語・数学1・数学2・生物学・化学・物理学・美術とデザイン・音楽・体育・情報通信技術・ビジネス研究・会計・地理・歴史・英文学

そのほか全生徒が授業以外の課外活動への参加も義務付けられており、例としてはテコンドーや演劇とダンス、オーケストラやブラスバンド活動、国際ロータリークラブへの参加などがあります。

人数について

クラスの人数は19名程度、全校生徒の上限は650名と定められています。

学校のルールについて

生徒へは、行動や服装などのルールである風紀を遵守すること、制服や授業に必要な教科書や機器の準備などを義務付けています。そのほか、マレーシアの法律を守ることを明言しており、飲酒や喫煙のほか、薬物やマフィア行為等の一切を禁じています。

2つのキャンパスそれぞれの施設について

スンガイ・ブローキャンパスには運動場・スイミングプールと年少の子供たちの遊び場用のプール、バスケットボールコート・バレーボールコート・バドミントンコート・IT関連授業用の施設、美術系授業用の施設、音楽施設、図書館、多目的ホール、視聴覚室があります。

サイバージャヤキャンパスには、運動場・スイミングプールと年少の子供たちの遊び場用のプール、バスケットボールコート・IT関連授業用の施設・科学関連授業用の施設、美術系授業用の施設、音楽施設、図書館、多目的ホールがあります。どちらのキャンパスも施設は清掃され整備されており、キャンパス周辺には木々が立ち並んび美しい外観を保っています。

マレーシア留学

費用について

・入学金は1人当たり約20万円です。
・入学登録金は1人当たり約2万5千円です。
・4歳から11歳対象のプライマリーグレードは、最初の4年間は初級プライマリーグレードとされます。小学校のイメージで考えてください。

1年目から順に約10万円、約10万4千円、約12万円、約14万円の学期毎の授業料です。
1年間に3学期づつあるため、年間授業料は1年目から順に約30万円、約32万円、約36万円、約42万円です。

・8歳から11歳の4年間は上級プライマリーグレードとされます。小学校高学年と中学校低学年のイメージで考えてください。

1年目から順に、約15万4千円、約17万円、約19万円、約20万4千円の学期毎の授業料です。年間授業料は1年目から順に約47万円、約51万円、約57万円、約62万円です。

・12歳から16歳対象はセカンダリーグレードとされます。中学校のイメージで考えてください。

1年目から順に約24万円、約25万円、約29万円、約31万円、約33万円の学期毎の授業料です。年間授業料は1年目から順に約72万円、約75万円、約93万円、約100万円です。

留学・移住無料個別相談会

マレーシア留学説明会

マレーシア短期留学

クレジットカード決済開始

人気記事

Facebook