注目の記事 PICK UP!

ジョホール・バルについて

ジョホールバルについて

シンガポールとの国境の街ジョホール・バル

マレー半島最南にあるジョホール州の州都ジョホール・バルは、クアラルンプールから飛行機で1時間、鉄道では約6時間、バス、車では4時間半程度のところにあります。ジョホールバルはシンガポールに隣接している国境の街です。約1kmのコーズウェイ橋で繋がっています。シンガポールからは鉄道で50分、バス、車では1時間半でジョホール州に訪れることができます。

ジョホール・バル

マレー半島の最南端にあり、クアラルンプールに次ぐ第2の都市です。シンガポールと比べてかなり物価が安いことから、シンガポールからの買い物客や旅行客もたくさん見られます。またジョホール・バルからシンガポールへ渡る旅行者もたくさんいます。

ショッピング

国境の街ジョホールではアルコールやタバコなどが免税(デューティーフリー)で買うことができます。免税店ではシンガポールからの買い物客も多く見られます。また、ジョホール・バルから車で1時間の場所にあるジョホール空港地区に東南アジア初のプレミアム・アウトレットができ、人気のスポットとして注目されています。米Simon社とゲンティングループが手がけたアウトレットではアルマーニなどのハイブランドから、上海・マレーシアのブランドまで扱っています。日本のアウトレットとはまた一味違うマレーシアのアウトレットも人気です。

治安

クアラルンプールに比べて治安がやや悪く、少し注意が必要です。スリが頻発しているので、ブランドのロゴの入った大きな袋などを持って歩くことは避けましょう。手荷物を離さない、財布を紙幣と分けて持つなど、細かな工夫をすることでリスクを分散することをおすすめします。基本的な防犯をすることで防げる被害はたくさんありますので、楽しく快適に過ごすためにも、常に意識を持って行動することが大切です。

観光

かつて日本軍の司令部として利用されていたスルタン・イブラヒム・ビルディングは、マレー建築とコロニアル建築が融合した歴史的建築物です。現在は州事務局として利用されているため、見学は事前に連絡をするようにしてください。白い壁に青い屋根が心象的なモスクは、スルタン・アブ・バカール・モスクと呼ばれています。女性の見学者についてはスカーフの着用が義務付けられているので(貸出なし)、スカーフをご持参ください。 その他、ジョホール・アートギャラリーは、ジョホールの歴史を学ぶことができる美術館です。たくさんの歴史的資料があります。

ティオマン島

ティオマン島はジョホールからフェリーで約3時間で渡れる島です。青く綺麗な海と白い砂浜が印象的な南の島です。免税店(デューティーフリー)でアルコールやタバコを買うことができるので、ビーチだけでなく買い物を楽しむこともできます。

関連記事

  1. マレーシアの文化

    マレーシアの文化

  2. マレーシアの気候

    マレーシアの気候

  3. マレーシアの日本食材・日本料理店・日系企業

    マレーシアの中の日本

  4. マレーシア現地生活

    マレーシア現地生活情報

  5. マレーシアの首都クアラルンプール

    クアラルンプールについて

  6. マレーシアの多様性

    マレーシアの多様性

  7. マレーシアの宗教

    マレーシアの宗教

  8. マレーシアってどんな国?

    マレーシアってどんな国?