注目の記事 PICK UP!

【マレーシア留学7】社会人のマレーシア留学

マレーシア社会人留学

近年経済発展が目覚しいアジアの中でも、一際輝いているマレーシアは今、まさに経済成長の只中にいます。語学留学・大学留学・大学院修士/博士課程留学・大学院MBA留学・国際英語教授資格TESOL留学など、マレーシア留学は社会人の注目を集めています。その人気の理由は一体どこにあるのかと考えたとき、真っ先に浮かぶのがコストの問題ではないでしょうか。通貨価値が違うマレーシアでは、日本の3分の1程度のロー・コストで学費・生活費をまかなうことができます。それはともすれば日本での生活費と同程度の試算となります。それだけの金額で生活のみならず、学問することまでもできる程、マレーシア留学は極端にロー・コストなのです。しかし、マレーシア留学が支持を集める要因は、それらの留学スタイル、コスト・パフォーマンスの良さだけにあるのではありません。

社会人だからこそ マレーシアの経済成長を体感できる

社会ですでに戦力として活躍してきた社会人にとって、マレーシア留学が語学・学問の習得以上に価値あるものだからではないでしょうか。現在の日本では見ることができないダイナミックな経済の勢いを体感することこそが、社会人留学生の求めているものなのかも知れません。そして、日本では幻影となったかつての経済成長の輝きと同じものを目撃することが、その後の社会人生活に与える影響ははかり知れません。これまで主流とされてきた欧米留学は、英語を母語とする国という点においては好条件であっても、日本が経済成長のモデルとしてきた過去を物語る対象になりつつあるのです。

社会人が海外に旅立つときに必要なのは、すでに経済成長を終え、成熟期を過ぎ、洗練を迎えた先進国での経験ではありません。これから勢いを増すアジアの力強い経済成長の目撃こそが、陰りが見えた日本社会に、新たな力を生み出す原動力になる大きなヒントを秘めているからではないでしょうか。

グローバル化の波に乗る方法は英語を話すことから

マレーシア留学はよりよい学習環境を提供することで、多くの社会人に選ばれています。社会人を取り巻く環境は日々めまぐるしく変化し、今やグローバル化の波は都市部だけでなく、地方の企業にまで押し寄せています。楽天・ユニクロ・ソフトバンクなどの一流企業では、社内公用語として既に英語が使用されていることは周知の事実でしょう。

公用語としての使用は一部企業内のことであっても、海外の取引先・営業所・工場などからの電話の取り次ぎ・メールのやり取りなどは、誰もが経験する場面となっています。最近では、アジアに工場や営業所を持つ中小零細企業も多数存在します。地方のごく一般的なサラリーマンがアジアに赴くことも珍しくありません。そのように英語習得の必要性が高まる時代の流れの中で、マレーシア留学が支持を集めています。

マレーシア語学留学
http://araki-takashi.com/language/gogaku/

社会人の語学留学

マレーシアは1990年代から政府主導のもと、高度な英語教育環境の整備が勧められてきました。その結果、現在のマレーシアの若年層では、バイリンガルが一般的となっています。また、アジアで英語教育において常にトップをキープしているシンガポールに次ぐ国として、世界からも大変注目を集めています。そのような環境から、マレーシアは高度な英語社会のモデルとして、シンガポール同様アジアを牽引しています。

マレーシア留学では、いち早く実現した小さなグローバル社会を体験できることから、英語力の向上が期待されているのです。マレーシア国内の多くの語学学校では、現在日本人留学生が多数学んでいます。準公用語として英語が日常的に使用されているマレーシアは、社会人が英語を学び・経済のあり方を問い直す上でも、大変貴重な経験ができる場であることはいうまでもありません。

必要だと思ったときこそが、マレーシア留学を決断するときです。費用・期間は個々の事情によって決めることができます。1週間~長期にわたり、語学学校は広く門戸を開いています。また、休暇ごとの旅行をマレーシア留学に置き換えて、数年にわたり学習を継続していくことで英語力の向上をはかることも可能です。マレーシア留学は、コストだけでなく、地理的にも大変身近であることから人気を集めています。

また、長期休暇を利用できる場合は語学留学の期間を数ヶ月単位に伸ばすことで、更なる英語力の向上が期待できるでしょう。限られた状況・資金であっても、できることを積極的にしていくことで、今よりも少しずつでも前進することは可能です。マレーシア留学は挑戦し続ける社会人にとって、常に刺激を与え成長を促してくれる強い味方となるでしょう。

マレーシア語学学校一覧
http://araki-takashi.com/language/language-school/

MBA大学院留学はマレーシアで叶える

一方で今の仕事からのステップ・アップを目指して、本格的にマレーシア留学を選択する人もいます。MBA大学院留学は多くの社会人にとって、これまでは手の届かない憧れの対象でした。しかし、マレーシア留学では、それは夢ではありません。アメリカなどのMBA欧米留学では高額な費用負担が実現への妨げとなっていました。しかし、マレーシア留学では、そういった心配は必要ありません。欧米留学の場合、1,000万円~2,000万円にも上る学費が、マレーシア留学では約半分~それ以下で叶えることができるのです。また、それに伴う生活費の負担も大変低く、1年間に約40万円程度となっています。

MBA留学を叶える多くの大学院では、積極的に日本人を受け入れています。

MBA大学院留学
INTI大学
http://araki-takashi.com/graduate-school/inti/

ヘルプ大学
http://araki-takashi.com/graduate-school/help-university/

英語教員の国際資格TESOL

マレーシア留学が叶える多くの国際資格ひとつに、最先端の英語教授方として知られるTESOLがあるのをご存知でしょうか。日本ではまだあまり馴染みがないかも知れませんが、今、世界の英語教育の現場で求められている国際資格です。マレーシア留学ではこのTESOLの取得も短期間、ロー・コストで叶えられます。TESOLは認定機関・国により様々なレベルが設定されており、短期マレーシア留学では5~8週間で取得可能なものもあります。また、本格的な大学院マレーシア留学を望む場合は、長期留学をお勧めします。修士課程で英語教授の最先端カリキュラムを、しっかりと学ぶことができます。

修士課程を終了すると、その先の進路選択の幅はさらに拡大します。その一例として、世界各国の政府機関でキャリアを積む、博士課程に進学して研究者になるなど、多くのTESOL取得者がそれぞれの場所で活躍しています。これまでのキャリアにプラスして、あるいは活躍の場の拡大を目指し、グローバルな活躍も可能なのがこのTESOLです。マレーシア留学は多くの人の夢を現実のものにしているのです。

国際資格TESOL
http://araki-takashi.com/language/tesol/

グローバル社会の中で生きた英語を学ぶ

マレーシアは国土が日本の約9割、人口は約3,000万人、多民族が暮らす温暖で豊かな国です。日本との時差はとても少なく、1時間の遅れがあるだけです。渡航してすぐに新生活がスタートできます。コストの面でも大変手頃で、現状の生活水準を保つことができます。そして何より、グローバル社会を体感できることが魅力です。マレーシアの人口分布を見ても多様で、マレー系、中国系、インド系、その他の民族からなる多民族国家ですが、マレーシア留学でお勧めする私立大学では特に人種の多様性に驚くでしょう。日本だけではなくアジア諸国・中東・アフリカなどからの留学生も多く目立ちます。そのようなグローバル社会が、この同じアジアで体験できるのです。日本のかつての経済成長をモデルとして、急成長を遂げているマレーシアでは、大変親日的で穏和な人々が迎えてくれるでしょう。多くの社会人が選ぶマレーシア留学は、グローバル社会との出会いがもたらす様々な成長を期待されています。

マレーシアの多様性
http://araki-takashi.com/info/my-diversity/

関連ページ


関連記事

  1. 留学相談会

    マレーシアで長期の語学留学をする!コスパの良さを他国と比較検討

  2. 就職 海外

    就職のできるマレーシア語学留学

  3. マレーシア留学

    マレーシア留学説明会(名古屋)

  4. 2018春休み短期留学

    2018年春休み短期留学プログラム(ライトハウス)

  5. マレーシア専門留学エージェント荒木隆事務所

    花岡めうみ氏、特別顧問退任のお知らせ

  6. 春休み短期留学

    春休みに短期留学しながら大学視察ができる!

  7. 中学生・高校生のビザ

    中学生のマレーシア留学

  8. 【レポート】マレーシア留学のすべてが詰まった『マレーシア留学フェア2018』を開催しました!