注目の記事 PICK UP!

マレーシア語学留学の長期留学先はどの地域から選ぶ?!

マレーシア留学

マレーシアの語学留学の特徴

マレーシアに長期で語学留学したい理由として、マレーシアのレベルの高い語学教育があります。マレーシアの教育制度は日本とは異なり、初等教育や中等教育から国際社会の一員になるための英会話を学びます。マレーシアの初等教育から大学まで卒業をするのを考慮する長期的な語学留学を我が子にさせたいのなら、どの地域を選ぶか検討をするのは非常に大切です。こちらでは、マレーシアで語学留学を検討する人のために地域の文化や特徴を紹介しながら、各地域の留学のポイントをお伝えします。

クアラルンプールの語学留学の特徴

マレーシアに長期で語学留学するために、多くの保護者がまずはクアラルンプールを選択肢に入れています。その理由は、クアラルンプールの中心地も郊外もインターナショナルスクールが充実しているからです。また、他の地域に比べて比較的住みやすいのも大きなポイントです。さらに、日本からの語学留学生が多く滞在していることも理由として挙げられます。世界の観光地として有名な地域なので、国際的な文化交流もあります。クアラルンプールの都市地域に留学をすると快適な滞在先も多く、郊外なら落ち着いた雰囲気で住みやすいです。

クアラルンプールには語学留学生に配慮をしたボランティアも多く活動しています。現地で困ったことや悩みがある場合は、先輩留学生であるボランティアに相談できます。語学留学をしたい人に聞いたランキングでは、マレーシアは長期留学をしたい国のナンバー1です。その中でもマレーシアと言えばクアラルンプールと考える人も多いほどの知名度があります。クアラルンプールのペトロナスツインタワーは近代文化の象徴ともいえる観光地です。さらに、クアラルンプールは英会話のコミュニケーションが発達したマレーシアの首都だけあって、世界各地からやって来るビジネス関係者の拠点にもなっています。日本人と交流しながらも、多くの国際社会の人と海外交流をしたいのならクアラルンプールをおいて他はないほどです。

ペナンの語学留学の特徴

マレーシアのペナンに長期で語学留学するのなら、美しいペナン島でのんびりした雰囲気の中で親子留学ができることがポイントとなります。都会のクアラルンプールよりもペナン島でゆったりした時間を長期間に渡って過ごす選択をする親子もいます。ペナン島からクアラルンプールまで電車に乗ってでかけることができる点も大きなポイントになります。普段はゆったりしたペナン島で美しい海を眺めながら勉学に励み、休日にはクアラルンプールに出かける事ができます。

ペナンの語学留学なら、学生寮やホームステイに親子でコンドミニアム滞在も可能です。コンドミニアムは、4人くらいの人数でも滞在できる広さがあります。また、ホテルでも語学学校に通うのに便利なリゾートタイプに宿泊もできます。ペナン島は限られた面積の範囲なので、語学学校も滞在先から徒歩で通える距離にあることが多いです。また、文化的にも日本総領事館があるので、日本人由来の島となっています。特に日本食が食べたくてホームシックになる心配が減るのがペナン島の特徴です。日本料理店が豊富で、日本人ひいきの島として有名で、日本の盆踊り大会も開催するほどです。気候はリゾート地として人気がある事から分かるように夏は日本よりも涼しく過ごしやすいです。

また、ペナン島の英語教育のレベルは高く、イギリス時代から続く語学学校が存在します。ペナン島は、これらの理由からマレーシア語学留学の際にクアラルンプールと同様にロングステイ先として選ばれています。

ジョホールバルの語学留学の特徴

ジョホールバルはシンガポールと国境を接しているので、雰囲気がシンガポールのゴージャスな傾向がある地域です。橋を渡ると1時間でシンガポールに到着するという立地条件です。

また、ジョホールバルの近くにあるティオマン島は免税島で、シュノーケリングなどが楽しめるリゾート観光地です。ジョホールバルは日本と歴史的に深く結びついていて、旧日本軍の建造物を街中で見ることができます。ジョホールバルでも子供から3世代上の世代になると日本人と密接に生活をしていた歴史があります。このため、ジョホールバルではホームステイ先もあります。また、日本とのなじみもあることから、日本食を購入できる場所もあります。

さらに高級住宅のコンドミニアムが続々と建設ラッシュとなっているので、かなり高級な滞在先が魅力です。テーマパークのレゴランドがあるので、子供にとっても楽しい語学留学先となるでしょう。また、気になる英語教育の特徴では、重要産業として教育分野に力を入れています。イギリスの分校や大学やインターナショナルスクールが多い地域です。

マラッカの語学留学の特徴

マラッカは、マラッカ海峡で知られ日本の文化とも密接です。マレー文化の原点とも呼ばれる地域で、マラッカ海峡を制するのに各国がしのぎを削っています。ポルトガルやイギリス、オランダも治めていたので、英語教育と文化の結びつきが強いです。フランシスコ・ザビエルも布教をした土地です。チャイナタウンがあるほど中華系の住民も多いです。この中華系のババニョニャ民族の文化が歴史的にも食生活にも影響を与えています。世界遺産に登録されている街の建造物にはマラッカ王朝を始めオランダ広場など、さまざまな国の植民地として栄えた時代の建物があります。

さらに、カレーや魚を出すお店があるので、日本人好みの料理が食べられます。マラッカは沖縄とも文化が似ていてシーサー像もあります。

マラッカにあるインターナショナルスクールには古い歴史があります。マラッカで長期語学留学をするのならインド人教師が多く学費が安い語学学校もあります。インド人はネイティブと同様の高い英語力を有しています。また、国際バカロレアを学べる語学学校がマラッカにはあるのもメリットです。

イポーの語学留学の特徴

イポーは、マレーシアのインターナショナルスクールがここ数年進出してきています。理由として、イポーはクアラルンプールやペナンに比べて物価が安いことが挙げられます。そのため、新しいインターナショナルスクールが多く、広大な土地に施設や設備が整ったキャンパスで学べます。しかも、英語が苦手な親子にもフォロー体制があるキャンパスが多い摂設立しています。

イポーの街の発展はイギリスの鉱業と密接です。そのため、英語の文化も古くからあります。また、同じインターナショナルスクールでもイポーキャンパスならば、同じ教育方針なのに他の地域にあるキャンパスよりも学費が安くなります。イポーには日本人の親子留学生が既に滞在しています。住宅費用も他の地域よりも安くなっています。

コタキナバルの語学留学の特徴

コタキナバルは大自然に囲まれた世界遺産の山や海のリゾート地域です。ネイティブの講師が指導する語学学校は、少数指導制で品質が高いのが特料です。オーストラリアやイギリス出身の教師が多いです。マレーシアにいるのにフィリピンのセブ島を思わせるようなリゾート地で語学留学ができるのが魅力です。

語学学校の特徴としては、IELTSのスコアを上げるための1クラス5人制度の語学学校もあります。全体的にまだ語学学校やインターナショナルスクールのキャンパスは他地域よりも少ないですが、これから先の将来を見据えてコタキナバルは検討しても良い語学留学先になります。

マレーシア語学留学 特徴ポイント

マレーシアを語学留学に選ぶ際のポイントは、各留学先の地域の特徴や文化を考慮することです。特に、保護者目線で判断して、我が子を長期留学させる魅力を探して選択をすることも求められます。

我が子がマレーシアのどの地域に魅力を感じるのか、一度じっくりと話し合ってみることも大切です。念願の語学留学ができても、子供の興味が長期的に続く地域ではないと挫折する可能性もあります。マレーシアの語学留学先を選ぶ際には、最終的に子供さん本人が住みたい地域を参考にすると長く留学生活が送れることでしょう。

関連ページ

関連記事

  1. マレーシア留学

    【マレーシア留学】マレーシア留学は世界への第一歩

  2. マレーシアのクリスマス

    南国でも雪だるま!?マレーシアのクリスマス

  3. 2018春休み短期留学

    2018年春休み短期留学プログラム(Fairview Penang)

  4. 夏休み短期留学

    夏休み短期留学プログラムのご案内

  5. マレーシア留学

    マレーシア語学留学を長期留学にする3つの理由とは?

  6. ボーディングスクール 高校生留学

    英国式カリキュラムをマレーシアのボーディングスクールで!

  7. マレーシア専門留学エージェント荒木隆事務所

    年末年始のお知らせ

  8. 【マレーシア留学6】大学院生のマレーシア留学