注目の記事 PICK UP!

就職のできるマレーシア語学留学【vol.2】

ASEAN諸国での就職

マレーシア・ASEAN諸国での就職

ダイナミックな成長を続けているアジア経済に注目が集まる中、海外就職を目指す多くの日本人がアジアASEAN諸国に新たなチャンスを求めて旅立っています。《就職のできるマレーシア語学留学・大学留学》をキー・ワードに、従来の語学留学、大学留学だけは実現し得なかった英語力を活かした就職のお手伝いをしていきます。留学環境のさらなる充実をはかり、よりよいマレーシア語学留学・大学留学を提供していきます。

海外就職を実現する語学留学・大学留学

海外就職を目指す多くの社会人にとって、まず強化すべきポイントは英語力です。語学留学・大学留学で英語力、専門性の強化をはかり、それらを活かして海外就職の実現が可能になるのです。学生は大学留学→就職サポートを、社会人は語学留学→就職サポート/大学留学→就職サポートから、自身の目標・経験に合わせて選択可能です。TOEIC500点から、幅広い企業、職業、語学学校など、英語力・経験・専門性・スキルを活かせる職場をご紹介します。

海外就職

対象はアジアASEAN諸国です。近年の経済成長が著しいアジア市場のダイナミズムの中で、学び、働くことは、個人にとって貴重な経験となります。また、先の目標を持つことも可能です。海外就職でキャリアを積んでトップを目指す・起業する、また、帰国してアジアASEAN諸国での経験を日本社会にフィード・バックすることなども期待されているのです。このように、就職→転職するなど、就職だけでは終わらないさらなる活躍のステージがマレーシアから世界に広がります。マレーシア語学留学・大学留学→就職サポートでは、アジアASEAN諸国の最先端で活躍するお手伝いをしていきます。

ASEANの経済状況

ASEANとはAssociation of South‐East Asian Nations(東南アジア諸国連合)の略称です。インドネシア・カンボジア・シンガポール・タイ・フィリピン・ブルネイ・ベトナム・マレーシア・ミャンマー・ラオスの全10か国によって構成されています。人口は6億2,300万人、ミャンマーを除いた9か国の年齢の中央値は28.8歳、GDP合計2兆4,780億米ドル、実質経済成長率4.5%となっています。

ASEANの経済状況
人口 6億2,300万人
年齢中央値 28.8歳(46.5歳)
GDP 2兆4,780億米ドル
実質経済成長率 4.5%(1.2%)

※( )内は日本の数値

年齢の中央値は28.8歳となっており、日本の46.5歳と比較して格段に若く、15歳以下の人口も26.1%で日本と比較した場合、2倍以上となっています。若い世代が多く、今後の成長が期待されています。実質経済成長率においては、4.5%で、日本の約4倍にも上ります。また、2001年~2013年までの経済成長率は平均で11.3%、世界平均の6.7%の2倍に迫る勢いです。ASEANの貿易は主に中国、日本、アメリカを対象としており、日本は中国に次ぐ貿易相手国です。また、ASEANの貿易額は1998年以降黒字が続いています。下記はご紹介する海外就職の一例です。ASEAN諸国、主にマレーシア・タイ・シンガポール・ベトナムの日系企業・ローカル企業についてご紹介します。

日系企業

日系企業は数多く進出し、現在では、マレーシアには約1,400社、タイには約4,700社、シンガポールには約2,800社 ベトナムには約2,500社あります。業種では、製造業、卸売業、運輸業、エンジニア、IT関連、観光・ホテル関連、衣料品、外食チェーンなどです。

マレーシア 1,400社
タイ 4,700社
シンガポール 2,800社
ベトナム 2,500社
ローカル企業・その他

その他ローカル企業では、主に、エンジニア、コンサルタント、観光関連、その他営業、コールセンター業務、など様々な企業、職業をご紹介します。
このように、ASEANと日本はビジネスにおいても重要なパートナーとなっています。また、このような関係もあり、ASEAN諸国は大変親日的なことでも知られています。海外就職を考える際に、親日的であることは非常に重要な要素となります。また、ASEAN諸国は同じアジアであるためフライト時間が短く、マレーシアでは約6時間、その他最長でも約8時間での移動が可能です。時差においてもマレーシアは1時間、その他最長で2時間程度となっており、時間的なストレスはありません。海外就職のステージとして、今後の成長が期待されるASEAN諸国では、日本人の雇用に対して門戸を開いているのです。

海外就職でキャリアを積む

ASEAN諸国には、現在多くの日系企業が進出しています。自社製品の開発・製造、自社サービスの提供などを目的とし、近年では、日本人を現地採用する動きが高まっています。また、アジア市場に対する理解が高い場合は、マネジメント業のような責任のあるポストに就くことも可能です。海外勤務経験は、その後の海外転職、または、帰国して国内でグローバル人材として、アジア市場での経験を日本社会にフィード・バックすることも期待されています。

海外就職

日本国内での職務経験は、海外就職のステージでは大変重要なキャリアとして評価されます。例えば国内営業経験者は、海外営業でそれまで培ってきたスキルを広く求められます。英語力だけでは実現し得ない職務経験は、海外就職ではアピール・ポイントとして高く評価されるのです。例えばTOEIC800点以上を求められるような《英語力》に偏重した採用ではなく、一人のビジネス・パーソンとしてのキャリア、積極性、交渉力、問題解決能力など、日本で培ってきた経験を活かし、即戦力としての活躍を求められます。皆が実力で個人のポストを得ていく公平な就労環境で、自身のスキルを活かすことが可能です。

現地採用増加が海外就職のチャンス

近年、国内経済の低迷の影響から、日本の企業がASEAN諸国へ進出するケースが増加しています。これらの日系企業は、日本人の現地採用に積極的です。英語力と職務経験のある日本人に対する需要が高まっているのです。日系企業の求人に対して求職者の数が少ないのが現状です。このようなことから、現地採用で日本人のグローバル人材の確保が急務とされているのです。

また、新規参入であるということは、これからさらに発展していくことが見込まれます。それに伴い雇用の拡大と、中長期的な日本人雇用のステージとなることが考えられるのです。さらに、ここから導き出せるチャンスとしては、語学留学・大学留学→就職サポートでの就職だけでなく、働いたその先にも、さらなる活躍のステージの拡大の可能性があるということです。現地採用で海外勤務経験を積むことは、より貴重な人材として、さらなる活躍のチャンスもあると言われています。未だ発展を続けるASEAN諸国では、日系企業のさらなる進出に伴い、グローバル人材としての日本人を求めています。

20代・30代の海外就職

最も需要があるのは20代から30代の若い世代です。新卒者は大学留学で身につけた《英語力》と専門性とフレッシュな感覚を求められます。また、社会人においては、日本での経験が即戦力としての重要なベースになることから、飛躍のチャンスを秘めています。語学留学では《英語力》を、大学留学では《英語力》と専門性をアピール・ポイントとして、ASEAN諸国で新たなキャリアをスタートさせることが可能です。

40代からの海外就職

40代からの就職については、日本での実績、スキル、マネジメント経験など、多くの専門性のある人材に対する需要が高まっています。20代、30代よりもやや狭き門ではありますが、スキルのある人にとってはチャンスは多くあります。ASEAN諸国で何よりも求められるのは、日本での社会人経験なのです。日本でのビジネス・マナーなどはその典型で、海外の人にはないアピール・ポイントになります。《英語力》、専門性、さらに日本での経験が新たなステージへと導いてくれるのです。

このように、マレーシアをはじめとしたASEAN諸国では、日本人の活躍のチャンスが増加しているのです。

マレーシアの魅力

マレーシア 就職
マレーシアの市場の最大の魅力は、2020年に先進国入りすることを目標として、経済成長を続けていることにあります。また、日本からのフライト時間は6時間と大変近いこともポイントです。さらに、1時間と短い時差は、移動、連絡などの面において影響を及ぼしません。日本との貿易については、マレーシアからの輸出では鉱物性燃料(LNG等)、電気・電子機器、化学製品等が主力となっています。日本からの輸入においては、電気・電子機器、機械類、自動車、輸送用機器等となっています。これらのことからも、双方の関係は、経済的に非常に緊密であることがわかります。

マレーシアの市場

現在、マレーシアに進出している日系企業は、約1,400社と言われています。マレーシアは、若年層の人口比率が高いこと、マレーシア国内での消費の高まりから、今後の製品・商品に対する需要の拡大が期待されています。失業率は3%台と大変低く、その反射的利益として治安の安定がはかられています。

マレーシアの産業

日系企業1,400社のうち、製造業と非製造業の比率は、製造業の方がやや多いものの、ほぼ同数です。

製造業
製造業では、広く電気・電子機器の生産が行なわれています。パナソニック、日立、ソニー、東芝などの大手日系企業が重要な生産拠点として進出しています。次いで、鋼鉄・非鉄金属製品、石油・化学製品、食品・飲料となっています。

非製造業
貿易・商社、製造関連の代理店・サービス会社、建設・土木、港湾運送・倉庫業等が非製造業の6割を占めています。

このように、マレーシアには多くの日系企業が進出し、今後もさらなる拡大が期待されているのです。《英語力》のある日本人の需要は、企業にとってはコストの安い現地採用で拡大しています。そして、日本での実績がある場合は、さらに即戦力として、活躍のステージが用意されているのです。

語学留学・大学留学→就職サポートで未来を変える

社会人にも個性を求められる時代になり、マレーシア留学、海外就職のように、人とは違う経歴を持つことに対して、保守的な日本社会もオープンになりつつあります。主な要因は、社会の変化にあると言われています。20世紀の大量生産、大量消費の工業化社会では、労働者だけでなく経営者にいたるまで、画一的な姿勢を求められました。個性よりも効率を優先する社会だったのです。しかし、工業化社会の中で、資源も環境も無限に人に貢献するものではないことを学びました。

情報化社会となり、消費者のニーズは多様化しました。柔軟な対応を求められる21世紀の働き方には、効率よりも個性が求められるのです。マレーシアを始めとしたダイバーシティと称させるアジアの多くの国では、早くから英語力だけでなく異民族、異文化等多くの違いを受け入れています。それは、このような社会を予見していたのかも知れません。時代の流れに敏感な人たちは、未だ画一的なアナウンスを続ける日本社会に対して、遅れを感じています。そのような人たちが新興国に魅せられるのは、豊かさだけではなく、従来の経済的成功にはない新たな時代の輝きなのかもしれません。ダイバーシティー、ダイナミズム、マレーシアを語る言葉は非常にエネルギッシュで刺激的です。高度経済成長を終え、洗練期を迎えた日本社会では見られない、ダイナミックな成長がアジアでは続いていくといわれています。マレーシア語学留学・大学留学→就職サポート・サービスでは、アジアASEAN諸国で世界の最先端での活躍を目指す学生、社会人の新たな一歩をお手伝いします。

関連記事

  1. UMサービス

    航空会社のUMサービス

  2. マレーシア冬休み短期留学

    マレーシア・ペナン冬休み短期留学プログラム

  3. 大学留学

    マレーシアの大学の学部別ランキング

  4. マレーシア短期留学

    いつでも入学OK!IGCSEカリキュラム校への1か月短期留学

  5. 【レポート】Prince of Wales Island International School …

  6. TOEICポイントアップ

    TOEIC4週間強化プログラム募集

  7. 2018春休み短期留学

    2018年春休み短期留学プログラム(Fairview Penang)

  8. 留学説明会

    マレーシア留学説明会(大阪)

留学サポート手数料無料化
留学・移住 無料個別相談会 東京&大阪会場 予約受付中
エプソムカレッジ 国内入試 受験者募集

人気記事

Facebook