英語教師資格TESOLを語学留学で取得しよう

 TESOLで資格取得-語学留学

海外には広く英語教員の資格として認められた資格があり、その名前は【TESOL】です。この資格は英語を学習しながら、今度は自分が英語を教える側として活躍できるように作られたプログラムであり、昨今では日本でも英語教育の重要性が叫ばれているなか、日本の教員資格+TESOL資格を取得される人も急増しているのです。

TESOL資格取得

誰でもチャレンジが可能

TESOLは、国際的に認められている英語教員のための資格として、今もっとも注目されています。グローバル・コミュニケーションの中核を担う英語の必要性がより一層高まる中、英語教員の更なる質の向上が求められています。TESOLは、日本人のように母語が英語でない人、ネイティブではない人が、より高度に英語を教えるための資格です。名称のTESOLはその名の通り、Teaching English to Speakers of Other Languagesの略名です。TESOLには希望者の語学力、期間、費用、目的に合わせて、主に4種類のコースがあります。詳細についてはそれぞれ異なりますので、各自で調べることをおすすめします。

   Certificate in TESOL

サーティフィケート(Certificate)とは学位のない証明書の略です。主に18歳以上の高校卒業者程度を対象としたコースです。英語教員としてスタートする際に高度な英語教授力を身につけたいという人に適しています。20時間程度の短時間履修で所得可能なTESOLから、180時間の履修を必要とするものまで多岐に渡ります。その中でも100~120時間程度の履修時間のコースを選択することでより高度な資格としての評価が得られます。

Diploma in TESOL

ディプロマ(Diploma)は大変高度な資格として価値が認められています。履修時間が200~400時間と非常に充実しており、確かな技術の取得が保証されています。レベルは高校卒業程度といわれていますが、ディプロマを取得した学生に対して学部課程、大学院課程の学位を授与するところもあるといわれています。より実務的な充実した履修を元に、今後ディプロマの評価、需要ともに拡大が期待されています。

  Postgraduate TESOL

履修内容はサーティフィケート・インTESOL、ディプロマ・インTESOLと同様に実務的に充実した内容となっています。ポストグラジュエート(Postgraduate)は、大学で半年~1年間履修する資格です。TESOL資格の価値基準として、このポストグラジュエート以上を推奨している資格認定団体も多く存在しています。そのためTESOLの確かな履修のレベルとしては国際的に保証された大変高度なものとされています。

 MA in TESOL

TESOLの中でもっとも難易度の高い資格として評価されているのがこのマスター・インTESOL、いわゆる修士号のことです。先述した英語教育に力を入れる中東の政府などが求めるもっとも高度な資格として求められるコースです。各国の英語教育期間で管理職として活躍するなど、上級のポストを希望する場合は、この修士号を取得することが必須となります。また取得後に博士課程に進むなど研究者としての進路を選択する際にも必要な資格となります。もっとも難易度の高いマスター・インTESOLこそ、TESOL取得者の最高峰としてヒエラルキーのトップに立つ人材として認められることはいうまでもありません。

TESOLの語学学校

My TESOL マレーシア

マレーシア・ペナン島にあるTESOL資格取得ができる語学学校【MY TESOL】は、講師陣が全員ネイティブスピーカーであり、授業内容も生徒一人一人に合わせた素晴らしい学習環境を整えています。授業は月曜日~木曜日の午前中のみ、チケット制を採用しており毎日来ても週一回でも、無駄なコストがかからないシステムです。またクラスでの授業でなく、オプションで現地の小学校へ行って実際に体験講師ができるプログラムもあるそうなので、より実践的な学習ができますね。

 

PAGE TOP