マレーシアの語学学校 MY TESOL

本格的な英語を身につけられる語学学校

マレーシア語学留学
マイ・テソル(MY TESOL)は、マレーシアのペナン島にあるカナダ人夫婦が経営するアットホームな語学学校。TESOL(Teaching English as a Second Language)資格の取得を目指すプログラムなど、英語教授法を修得できる学校として有名ですが、一般的な英語を学習できる語学留学のコースも充実しています。グループレッスンやプライベートレッスンなど、1日からの受講も可能なフレキシブルな運営。講師は英語を母国語とするネイティブスピーカー。マレーシアに滞在しながら良質な教育プログラムによって本格的な語学留学ができます。

マレーシア語学留学

世界遺産の島で楽しく英語を学ぶ

ペナン島は、マレー半島の北西部、マラッカ海峡に面する周囲60kmの小さな島。「東洋の真珠(The Pearl of The Orient)」と呼ばれ、マレーシアでは屈指の観光地です。かつてはイギリスの植民地で、貿易港として栄えた歴史があり、当時の建造物が数多く残っている街並みが世界遺産に登録されています。マレー半島とは長さ13.5kmのペナンブリッジで結ばれていますので、クアラルンプールからバスや電車でもアクセスできます。ペナン島では、マリンスポーツやリゾート滞在を兼ねて留学する人が多く、ゆったりと時が流れる世界遺産の島に滞在して、アットホームな雰囲気の中で楽しく英語を学ぶことができます。

国際色豊かな街で快適な語学留学生活

マイ・テソルの所在地は、ペナン島の中心街、ジョージタウンのタンジュントコン。島の住民は華僑が多く、街並みは中国文化の影響を強く受けていますが、マレー系やインド系のほかに、ロングステイの欧米人やアジア人も数多く暮らしていますので、とても国際色豊かな街です。ペナンの人びとは、マレー語はもちろん英語や中国語など、複数の言語を話す人が多く、街を歩いているだけで異国情緒に触れることができます。学校は、バス通りに近く、通学にも便利。周辺には、ショッピングセンターやレストランが軒を連ね、買い物や食事をするのにも利便性が高く、快適な語学留学生活を送ることができます。

アットホームな環境での語学留学

講師はカナダやアメリカ、オーストラリア、イギリスなど英語を母国語とするネイティブ。全員TESOLの資格保持者で、フレンドリーでとても親切との評判。

マレーシア語学留学

学生数は全体で約300人。一般英語の受講者は現地に派遣された駐在員の家族や留学生などが多く、留学生の主な出身国は、日本・中国・韓国・タイ・中南米など。
受講の対象年齢は19歳以上。入学の受付は随時で、最短の受講期間は1週間からとなります。グループクラスの集中プログラムは、毎週月曜から木曜の4日間の午前中に実施。初級から上級までの4つのレベルにクラスが分けられます。

時 間 内 容
9:00~10:30 グループレッスン
10:30~11:00 コーヒーブレイク(英語でフリートーク)
11:00~12:30 グループレッスン

1クラスの平均が9人。最大でも12人の少人数クラス。マレーシア国内でもこれほどの少人数で授業が実施されているのは珍しいです。午後は主にプライベートクラスのマンツーマンレッスンが実施されます。気分転換に、近くのビーチでレッスンを行ったり、学生間の交流を深めるためにバルコニーでバーベキューをする企画もあります。

日本と比べて安い学費

月曜から木曜の4日間すべてに出席するのであれば、集中プログラムを選択すると、受講料が割安になります。そうでない場合は、フレックスプログラムを選択して、受講する1日分の受講料を日単位で支払うことができます。どちらも同じクラスで授業が行われます。

グループクラス・集中プログラムの受講料

4週:RM1,450(約36,250円)(無休)
8週:RM2,550(約63,750円)(中1週休み)
12週:RM3,550(約88,750円)(中3週休み)

グループクラス・フレックスプログラムの受講料

1日:RM90~105(約2,250~2,625円)

プライベートクラス(マンツーマンレッスン)の受講料

90分:RM150~220(約3,750~5,500円)
(日本円は、RM 1=25円で換算)

多様な滞在施設

マイ・テソルでは、学生寮の設備はありませんが、滞在期間に応じて多様な滞在施設を紹介しています。短期の場合は、ホテルまたはサービス・アパートメントに宿泊するのが良いでしょう。ホテルの宿泊費は、朝食付きで1泊RM100(約2,500円)より。サービス・アパートメントは、家具や家電を完備したアパートで掃除やリネン交換などのサービス付き。宿泊費はホテルよりも安く、1泊RM80(約2,000円)より。

中期の場合は、ホームステイがお勧め。英語を話す家庭に滞在して日常生活でも英語を学ぶことができます。4週間の費用はRM2,500〜4,000(約62,500〜100,000円)。朝夕の食事付き。

長期の場合は、コンドミニアムのルームシェアがリーズナブルです。2〜4LDK(80〜100m2)のコンドミニアムを2〜4人でシェアします。食事は自炊です。

3ヵ月を超える場合はビザが必要

留学期間が3ヵ月以内であれば、ビザの申請は不要。パスポートと往復航空券で留学が可能です。3ヵ月を超える留学の場合、18〜35歳であれば、マレーシア大使館で「シングルエントリービザ(Single Entry Visa)」を取得した上で、マレーシア入国後に正式な留学ビザを取得する必要があります。以前はマレーシア入国後に留学ビザを取得することができましたが、2014年1月より日本出国前のビザ申請が義務付けられています。