注目の記事 PICK UP!

中学生のマレーシア留学

中学生・高校生のビザ

近年、中学生・高校生の留学者数が増えているのをご存知でしょうか。マレーシア留学の中でも、この世代の留学は単身の早期留学として注目されています。日進月歩で目まぐるしく進化するグローバル社会に高度に適応したい、日本で築いた母語の言語力・学力をベースに海外でさらに磨きをかけたいと願う、これからのキャリアに挑戦する多くの中学・高校生が日本を飛び立っています。また、不登校やひきこもりなど日本の学校・社会に馴染めなかった若者たちも、新たな活躍の場を求めて海外留学を選択しています。

そんな中で、マレーシア留学は、距離が近い・費用が安い・治安がいいなど、海外留学に際して不安になるポイントをすべてクリアしていることから、多くの保護者・若者たちから支持されています。すぐそばにある英語社会を体験できる、マレーシア留学は、誰にでも等しく門戸が開かれた大きなチャンスです。

今、海外、特にマレーシアで頑張る多くの若者たちの仲間入りをしませんか。

英語も学問も自らの意思で習得できる時期

一般に中学生・高校生になると、親や共同体からの自立心が芽生えます。この時期になるとほとんどの若者は、自分のことを自分でできるようになります。この年齢が海外留学・マレーシア留学を考える人たちにとっては大きなポイントになります。単身留学が可能なこと、第二言語としての英語の自らの意思による能動的な習得が可能なこと、心身ともに一人前になりはじめるものの、まだ子ども特有の柔軟性を持ち合わせていることなどが強みになるのです。

日本語をベースに第二言語として高度な英語を習得するチャンス

単身でのマレーシア留学が可能な理由は先述の通りですが、第二言語としての英語の習得については、ネイティブでないことにがっかりする方もいらっしゃるかもしれません。これは言語習得において、柔軟な時期(小学生まで)を過ぎているため、ネイティブとしての適応が物理的に難しくなる時期にさしかかるためです。

しかし、この時期には別のメリットがあります。それは日本語を母語として確実に習得していることにより、言語の概念が完成していることにあります。言葉の意味を深く理解していることにより、難解な言葉までも英語で理解するベースができているからです。その場合、英語の習得方法は早期教育のネイティブとは異なります。例えば日本語の単語を英語の単語に置き換える、いわゆるラベルの張替えをするような感覚で、確実に難解な言語理解が期待できるのです。

また、中学・高校生は判断力や生活力などは確立しつつあるものの、子供特有の柔軟性を残している時期でもあります。グローバル・コミュニケーションをフラットな感覚で自然に体得することを期待できる大変貴重な時期、そして人生のラストチャンスでもあるのです。保守的な姿勢よりも、好奇心や冒険心などを残す今こそが、まさに海外留学・マレーシア留学に最も適しているといえるのではないでしょうか。

ロー・コストでハイ・クオリティのグローバル教育

マレーシア留学は、物価が日本の3分の1程度と安価なこと、治安の良さがアジアでもトップ・クラスといわれるほどであること、そして同じアジアで英語を準公用語として使用する国であることなどから、多くの若者たちに選ばれています。

日本の学校の「外」にも子供たちの生きる場所が必ずある

海外留学・マレーシア留学を目指す中学・高校生は上記のように、キャリアに挑戦するケースだけではありません。日本の学校に馴染めなかったり、不登校になったりした子供たちの多くが、日本を飛び出して海外に旅立っているのです。失いかけた自信や、傷ついた心をマレーシアの温暖な気候、豊かな自然、そして穏やかな人々などが優しく受け入れてくれます。生きよう、前に進もう、そんな気持ちを少しでも持っていれば、必ずマレーシア留学は成果をだすことができるのです。

マレーシア留学がそんな子供達に選ばれる理由は、日本とは異なる多様で自由な社会であるためです。日本は単一民族、単一宗教と形容されることが象徴するように、とても画一的で排他的な負の側面のある社会でもあります。個性、才能、能力(高低どちらも)など、本来ならそれらの個体差は、個々人の唯一無二、固有性を表す尊い差異のはずです。しかし、高度に画一化が進んでいる日本社会では、それが少しでも目立つと和を乱すものとして、排除されてしまうことが社会問題となっているのも事実です。最近では悲劇が起きる前に立ち止まることを勧める革新的な風潮も見られますが、それでも排除された事実、不登校の経験などは本人にとっては消すことのできない心の傷、挫折の経験として残ります。

マレーシア留学は、そんな傷ついた子供たちにも開かれた社会としても注目されています。彼らに伝えられることがあるとしたら、「今、目の前にある社会だけが、生きる場所ではない」ということです。日本は世界の中のたった一つの国に過ぎません。そして、子供が暮らす社会はさらにそのごく一地域でしかないのです。そして、マレーシア留学で出会うグローバル社会は、日本の学校で排除されてしまうような、個々人の差異をもポジティブに受け入れる、フラットで革新的な社会でもあるのです。

日本にはない教育「自己表現」が未来を変える

マレーシア留学の支持されるポイントはロー・コストでハイ・クラス、ハイ・クオリティの教育が受けられることにもありますが、その内容の評価には国際的に見ても定評があります。マレーシア留学でお勧めする様々なインターナショナル・スクールは、グローバル人材の育成が主眼となっているからです。

しかし、このグローバル人材というのは、いわゆる単なるエリートではないということに特に注目していただきたいのです。グローバル人材は英語を習得していること、高度な教育を受けてきたことなどのポイントは、エリートのそれと同じです。しかし、グローバル教育が目指す真のグローバル・マインドの中枢に位置するのは、「異なるもの」への理解・寛容・共生する感覚を育てることにあります。これが日本社会・教育の中で養うことが難しい最大の弱点であり、マレーシア留学の強みなのです。

自国のみでしか通用しない単なるエリートでなく、グローバル社会に欠かせない広い視野を育むために不可欠な、多様な経験をマレーシア留学は叶えてくれます。ダイバーシティと称される多様性の国マレーシアは、多民族・多言語・多宗教からなる、小さなグローバル社会のモデル・ケースでもあるのです。

そして、忘れてはならないのはグローバル社会では自己表現力が問われることです。個々人の差異をポジティブに受け止める社会では、積極的な自己表現が評価の対象になります。日本の主な授業スタイルであるレクチャー・スタイルではなく、マレーシア留学はインターナショナル・スクールのディスカッション・スタイルで授業を受ける経験ができる数少ない機会でもあります。そして、それだけでなく、日本の中学・高校で今、軽視されがちな芸術・運動も、心身の健全な成長を促すこと、そして自己表現力を育むことからも重要な教育として認識されています。マレーシア留学は、単なるエリートではなく、全人教育を目指す姿勢からも高く評価されています。

グローバル教育の目指すものは共生・平和

これまで紹介してきたマレーシア留学が叶えるグローバル教育は、混迷する世界を平和に導く教育であることも忘れてはならないポイントです。マレーシア留学を決める子供の中に、不登校、ひきこもりなどの問題を抱えているケースを紹介しましたが、それらが示しているものも排他的な日本社会への警告でもあるのです。そしてそんな日本社会には、現在の全就業人口に対してグローバル人材と認められる人はわずか1%しかしません。そもそも日本にはグローバルな視点を育む土壌がないことをこれらの問題が示しているのです。これからの社会で一国に囚われることなく活躍するための確かな経験を、マレーシア留学はお約束します。

関連ページ


関連記事

  1. マレーシア留学

    マレーシア留学説明会(福岡)

  2. マレーシア社会人留学

    【マレーシア留学7】社会人のマレーシア留学

  3. マレーシア親子留学

    【速報】プリンスオブウェールズ(プライマリー)オフィシャルエージェント契約に合意

  4. 海外留学前に準備するTOEFLスコアの重要性について

  5. 就職 海外

    就職のできるマレーシア語学留学

  6. TOEFL 日本人講師

    英語学習初期段階の日本人講師サポート

  7. 夏休み短期留学説明会

    最後のチャンス!夏休み短期留学説明会

  8. TESOL認定資格取得留学

    海外で働ける資格「TESOL」