注目の記事 PICK UP!

マレーシア政府公認の Homestay機関 KOPOSIZON(コポジゾン) Homestayに行ってきました

コタキナバル文化体験が可能な文化体験ツアー

GECから車で約1hほどの人里離れた集落 KOPOSIZONエリアにてホームステイが可能なプログラムになります。方角でいうと、以前に紹介させていただいたKlias Riverのツアー(マングローブ探検)が催行されている場所の近くになります。コタキナバルの先住民族は西マレーシアと異なりマレーが主ではなく、ドゥスン族などのボルネオ島先住民族が主となっております。こちらの集落では、先住民族の文化や慣習をホームステイを通じて体験することができ語学力もさることながら異文化理解力の習得も可能になります。集落には村長の家を中心として、四方八方にたくさんのホームステイ宅が点在しておりますので、団体でのツアーも問題なく受け入れ可能となっております。ホームステイ宅もとても大きな家ですので、一軒につき4-5人ほどの滞在が可能となっております。

政府公認のホームステイ機関

既に日本の教育機関はこの存在に気づき始めている

私が取材をさせていただいた当日は、偶然にも東京の某都立女子校の生徒の方々が高等学校の文化プログラムの一貫としてこちらのホームステイ機関が運営する文化イベントに参加をされておりました。生徒の方々は興味津々で、イベントに参加しておりました。学校関係者の方に少しお話しを伺うと宿泊はこちらのホームステイ先ではなく、現地ホテルにて宿泊をし、KIPOSIZONへの訪問は3h程度とのことです。先生方もこちらの集落にて宿泊することにより、何者にも変えられない経験ができると仰っておりましたがなかなか実現ができず残念だと…。教育機関では不可能なことも我々のような民間ではこのようなツアー催行は可能だと考えておりますので、いつの日かツアー催行を目論んでおります。

*伝統料理を挑戦している様子
体験料理教室

集落の周辺環境は

こちらの集落には、みどころ満載の観光名所というものは特にありません。しかしながら、何もないことが皆さんの知恵を働かせ生きる力を身をもって体験するのではないでしょうか。日本で生活をしているとなんでも手に入れることがとても便利な環境が整備されております。日々生活をしている上で、《当たり前》だと感じていたことがこちらの集落に入ることにより《当たり前》ではなく《有難い》ことだとお気づきになるはずです。便利はことは実は不便であったりと根底から価値観を変えることができるのではないでしょうか。

*政府から優秀なホームステイ先として表彰を受けておまります
政府から認証

語学学習に関して

集落の方々は基本的に英語を使ってコミュニケーションをとりますので、言語に関しては全く問題はございません。仮にこちらのホームステイに滞在された場合はGECスタッフが集落までの学校送迎を行いますので、英語学習は通常通りGECのプログラムに沿って参加が可能です、少し通学の時間は1hほどかかりますが、それ以上に経験できることは大きいのではないでしょうか。

文化体験のイベントもしっかり取材させていただいておりますので、ぜひ動画をご覧いただければ幸いでございます。

kuroda

kuroda

株式会社荒木隆事務所 東京事務所スタッフ
留学探検隊の隊員としてマレーシアを始め世界各地の留学をレポート。

関連記事

  1. マレーシア・ペナン島にある語学学校 Light House Academy(ライトハウスアカデミー)…

  2. Global English Centreの周辺環境に関して

  3. KDU大学

    速報!マレーシアKDU大学がオーストラリアのUOWとパートナーシップ提携

  4. ボルネオ島の語学留学 Global English Centre

  5. マレーシア留学_コタキナバルにあるホームステイ先をご紹介!

  6. コタキナバルのサンデーマーケットに関して

  7. 珊瑚礁に囲まれた島「サピ島」に行ってきました

  8. H.I.S

    4/13(土)マレーシア夏休み留学説明会in新宿

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。