注目の記事 PICK UP!

30代からの語学留学に関して

既成概念をブチ破れ!

日本に長年、定住していれば日常にマンネリを感じ目に見えないプレッシャーを感じてしまいます。《30歳までに結婚をしなければならない》、《子供は何人必要だ》、《年収は〇〇は最低条件》etc…。ひと昔前に比べると、日本社会にも多様性が生まれ少しは国民全体の考えが柔軟になったようにも感じます。しかしながら、私自身、海外に少しばかり定住経験があり、現在でも海外と関わる仕事をさせていただいてる中で感じるのは、全く持って日本社会は既成概念を壊しておりません。《多様性》とは、本当に素晴らしい言葉だと思います。ただ、多様性、多様性を提唱している段階で本当に多様な社会といえるでしょうか?

でも、誰かが変えなければ何も変わらない

誰かが、社会を変えなければ今後、何も変わらないのは事実です。そのためには、笑われても貶されてもまず、行動あるのみです。全てを放棄して海外に出ることは、とても勇気のあることです。語学留学といえども、やはり、それなりの費用がかかるのは事実です。費用対効果は本当にあるのか?疑問の念ばかりが出てきます。留学後の自分はどうなっているのだろうか….。無論、生きていくためには計画性は必要になってきます。ただ、人生なんてどうなるか本当に分かりません。5年後、10年後のリスクヘッジのために〇〇を計画性にしていく!とても良いことです。でも、自分に素直に自分らしく生きてみてはどうでしょうか?もしかしたら、この概念が一番、「日本人」と「外国人」の考えの違いなのかもしれません。私自身も永遠のテーマではあるのですが、「自分に優しく、自分を大切にする」これがとても難しいですが、本当に大切です。

あなたは今、独身ですか?守るのものはありますか?

文頭の見出しと少し逆の意味になってしまいますが、結婚をしパートナーやお子様がいらっしゃる中でご自身のみで留学に行くということは一般的ではないかもしれません。そのような方々には、整合性に欠ける記事でなりますので、ご了承下さい。しかし、今、記事を見ていただいる方がシングルなのであれば是非とも、ご覧いただければ幸いです。私自身もシングルで特にこれからも決めておりません。自由気ままに流れに添い生きていこうと思っております。羨ましいなぁと思う方もいらっしゃる方もいるとは思いますが、自分一人だけだとなんとかなります。本当に自分のしたいことをやりましょう!大切なことは《お金》ではなく、《行動》と《アイデア》です。イノベーションを起こすためには、やはり、日本の文化や思想、慣習だけでは不可能です。

語学留学によって得られるものとは

20歳後半-30歳以降から言語学習をしたところで、絶対にネイティブのようにはなりません!この発想は捨てて下さい。しかしながら、マレーシアなどの非英語圏を見てみると一定の発音は統一されておりますが、日本人のように細部まで拘っておりません。通じればよいのです。本当にツールとして使用をしており、言語に慣れてきて初めて細部を構築していくべきです。ツールとして使用するには、《3ヶ月》は必要です。無論、この期間のみで英語話者ではありませんが、英語のルールはある程度、理解できるのではないかと考えます。

語学習得によって世界が広がる

現在、日本の総人口は1億2000万人ほどと言われております。日本語話者ですと、ビジネスにおいてもプライベートにおいてもこの程度のマーケットで様々なチャンスを見つけなければなりません。しかも、現代の少子高齢化社会において、本当にあなたと親和性のある人間となるとよりチャンスは減少いたします。これが、英語話者になると格段にマーケットは拡大いたします。世界の現在の総人口が約73億人になりますので、なんと70倍以上になります。これを機に、視野を少し広げて見ませんか?

世界で輝く日本人

各語学学校には、マーケティング担当の方々が存在しております。我々、留学エージェントはこちらの方々と日々、連絡を取り合い信頼関係を築いていきます。全世界にある語学学校を見渡すと殆どの語学学校には日本人のマーケティングの方が常駐しております。弊社はメールだけでなく、動画取材も兼ねて現地に行き様々なお話をさせていただきました。そんな中、異国の地で戦う同国者は皆んな生き生きしており、とても逞しいものです。海外生活が長い方もいらっしゃれば、一念発起で今の生活がある方もおり、様々です。そんな皆さまが、口を揃えて言うことは《何事も行動あるのみ》

*下記の動画の左に位置するサングラス着用した女性は長年に渡り、ヨーロッパを主戦場とし生き抜いている方です。1:42からご拝聴ください。《留学》の本質をついているコメントをいただいております。

皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

kuroda

kuroda

株式会社荒木隆事務所 東京事務所スタッフ
留学探検隊の隊員としてマレーシアを始め世界各地の留学をレポート。

関連記事

  1. 珊瑚礁に囲まれた島「サピ島」に行ってきました

  2. コタキナバル郊外にあるKlias River Safari(キリアス リバー サファリ)に行ってきま…

  3. 20代中盤からの語学留学に関して

  4. ボルネオ島の語学留学 Global English Centre

  5. ペナン黒田のバンコク語学学校視察!

  6. マレーシア政府公認の Homestay機関 KOPOSIZON(コポジゾン) Homestayに行っ…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。