注目の記事 PICK UP!

シンガポールでのワーキングホリデー

シンガポール留学

英語環境が整ったシンガポール

語学留学の実践的な選択肢の1つに、ワーキングホリデーがあげられます。ワーキングホリデーとは、若年層に対して発行される特別なビザです。語学学校、大学などへの通学だけでなく、一定の条件下で現地での就労が認められた自由なビザです。英語環境の整ったシンガポールでのワーキングホリデーが、近年大変注目されています。

自由度の高いワーキングホリデー

ワーキングホリデーは学生ビザより自由度が高く、大変利用しやすいことで知られています。学生ビザとの違いは、現地での就労が認められていることです。語学学校へ通ったり、習い事をしたりしながら、実際の社会で働いて生活費を得ることができるのです。就労を通して他では経験できない活きた英語を学べることで大変人気があります。

またホリデービザなので、学校へ通うか否かについての規定はありません。ボランティアをしたり、観光したりしながら短期間で国内を移動しながら過ごすことも可能です。限られた国でしか発行されない若年層にだけ開かれたワーキングホリデーを利用することで、より充実した海外留学をしたいという人におすすめのビザです。

6ヶ月間のホリデービザ

シンガポールへのワーキングホリデーは、期間が6ヶ月となっています。延長することはできません。2国間の協定により開かれる一般のワーキングホリデーとは少し違い、シンガポールの場合は政府が認定した国に対して開かれているものです。対象者は18~25歳の日本、オーストラリア、フランス、ドイツ、香港、ニュージーランド、イギリス、アメリカなどの若者です。申請から許可が降りるまで3~4週間程度の時間を要するので、余裕を持った早めの申請をおすすめします。過去にワーキングホリデーを利用した場合は、12ヶ月の期間を開けることで、再度申請ができます。

自分にあったスタイルで利用する

ワーキングホリデーはある程度のルールをクリアすれば、個々人によって様々なスタイルで利用することができます。語学学校へ通う、大学への短期留学、資格取得のための大学院カリキュラムの履修、その他、日本人を対象にした求人の多いシンガポールでは、ワーキングホリデーを利用して就職活動をすることもできます。また通学するか否かにおいてもルールはないので、働かないことも可能です。シンガポールで観光を楽しむために利用することもできます。就労におけるルールは、企業で働くことが条件となっています。フリーランスは認められていないので、注意が必要です。

ワーキングホリデーの対象者

シンガポールへのワーキングホリデーはとても厳密に対象者が決められていましたが、近年緩和傾向が見られます。以前は、対象の大学と在学期間などが指定されていました。世界大学ランキングで200位以内に入っていること、指定大学に全日制学生で3ヶ月以上在籍、もしくは、全日制学生で卒業していることなどが必須条件で、東京大学・京都大学・大阪大学・名古屋大学・北海道大学・東北大学・九州大学・東京工業大学・筑波大学・慶応大学の10大学と狭き門でした。現在は緩和傾向にあり、上記大学在学生・卒業生でなくても認められるケースが出てきています。ワーキングホリデービザ取得のためにこれらのランキングが挙げられていますが、現在はこの限りではありません。

  • Quacquarelli Symonds World University Rankings
  • Shanghai Jiao Tong University’s Academic Ranking
  • Times Higher Education World University Rankings

上記のランキングはそれぞれに個別の基準によって選定されています。シンガポールは学歴社会といわれますが、実際は国内の国公立大学のレベルとすりあわせているため必然的にこのような条件になったと考えられます。それがシンガポールの教育水準の高さを表しているともいえます。

シンガポール留学

アジアNo.1の英語力を誇るシンガポール

シンガポールは英語教育を国家的に推進してきたため、その英語力はアジア・トップを誇ります。バイリンガル教育を徹底していることでも知られており、公立の学校では国語の授業を除くほぼすべての授業が英語で進められています。そのため特に若年層にバイリンガルが多く見られます。英語はイギリス統治下時代の影響を残したイギリス英語をベースに持つものといわれています。アジアの他の国がシンガポールの英語教育の水準をモデルにするなど、今後より一層シンガポールへの注目が高まるでしょう。

シンガポールについて

正式名称は、シンガポール共和国(Republic of Singapore)サンスクリット語で「ライオンの都市」、ライオンを意味するシンガ(singa)と町を意味するプーラ(pura)に由来すると考えられています。マレーシアの南、赤道付近に位置する熱帯モンスーン気候の国です。アジアのちょうど真ん中あたりに位置します。

面積は、約716平方キロメートルで、東京23区と同じくらいの広さです。人口は約547万人で、そのうちシンガポール人387万人、永住権保持の永住者52万人、その他となります。多民族国家としても知られ、中華系74%、マレー系13%、インド系9%、その他3%、中華系の人々が主に暮らしています。

かつてマレーシアから独立した経緯から、国語はマレー語です。公用語として英語・中国語・マレー語・タミール語などが使われています。このように日常で使われる言語の上でも、実に多様性に富んだ国です。また、宗教も多岐にわたり、仏教・イスラム教・キリスト教・道教・ヒンズー教と、それぞれの信仰を大切にしています。シンガポールの祝日は、これらの宗教に由来します。

通貨はシンガポールドル、物価はやや高めです。物価が安いマレーシアと隣接しているため、マレーシアの免税店(デューティー・フリー)で生活用品を買うこともできます。シンガポール島北部のウッドランズから、国境の街ジョホール・バルには陸路で行くことができます。橋の名称は、ジョホール・シンガポール・コーズウェイ、現地では「コーズウェイ」と呼ばれ親しまれています。

63の小さな島々からなる常夏の楽園

シンガポールは、特徴的な菱形をしたシンガポール島を中心とした63の小さな島々からなる国です。一番大きなシンガポール島の大きさは、東西42Km、南北23Kmと大変小さく、車で一時間程度で横断することができます。そのため、6ヶ月の滞在期間で、すべての地域を回ることが可能です。

熱帯モンスーン気候のシンガポールは赤道付近の常夏の国です。日本のように四季はなく、季節は雨季と乾季に分かれます。10月~3月が雨季、4月~9月が乾季です。雨季といっても日本の梅雨のように連日雨が降り続くことはなく、短時間の間、強いスコールが降ることが特徴です。スコールの後は、やや気温が下がり過ごしやすくなります。しかし、日中は太陽が照りつける常夏の国です。日差しが強いので紫外線対策、暑さ対策が必須です。日傘、帽子、薄手の上着などを上手に利用してください。また、暑い国なので建物内は基本的にクーラーが効いています。やや効きすぎる傾向にあるため、屋内はクーラーで体が冷えることもあります。外での暑さと直射日光から身を守るため、屋内でのクーラーによる冷えから体を守るため、どちらにも利用できるので薄手の上着は重宝します。

シンガポールの食文化

早朝から深夜までフードコートや、ホーカーズと呼ばれる屋台村が開かれ、多くの人が食を楽しんでします。シンガポールに暮らす民族の多様性からもわかるように、食文化にも様々な国の影響が見られます。特に中華系民族の多い国なので、あらゆる地域の中華料理を楽しむことができます。レストランではチップは不要です。あらかじめ飲食代にサービス料が含まれています。また、シンガポールの衛生環境は世界的に見てもトップクラスといわれています。水道水を飲用に利用することも可能ですが、日本人の場合はフィルターを通してから沸騰させるなど、より安全性に配慮することをおすすめします。

医療技術・施設

医療技術・施設においても、シンガポールは世界的見てもトップ・レベルを誇ります。先述した通り、衛生環境も大変良好であるため、医療の安全性と相まってより良い環境が提供されています。また、日本語が通じる病院もあることから、いざという時にも困ることが少ないでしょう。このようにシンガポールは様々な面で世界的な水準をクリアしているので、豊かで安全な生活をすることができます。

公共交通機関

交通インフラが大変高度に発達したシンガポールでは、バス、鉄道などの公共交通機関を利用して快適に移動することができます。また、大変治安がいいため、公共交通機関を安心して利用することができます。自動車の移動に関しては、近年、交通渋滞が問題となっています。そのため、タクシーでの移動はあまりおすすめできません。バス、鉄道を効率よく利用することで国内のどこにでもスムーズに移動することができます。

最先端のリゾート・エンターテインメント

マリーナ地区には、カジノ・ショッピングセンター・レストラン・エンターテインメント施設・一流ブランドの支店・世界的に有名なシェフのレストランなどもあり、世界中が注目するスポットです。中でも空中に浮かぶ美しいプールを一度はメディアで見た方も多いでしょう。「マリーナ・ベイ・サンズ」は、3棟からなる高層ホテルに、空中庭園が配置された夢のようなリゾートとして大変人気があります。空中に浮かぶ美しいプールは宿泊客専用になりますが、屋上展望台、レストランなどは自由に利用できます。

シンガポール留学

また不思議な形をした巨大な人工の大樹「スーパーツリー」が象徴的な「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」はマリーナ・ベイ・サンズの東側に位置する未来の植物園を彷彿とさせる庭園です。このランドマークである「スーパーツリー」には実際に登ることができます。今、世界が注目するマリーナ地区を見渡せる最新スポットとしても大変人気があります。その他、最新の芸術に触れることができる近代的な建物が印象的な「アート・サイエンス・ミュージアム」、世界一の高さを誇る観覧車で有名な「シンガポール・フライヤー」など、文化・エンターテインメントを楽しむこともできます。

様々な文化、交易の要所であったシンガポールならではのロマンティックでヒストリカルなスポットで、遠い時間に思いを馳せてみるのもいいでしょう。かつての中央郵便局を改装した「フラトン・ホテル」、その周辺に広がる「フラトン・ヘリテージ」と呼称される地区は、歴史的建築物を改装したロマンティックなエリアです。その他、東インド会社のラッフルズに由来する白亜のホテル「ラッフルズ・ホテル」など、歴史、観光、リゾートにおいてもシンガポールは大変充実しています。

問い合わせ先

関連記事

  1. シンガポールの物価

    シンガポールの物価

  2. シンガポールの留学

    シンガポールの留学教育環境

  3. シンガポールの住環境

    シンガポールの住環境

  4. シンガポールの教育環境

    シンガポールの教育環境

  5. シンガポールの現地生活

留学・移住 無料個別相談会 東京&大阪会場 予約受付中
夏休み短期留学プログラム2018 参加者募集中
プリンスオブウェールズ プライマリー 推薦入試 受験者募集
エプソムカレッジ 国内入試 受験者募集

人気記事

  1. 留学説明会
  2. マレーシア留学フェア
  3. マレーシア留学
  4. 親子留学
  5. 留学説明会
  6. マレーシア専門留学エージェント荒木隆事務所

Facebook