注目の記事 PICK UP!

マレーシアの医療

マレーシアの医療

医療機関

マレーシアの医療はかなり充実しています。アジアで最も進んでいるのがシンガポールといわれますが、それほどではないにしても日本の医療と比較して劣るとはいえません。外務省のホームページにはこんな紹介文がありました。「大きな私立病院であれば設備も十分に整っています。こうした病院の多くでは海外旅行傷害保険があればキャッシュレス受診可能です。殆どの医師は英語を話すことができ、私立病院では日本人スタッフや日本語で診療が可能な医師が勤務していることもあります」

日本人が約2,000名ほど住むペナン島を例にしてみますと、総合病院は5か所あります。これらの病院は日曜と夜が休診ですが、すべてに24時間の急患受け入れ窓口がありました。そのうち2つの病院では日本語のできる通訳専門の女性スタッフが待機していて、英語が話せない日本人に丁寧な対応をしていました。

健康診断も通年行われ、マレーシア人であろうと外国人であろうと分けることなく行われ、1日制、1泊2日制などあって全く問題はありません。レントゲン室・MRI室・ICUなどの施設、リハビリ・トイレ・食堂も充実し、血液検査や尿検査、検査技師は日本の医療機関で行うのとまったく遜色ない内容で行われています。

医療費

風邪で受診した場合、英語の通じない病院でもきちんと同じく受診することができ治療費は約500円前後と格安です。しかし、日本人の大半は前述の日本人が常駐している大病院またはクリニックで受診します。この場合は4,000円から5,000円の料金がかかります。(立て替え払いで後日保険の戻りがあります)

現地の私立病院(日本人が平均的に使う病院で州立病院はほとんど使えない)に入院するときは手順があります。まず初診専門の医師の診察で専門医を紹介し、最初にクレジットカードの提示が必要になります。現金でも預け入れは可能になりますが大半はカードで済ませます。日本の現地駐在員の場合は、所属する会社の全額負担保証書を提出してから入院となります。旅行中の場合は入っている旅行保険の保険証が必要になります。長期滞在者(ロングステイヤー)の場合の多くは現地の保険会社に加入しておく必要があります。このケースでは自分で医療費を全額支払って、後日保険会社(日本企業もかなり進出中)に請求して契約に伴った自己負担分以外が小切手で支払われます。

関連記事

  1. マレーシアのビザ MM2H

    MM2H、ビザの詳細

  2. ジョホールバルについて

    ジョホール・バルについて

  3. マレーシアの日本食材・日本料理店・日系企業

    マレーシアの中の日本

  4. マレーシアの多様性

    マレーシアの多様性

  5. マレーシアの基本情報

    マレーシア基本情報

  6. マレーシアってどんな国?

    マレーシアってどんな国?

  7. マレーシア・ペナン

    ペナンについて

  8. マレーシアの首都クアラルンプール

    クアラルンプールについて

留学サポート手数料無料化
留学・移住 無料個別相談会 東京&大阪会場 予約受付中
エプソムカレッジ 国内入試 受験者募集

人気記事

Facebook