注目の記事 PICK UP!

マレーシア現地生活情報

マレーシア現地生活

日本人の生活と住居

2014年10月現在22,000人の日本人がマレーシアに暮らしています。日本人のライフスタイルに合う住居としておすすめなのは、コンドミニアムと戸建てです。コンドミニアムは日本でいうところのマンションです。管理が行き届いている物件が多く、24時間セキュリティ、屋外プール、ジムなどがあり快適に過ごすことができます。またコンドミニアム内にカフェやミニマートなどが併設されているところもあります。日本のファミリー世帯向けのマンションよりややゆとりのあるコンドミニアムが、日本よりお得に借りられます。ただし、宗教的思想からペットとの同居ができないことが多く、ペットを連れての移住をお考えの方には戸建てがおすすめです。

時差は1時間

マレーシアと日本の時差は1時間です。これまでの暮らしの延長のような時間の感覚ですので、すぐに快適な生活が始められます。

水について

生活用水については、水道水がとても清潔です。しかし、衛生の基準の異なる環境で生活してきた日本人にとっては、マレーシアの水道水をそのまま飲むことにリスクがあることは否めません。フィルターでろ過した水道水を1度沸騰させる、またはミネラルウォーターを利用するなど工夫が必要です。

税金、チップ、物価について

日常生活に関わる税金は、GST(Goods and Service Tax)という消費税のようなものを支払います。税率は6%で、米、パン、果物などの食料品やその他日用品、ガソリンなども場合によっては無税になります。物価のおおよその目安は日本の3分の1程度です。しかし、マレーシアで日本食レストランなど一般的でないサービスを期待するときは、日本と同程度かそれ以上の価格になることもあります。基本的にチップは不要ですが、いいサービスを受けたときのために少額のチップを用意しておくといいでしょう。

ショッピングを楽しむ

日常の買い物や、女性が大好きなウィンドウショッピングなどについては、クアラルンプールなどの都市部では、大型のショッピングモールやデパートがたくさんあります。併設されたプールやジムなどで体を動かしたり、一日中過ごしたりできるような工夫がされています。これらの施設では、クレジットカードがほぼ利用できますので、現金をたくさん持ち歩かずに快適に生活することが可能です。また、インターネットのフリーwifiを利用できる施設も多くあるので、情報の収集や連絡をとることに不自由することはありません。しかし、接続状況は日本ほど良くないといわれています。

特に都市部ではとても近代的に開発が進んでいますので、非常に不便で困るということはないでしょう。しかし、郊外は事情が違ってきますので、事前にしっかりと具体的な情報収集をして行きましょう。

関連記事

  1. マレーシアの文化

    マレーシアの文化

  2. マレーシアの首都クアラルンプール

    クアラルンプールについて

  3. マレーシア・ペナン

    ペナンについて

  4. ジョホールバルについて

    ジョホール・バルについて

  5. マレーシアの気候

    マレーシアの気候

  6. マレーシアの医療

    マレーシアの医療

  7. マレーシアの基本情報

    マレーシア基本情報

  8. マレーシアの日本食材・日本料理店・日系企業

    マレーシアの中の日本

留学サポート手数料無料化
留学・移住 無料個別相談会 東京&大阪会場 予約受付中
エプソムカレッジ 国内入試 受験者募集

人気記事

Facebook