注目の記事 PICK UP!

シンガポールの留学教育環境

シンガポールの留学

グローバル化に成功したアジアの国際都市

シンガポールでは英語が公用語として用いられ、英語力はアジアでトップ・クラスといわれています。多民族国家のため、それぞれの母語と並列して英語での授業を取り入れるなど、積極的な取り組みにより、目覚しい英語環境の整備が進んでいます。シンガポールは人材のグローバル化に成功し、経済市場の発展著しい最先端の国際都市となりました。近年は観光・リゾートの誘致でも世界から大変注目されています。そんなシンガポールの英語教育環境の水準の高さ、民族の多様性の中で培われるグローバル・マインドへの評価の高さから、親子留学、中学・高校留学、大学留学などを検討し、出国する人が増えています。

身近なアジアで活きた英語を学ぶ

これまで語学留学、海外留学というと欧米諸国の英語圏の国に限定されていました。しかし近年、アジア諸国は若年層の人材のグローバル化を目標とし、様々なプログラムが提起され、確実に英語力の向上を図ってきました。中でもシンガポールは古くから英語を話す人が多く、現在のアジアではトップ・クラスの高い英語力と評されています。実際にシンガポールはマレーシアから独立した東京23区程度の面積の小さな国で、公用語として英語、その他の言語が使われています。しかし、多様な民族が暮らすことなどから、異民族間でのコミュニケーションでは、常に英語が使われています。公用語として英語を自然に話すアジアの国シンガポールで、活きた英語を学び、未来を担うグローバル人材としての強固な基礎を築くことが期待されています。

シンガポール留学の費用面でのメリット

通貨価値の違いから、欧米諸国に比べて留学費用、生活費用が抑えられること、同じアジア人の中で暮らすことで、日本人としての確固たるアイデンティティの形成なども期待されます。また、将来日本の企業で働いた場合、英語を使用したコミュニケーションの相手となるのは、主にアジア諸国の取引企業といわれています。そういった背景からも、身近なアジアで英語を学ぶことの重要性が高まっています。

シンガポールの教育体系

シンガポールでは、教育の面でもイギリス統治下の影響を今でも色濃く残しています。そのため、日本の小学校・中学校・高校の6・3・3年制とは少し異なります。シンガポールは原則6.4.2制となっています。その内訳は、日本の小学校に相当するPrimary Schoolが6年間、中学校に相当するSecondary Schoolが4年間、高校に相当するhigh schoolが2年間となっています。能力の程度によりコース変更することがあるので、進学するコースによって多少違うこともありますが、原則としては6.4.2制です。

就学日数は、週5日制と日本と同じですが、シンガポールでは1年が4学期にわかれます。学期ごとに短期あるいは長期の休みがあります。登校日は年間200日程度と定められています。小学校6年生終了、中学・高校卒業時に、それぞれ試験があり、その結果で進学するコースが選定されます。小学校終了時は初等教育修了試験(PSLE)、中学・高校卒業時にはGCE”N”(Singapore-Cambridge General Certificate of Education Normal)または”O”(Ordinary)レベル、GCE”A”(Singapore-Cambridge General Certificate of Education Advanced)レベルの試験がそれぞれ実施されます。

シンガポールの英語教育環境

シンガポールでは、幼稚園からそれぞれの母語と並列して英語教育カリキュラムの指針が示されています。最終的な目標はそれぞれの母語と英語を話すバイリンガル、それ以上の言語を自由に使えることとされています。1966年からバイリンガル教育が開始されたたシンガポールでは、ほとんどの人が母語と英語を使い分けています。場合によっては3カ国、4カ国語と多言語を自由に使いこなす人に出会うことも珍しくありません。

英語のカリキュラムは幼稚園から始まり、大学・大学院まで、その後、企業間では英語が公用語として用いられることが大変多いです。シンガポールが早くから世界経済市場で活躍しているのは、そういった整った英語環境が基礎になっているからです。アジアで最も早く英語を経済市場の公用語として用いたシンガポールは、英語環境だけでなく、世界中からアジアの最先端を行く成長市場として注目されています。

幼稚園からの親子(母子)留学

インターナショナル・スクールの幼稚園では、英語のクラスと同量の母語のクラスがあります。日本人のための日本語のクラスが充実しているところもあり、幼少期からバイリンガル教育が受けられることもシンガポール留学の特徴です。この時期の子供たちの語学を吸収するスピードの速さには、目を見張るものがあります。言語を獲得する最初の段階で2カ国語を同時に学ぶことで、ネイティブに近い英語をマスターすることが期待されています。

また、お子さんが将来グローバルに活躍することを期待する親にとって、英語だけでなくその他の学習環境についても気になるポイントが多数あるでしょう。世界中から留学生が集まるシンガポールでは、多くの人種、民族との触れ合いの中で幼少期を過ごすことができます。その特殊な経験が、将来グローバル社会で活躍する強みとなることは言うまでもありません。ある程度の年齢に達した時に英語習得、海外生活の上でウィーク・ポイントとなる人、文化、言語に対する固定的な観念が確立する以前の、フラットな幼少期に広い視野で世界を体感することは子供にとって大いなる財産となります。

小学校からの親子留学は入学時がチャンス

小学生を対象としたシンガポールのインターナショナル・スクール留学の時期として最適なのは、小学校入学時です。また、システム上スムーズに進学することができるのもこの時期です。まだ幼さの残る子供にとって、これから始まる長い学びの人生のスタートにひとりで立たされることは大変な不安を伴います。シンガポールの温暖な気候と自由な風土、多民族、多言語の環境が、子供の心の不安を期待に変えてくれます。親子留学という選択が可能にする、豊かな教育環境での学びの人生のスタートをおすすめします。

小学校の途中から編入することも可能 時期の見極めが結果を左右する

小学校入学時だけでなく、中途での小学校編入も可能です。その場合は、編入試験を受験後の進学となります。編入生に対応した英語の補講クラス(ELS)の充実したインターナショナル・スクールでは、英語習得の遅れをカバーすることもできます。しかし、小学校からの留学をお考えの場合、決断の時期によって、その後の英語習得の程度を大きく左右することがあります。幼少の子供しか持たない優れた聴力、言語、文化の受け入れに対する柔軟性は、刺激の少ない日本国内で過ごしていくうちに、残念ながら年齢とともに失われていきます。心身に様々な可能性を持った子供の能力は、年齢とともに一般化され淘汰されていくのです。

小学校からの留学をお考えの場合は、子供の可能性の面においても最適な時期を見極めることも重要なポイントとなります。編入の場合、国内で予め英語の学習をする必要があります。ある程度の英語力を身につけた上で、ELSによるサポートを受けることが可能になります。また、小学校入学とともに留学する場合でも、国内のインターナショナル・スクールのプレ教育を受けると、実際のシンガポールでの英語の生活に入るストレスが軽減されます。事前の準備は大変重要です。

中学生・高校生からの単身留学は自立を促す

中学生・高校生の留学は、日本語の母語としての確かな基礎の上に英語を学ぶことになります。日本人としてのアイデンティティも少しずつ形が見えてくる年頃なので、自らがどんな姿勢で勉強に臨むべきか、将来どんな活躍をしたいのか、そういう具体的な展望を描くことができるのもこの時期です。日本語でできた言語の語彙の多さが、英語を学ぶ上での強みになることもあります。ゼロから言葉の意味と概念を理解していくことは大変困難です。そのため、日本語で習得した語彙を英語に書き換えて獲得する理論的な学び方ができることで、より複雑な語彙も習得可能です。

それから、この時期になると自分の身まわりのことを自分ひとりでできるようになります。また、日常生活上でのとっさの判断、トラブル回避などの能力もある程度身に付いているでしょう。そのため、単身でシンガポールに留学することが可能となります。単身留学のメリットは、自立を促すことができる点にあります。その他、予め適切な英語教育を日本国内で受けることは必須となります。ベースに持った英語力をシンガポールの整った英語環境で、実践的、日常的に磨くことができます。また、自分ひとりで日本とは異なる新たな社会に臨むことで、自らの人生を能動的に切り開いていく自信を育みます。

世界の最高学府で大学生活を送る

シンガポールの大学の教育水準の高さは、世界中の国々が注目する大変高度なものです。学内公用語は英語が使われています。また、イギリス統治下の名残りから、イギリス英語を学ぶことも期待されています。シンガポールは公用語としてアジアで唯一英語を用いた国ですが、ネイティブの発音が確実にマスターできる環境かという点においては、多少の正確性が欠けるのも事実です。しかし、グローバル社会を生きる英語人口の中で、ネイティブよりも、ノンネイティブの人口が上回るのが現実です。アジアの中の英語圏シンガポールで学ぶことは、日本人にとって決してマイナスではありません。それ以上に期待されるのが、アジア人としてのアイデンティティの形成、グローバル社会を生きるボーダレスな精神を育むことのできる環境で学ぶことではないでしょうか。

また、シンガポールでは留学生の受け入れを積極的に捉え、国家的に取り組んでいます。世界経済市場だけでなく、世界の教育の場においても、今後ますます存在感を増していくことが期待されています。現在、コーネル大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学、ペンシルベニア大学など世界のエリートを排出する最高学府がシンガポールに進出しています。そこには世界中から優秀な頭脳を持つ留学生が多く集います。経済・政治・文化など、あらゆる分野において最先端を走り続ける世界都市シンガポールで、最高の教育を受けることが人生の可能性を広げます。

関連記事

  1. シンガポールの物価

    シンガポールの物価

  2. シンガポールの現地生活

  3. シンガポールの住環境

    シンガポールの住環境

  4. シンガポール留学

    シンガポールでのワーキングホリデー

  5. シンガポールの教育環境

    シンガポールの教育環境