注目の記事 PICK UP!

海外で働ける資格「TESOL」

TESOL認定資格取得留学

海外で学んで、海外で働ける資格「TESOL」

TESOLとは、Teaching English to Speakers of Other Languagesの略で、英語が母国語ではない人々向けの英語教授法に関する資格のことをいいます。要するに英語を教えるための資格のひとつです。広い意味では非ネイティブ向けの英語教授法に関する学問分野だったり、英語教育の学会名称だったりしますが、概ね英語を教えるための資格という意味で使われます。TESOLは世界中さまざまな認定機関に学習コースが用意されており、広く認知されています。そのため、世界中で英語を教えるのに有効な国際資格のひとつと言えます。

TESOLの資格にはdoctor、master、diploma、certificateなどがあり、基本的には非ネイティブに対して「言語学的な知見や、コミュニケーション論・英語を学ぶ上でのポイント・どう英語力を評価するか・どのような教材を用いるべきか」などを学びます。

TESOL資格のある講師とは

TESOLは世界中さまざまな認定機関に学習コースが用意されており、広く認知されています。そのため世界中で英語を教えるのに有効な国際資格のひとつと言えます。英会話スクールによっては講師の募集要項にTESOLなど英語教授法の資格保有を条件にしているところもありますので、講師は英語指導スキルが一定水準に達していることの証明としてTESOLを取得することもあります。

従来の語学留学との違い

今までの語学留学は高額な留学費用が必要であるにもかかわらず、その習得度や結果を明確に示すことが困難でした。もちろんTOEICなどの英語検定試験を受け、自分の英語力を測ることは可能ですが、その能力をすぐに職業や収入に結びつけることはできず、就職活動時や大学入学時などの参考資料程度にしかなりませんでした。しかし海外で通用する英語講師資格TESOLを取得すれば、その資格を持って海外で英語講師になることが可能で、従来の英語能力習得の語学留学とは違い、海外生活の即戦力になる語学留学が可能です。また英語能力と英語講師資格を同時に取得すれば、海外で仕事をする際に必要な労働ビザの取得にも有利に働き、海外就職や海外生活を望む人たちにとっては、まさに一石二鳥となるわけです。

語学留学にはマレーシアが有利

現代においては、英語を共通語とするあらゆる国において英語語学留学が可能です。その中において欧米各国に比べて東南アジア、特にマレーシア留学は安価な留学費用であることが特徴とされます。

もちろんTESOL資格は欧米においても取得可能ですが、マレーシアには安価な留学費用だけではない、とても有利な点があります。それは英語講師資格TESOLの意味に答えがあります。「英語が母国語ではない人々向けの英語教授法」「非ネイティヴに対して英語を教える」ための資格ですから、対象となる生徒たちは英語を母国語とする欧米各国の人たちではなく、むしろそれ以外の国々・人種の人たちなのであり、これは多民族・多文化国家であるマレーシアと条件が酷似していますね。マレーシアで英語講師資格TESOL取得を目指して勉強しながら、言語だけでなく将来講師になった時を見据えて多文化・多民族の人たちの中で国際的なコミニュケーション能力を学ぶ。これは欧米各国では習得できない、マレーシア語学留学だからこそできる最大の利点ですね。

関連記事

  1. マレーシア冬休み短期留学

    マレーシア・ペナン冬休み短期留学プログラム

  2. 留学説明会

    マレーシア留学説明会(大阪)

  3. 【レポート】Prince of Wales Island International School …

  4. マレーシアの大学院留学

    マレーシアの大学院留学をおすすめする6つのポイント

  5. マレーシア短期留学

    【マレーシア留学3】ダイバーシティを体感する短期マレーシア留学

  6. 留学説明会

    マレーシア留学説明会(大阪)

  7. マレーシア留学

    インターナショナルスクール開校情報

  8. マレーシア留学フェア

    【レポート】ありがとうございました!マレーシア留学フェア2017