注目の記事 PICK UP!

幼稚園生・小学生のマレーシア親子留学

マレーシア 親子留学

子供には早いうちから英語に触れさせバイリンガルに育てたい、将来はグローバル社会に自由に羽ばたいて欲しいなど、小さな子供を持つ親は様々な期待と夢を持っています。それはとても自然な、そして素晴らしい感情です。なぜなら、人は誰しも無限の可能性を持って生まれてくるからです。胸に抱いた我が子の素晴らしさに、どの親も輝かしい未来を想像せずにはいられないのです。

子供は、未来のために生きる、希望に満ちた命の輝きそのものです。

そんな無限の可能性を持つ子供に対して、親が与える影響ははかりしれません。国内で従来からある一般の教育だけをして、ごく普通の大人にしてしまうのか、それとも今、できることを探して与え、その可能性を最大限に伸ばすのか、それは親の育て方にかかっています。マレーシア留学は子供の能力開発に大変適した環境を提供します。

子供はまっさらな状態で生まれてきます。子供の発達の上で、より優位に働くのは、実は一般に思われている遺伝ではありません。それとは全く関係のない環境要因の方が、はるかに子供の発達に強い影響を与えているのです。そして、自分が子供に一体何を与えることができたのか、近い将来その答えが出るでしょう。そう、子供の成長はとても早いのです。過ぎた時間を取り戻すことはできません。日々確実に成長していく子供には、今この瞬間こそが、未来を形成していく尊い時間なのです。

マレーシア留学は、子供の無限の可能性を最大限に伸ばすことが期待されています。早期教育が可能な親子留学では、日本語と英語を自由に操るバイリンガル、グローバル社会で活躍するグローバル人材に我が子をエントリーすることも可能です。自分がかつて見た夢を、夢で終わらせることなく、子供には現実のものにしてあげることができる大きなチャンスです。

子供の未来のために今できることをしたい、まずその一歩をマレーシア留学を通じて共に踏み出してみませんか。

高額、高度なグローバル教育がロー・コストで実現する

マレーシア留学が支持される主な理由に、世界各国のすぐれたグローバル教育カリキュラムを学ぶ環境が整っていることが挙げられます。日本国内でのインターナショナル・スクールの学費には目を見張るものがあるように、グローバル教育を選択する時に問題となるのが、高額な教育費です。

マレーシア 親子留学

また、英語圏であるイギリス、アメリカ、ハワイ、カナダ、オーストラリア、シンガポールなどへの留学は、大変なハイ・コストであることは周知のとおりです。イギリスに至っては、世界的に見ても物価がとりわけ高いことでも知られています。また、アジア・トップの英語力、教育環境で注目されているシンガポールは、東南アジア諸国の中でも早くから経済が成熟しているため、物価、税金が高いことが妨げになります。近年人気が高まっているフィリピンは、費用面で見るとよりロー・コストですが、治安の悪さが目立ちます。また、歴史的背景から見てもフィリピンよりもマレーシアの方が英語に接してきた歴史も長いことが特徴です。

そういった様々な問題をクリアするのが、このマレーシア留学なのです。

マレーシアの物価は日本の3分の1程度、参考までに、大学生の単身留学の生活費が40万円程度といわれています。当然学費も抑えられます。国内では限られた人たちにしか獲得する機会のないグローバル教育が、マレーシア留学ではわれわれのごく身近な手の届くところにあるのです。そしてなんといってもアジアではトップ・クラスと評される治安の良さが、マレーシア留学の最大のポイント、安心して暮らせることにあります。それに加えて、マレーシアは歴史的背景から大変親日的なことでも知られています。本国の人たちとの穏やかで豊かな触れ合いが、多感な子供たちの成長にポジティブな影響をあたえることでしょう。

グローバル教育の中のエリートを目指す

国際バカロレアIGCSEアメリカ式、イギリス式、ケンブリッジカナダオンタリオオーストラリア、シンガポール式など、マレーシア留学ではあらゆる教育カリキュラムが受けられる、素晴らしい環境に身を置くことができるのです。

その中でも近年注目されているグローバル教育のエリートを育てる国際バカロレア、IGCSEなど、最先端、超高度なグローバル教育までもが、マレーシア留学ではわれわれの選択肢のひとつに入ります。そして、この先の進学を考えると世界が手の届くところに迫って来るのです。

マレーシア 親子留学

そんな可能性を秘めたこれらすべてのインターナショナル・スクールが、コストを気にすることなく自由に選択することができるのです。今、与えられた教育の機会、情報の獲得の機会が、子供たちが将来生きる世界を決めるのです。ごく普通に暮らしている限り、子供に与えられるものは限られてきます。子供たちの可能性を伸ばすことができるのは親しかいないのです。マレーシア留学では、これからを生きる子供の将来の可能性をも素晴らしいものに導くでしょう。

母親の英語力が子供の人生を変える

マレーシア留学の中でも、早期教育において注目されている親子留学の魅力は、子供の教育だけではありません。ともに留学する親、主に母親のキャリアアップ、自己実現に繋がる点においても大変有意義な留学スタイルなのです。学生時代に海外留学を経験した、あるいは英米文学科を卒業した、そういった高等教育を受けた高学歴の女性が今の母親世代の多くを占めています。

かつての社会にはごく少数しか存在しませんでした。現代社会の財産ともいえるのがこの、高学歴の女性たちです。子育てをする母親の教養レベルが高いことは、低い場合に比べて子供の能力開発の上で格段に有効に働きます。そんな母親たちにもマレーシア留学は選ばれているのです。

なぜなら、そういった女性たちが結婚して家庭に入り、母親になったとき、「自分の人生を生きている気がしない」「これまで自分がしてきたことには、一体何の意味があったのか」など、自分のキャリアを否定するような自問自答に囚われ苦しむことは少なくありません。確かに家庭生活をしていく上で、その高い能力を十分に発揮する場面は多くありません。でも、その原因は女性たちがかつてない社会的進化を遂げたのに対して、それを取り巻く社会のあり方、家庭のあり方が旧来のままであることではないでしょうか。

これまでにない新たな家庭の形を求める人たちは今、マレーシア留学を選択枝に持っています。母親自身が持っている高い英語力を活かすことができるのも、マレーシア留学の魅力のひとつです。親子が共に学び、暮らす、親子留学は、母親が子供に与える新しい教育モデルとしても注目されています。

芸術や体育も学ぶグローバル教育は多角的で最先端の平和教育

社会のグローバル化が進む中、人間の精神の弱さが時に大きな揺れを発生させます。摩擦や軋轢と呼ばれるものです。その原因は、異なるもの・未知のものに直面した時に人が抱く感情が、主に不安であるためです。でも、そういった精神の弱さは訓練を積むことで解消できることをご存知でしょうか? 最先端のグローバル教育は、それらの問題にも直接コミットメントするとてもすぐれた教育です。マレーシア留学は学力だけでなく、心身の成長・発達においても最高のものを選択できるのです。

グローバル社会は異なる人々が互いの違いを尊重しながら共生する世の中を目指しています。そこでは紛争や戦争さえも、かつての思想として位置しているのではないでしょうか。マレーシア留学が叶えるグローバル教育が期待される背景にあるものは、自国の利益だけを追求するかつての国単位ミクロの視点ではなく、グローバル社会全体を見渡すマクロの視野なのです。

マレーシア留学は異国・異言語・異文化・異民族・異宗教、そんな互いの差異をスマートな感覚で受け入れるグローバル・マインドを育み、ネイティブの英語力を身に付ける、これらの新たな教育は、われわれが築いてきたポジティブな世界をより育てる新しい教育なのです。そんな理想の教育を実現するのに適したスタイルが、このマレーシア留学なのです。

関連記事

  1. マレーシア留学説明会

    マレーシア留学説明会(仙台)

  2. 【レポート】マレーシア留学のすべてが詰まった『マレーシア留学フェア2018』を開催しました!

  3. マレーシア留学説明会(札幌)

  4. マレーシアの大学院留学

    マレーシアの大学院留学をおすすめする6つのポイント

  5. マレーシア・ペナン学生寮

    マレーシア・ペナンに学生寮オープン!

  6. TOEFL 日本人講師

    英語学習初期段階の日本人講師サポート

  7. 【マレーシア留学6】大学院生のマレーシア留学

  8. マレーソア留学中学高校編

    【マレーシア留学4】中学生のマレーシア留学