注目の記事 PICK UP!

海外生活中の日本語や日本の学校の勉強について

海外生活中の日本語学習

英語だけでなく日本語の学習も大切

家族揃っての海外赴任や教育言語を変えることを望んで親子留学する子どもたちにとって、海外生活を始めた当初はその国の言語(多くは英語)に慣れるのが大変です。海外のインターナショナルスクールでの生活や、例え日本人学校に通ったとしても現地生活をおくるのには、今まで触れたこともない言語を話さなくてはいけないのですから。

学校でのESLクラスや放課後の英語塾、英語の家庭教師などを利用して英語学習に多くの時間を費やして日本語学習や日本式の教科学習まで手が回らない子どもがほとんどではないでしょうか?しかしながら海外生活をする日本人の子どもたちにとって、英語やその国の言語を学ぶのと同じくらい大切なことは、しっかりとしたカリキュラムに沿って日本語(国語)や日本の学習教科を学ぶことなのです。

日本語の学習をする理由

理由は2つあります。ひとつ目の理由は、帰国子女として日本の学校へ編入する際に求められる学力です。 最近では国際学部などが新設され、海外からの帰国子女受入れに積極的が学校が増えてきました。しかしいくら帰国子女枠での編入と言えども、日本の学習教科である国語や算数のテストを課す学校が大半を占めます。国際バカロレアなどのカリキュラムを採用し、通常授業もほとんどが英語で行われるような学部・学科のある学校でもある程度のちゃんとした日本語能力を求められるのです。特に私立中学などでは、海外生活時に習得した英語能力よりも国語や算数の学力を求める傾向が強いです。

ですから、ある一定の期間を過ぎれば帰国することが決まっている海外駐在員のお子さまは元より、ずっと海外生活を続けるつもりで親子留学しているお子さまであっても、基本的な日本語学習や日本の教科学習は必須なのです。どのような理由で突然帰国しなければならなくなるかは分からないですし、英語オンリーの学習では日本国内で希望するような学校へ編入することが難しくなるのですから。

2つ目の理由は、バイリンガル・トリリンガルを目指す日本人として母国語の確定です。複数の言語を話せることができても、日本人の母国語である日本語に関しては正しく話せて・読めて・書けなくては全ての言語が中途半端な状態に陥ってしまうということです。これでは何のために母国語以外の言語を習得したのか分からなくなってしまいます。 またこれは日本語又は国語だけに留まるのではなく、日本人として日本語で最低限の算数や理科・社会などの理解がなくては 英語を堪能に話せる日本人ではなく、日本語も英語も中途半端な国籍不明人になってしまいます。幼少期から海外生活をおくっている日本人には意外と多いケースなのです。

海外で日本語を学習するには

では海外生活をおくり、日本語以外の言語で学習をしている子どもたちは一体どうすれば良いのでしょうか?
弊社におきましては2016年9月より台湾小学館有限公司が運営する海外在住日本人子女向けの通信教育教材《ドラゼミ グローバル》のマレーシア・シンガポールエリア正規代理店をさせて頂いております。《ドラゼミ グローバル》とは、世界中のどこからでもインターネットを通じて日本国内と同じ授業を受けることができる サービスで、インターネットを通じてテキストをダウンロードしていただき、ダウンロード動画を通じ授業を受けて頂くサービスです。毎月の添削テストはメール又はFAXを利用するので、地球の裏側にいてもお待たせしないシステムになっています。

ドラゼミグローバル

受講プランは年間受講と3ヶ月受講プランを選ぶことが可能で、どちらのプランも入会金は0円です。さらにお申込時に弊社代理店コードを入力して頂くと、正規受講料金から5%引の受講料でお申込頂けるのです。お申込ご希望の方はメールにて弊社までご連絡頂けましたら代理店コードを返信させて頂きますので、ドラゼミ・グローバルホームページの受講申込ページより代理店コード【AT511613】を入力の上、お申込ください。

関連記事

  1. 夏休み短期留学説明会

    最後のチャンス!夏休み短期留学説明会

  2. Skype相談

    Skypeでのマレーシア留学無料相談サービス開始

  3. マレーシアの保険

    マレーシアの保険について

  4. 留学相談会

    11月のマレーシア留学無料個別相談会

  5. 留学費用診断シート

    留学費用診断シートで具体的な費用を試算しませんか?

  6. マレーシア専門留学エージェント荒木隆事務所

    LINE@はじめました。