注目の記事 PICK UP!

アイルランド留学ってどんな感じ?Vol.1 渡航編

アイルランド 石畳

アイルランドってどこにある?

アイルランド、またはアイルランド共和国(-きょうわこく)は、北西ヨーロッパ、北大西洋のアイルランド島の大部分を領土とする立憲共和制国家。首都はダブリン。島の北東部はイギリスのカントリーの一つである北アイルランドと接している。 独立前より北アイルランドも自国の領土であると主張し、イギリスとの対立と抗争を繰り返してきたが、1998年のベルファスト合意により領有権を放棄した。
アイルランド 地図

イギリスとの関係

現代のアイルランドとイギリス
オリバー・クロムウェルの侵略以降、民族や領域としての自治が剥奪され、イギリスが最初に支配した植民地となった。プロテスタントによるカトリック教徒への迫害があり、また植民地政策で工業化は遅れた。土地政策はイングランドのアイルランド支配にとって重要でしばしば深刻な影響をあたえた。
経済基盤は弱く大規模地主による小作農を使役した商品作物栽培という典型的な植民地型農業であり、アイルランド人の2/3は農業に従事していた。さらに羊毛のための囲い込み政策が追い討ちをかけ、これは1800年代前半に相次いで発生したジャガイモ飢饉という惨事として現われた。市場において高く売買される農作物がイングランドに大量に移送される一方でアイルランドからは食物が枯渇し、不作に見舞われた小作農の大量餓死が発生したため社会問題となった。飢餓や貧困から逃れるために、生き残った多くのアイルランド人もアメリカ合衆国へと移住することになる。これによって1840年は800万人を数えた人口は1911年に440万人にまで減少し、アイルランド語を話す人口も激減した。これ以降もアイルランドの総人口は回復しておらず、現在に至るまで最盛期には遠く及ばない。 ジャガイモ飢饉はイングランドにとっても深刻な社会問題として衝撃をもって受け止められ、公共事業支援や食糧援助などが実施されたものの、貧困からくるアメリカへの移住など住民の離散を防ぐことは困難であった。イギリスで1840年代に沸騰していた鉄道バブルはこれにより崩壊した。マルクスは資本論の叙述でこの惨事について言及した。この時期に受けた困難はアメリカに移住したアイルランド人の原点となり、のちのアイルランド独立闘争のさいにしばしば言及された。また(帝国主義的植民地)経済システムが現実の災害をもたらした顕著な例として経済学や政治社会学でしばしば論じられた。 1919年から1922年のアイルランド独立戦争では休戦協定が結ばれ英愛条約が締結された。アイルランド自由国が成立して独立戦争は終結したが、イギリス連邦下であることにも不満を抱く者はアイルランド内戦を起こした。 このように歴史的にイギリス(イングランド)への植民地支配の恨みが強く、今でも一部の住民の間では反英感情が強い。例えば第二次世界大戦の際には全ての英連邦諸国は対日参戦していたのに対してアイルランドはイギリスのチャーチル首相の対日参戦要求を拒否し、大英帝国戦艦のプリンス・オブ・ウェールズやレパルスが日本軍に撃沈されたニュースを聞くと、むしろ歓喜に満ちていた。また、元インド総督のルイス・マウントバッテンは、アイルランド国内でボートに乗っている際にIRA暫定派によって仕掛けられた爆弾で暗殺されている。しかし、イギリスはアイルランド共和国にとって無視できない存在であり、経済的および人的交流は古くから盛んである。北アイルランドではアイルランド帰属を求めてテロ行為を繰り返すIRA暫定派などナショナリストとユニオニストとの紛争が起こっていたが、和平プロセスが進んでいる。アイルランド共和国は一部日本で誤解されているようなテロ行為の舞台[要出典]とはなっておらず、北アイルランド和平が現実に近づくにつれ、さまざまな分野での南北の交流が広がっている。 1997年にトニー・ブレア首相が100万の餓死者・100万の移民を出した1845年から1849年のジャガイモ大飢饉について「今日それを反省してみるにつけ苦痛をもたらすものであった」とコメントした。1998年には北アイルランド和平合意が成立した。殺し合いに嫌気がさした事、南の経済発展にあせりを感じた事が契機となる。しかし強硬派が納得せず失敗しさらに10年が経過する。2005年、イギリス在郷軍人会アイルランド支部主催の第1次大戦戦没者追悼行事にアイルランド大統領が出席。アイルランド人兵士の名誉回復と追悼を訴えた。彼らはアイルランド自治獲得促進の意志をもって参戦したのにそれまではイギリスへの協力者と非難されてきた。2007年2月、クローク・パーク競技場でのラグビー・シックス・ネイションズの試合、アイルランド対イングランド戦が平穏に行われる。イギリス国歌の演奏に当たりアイルランド側から一つのブーイングもなく、イギリスとアイルランドの歴史的和解の象徴となった。この競技場は1920年の独立戦争のときイギリス軍がゲーリックフットボール観戦中のアイルランド人を虐殺した場所で反英闘争の聖地であった。アイルランドは伝統的に反英感情が強いものの、イギリスの公用語である英語を使用しており、英語留学先として人気がある。
~引用 wikipedia~

日本からアイルランドまでの渡航方法

■アイルランドへのフライトはヨーロッパでの乗り換えが一般的
日本~アイルランド間は直行便がなく、ロンドンやアムステルダムなどでの乗り換えが一般的です。ロンドン乗り換えであれば12時間+ロンドン~アイルランド間の1時間30分程度。アムステルダム乗り換えであれば12時間+1時間40分程度になります。

日本からの直行便
日本発ダブリン行きの直行便を運行している航空会社はありません
ダブリン行きの飛行機があるその他の航空会社

ブリティッシュ・エアウェイズ・エティハド航空・スイスインターナショナルエアラインズ・ルフトハンザ ドイツ・KLMオランダ航空・アエロフロート (ロシア航空)・キャセイパシフィック・デルタ・スカンジナビア(SAS)・エミレーツ・日本航空(JAL)・イベリア航空・ユナイテッド航空・全日空 (ANA)・エチオピア航空・
エールフランス・アメリカン航空・海南航空・エアカナダ・カタ-ル航空・S7航空・フィンエアー (フィンランド航空)・ターキッシュ エアラインズ(トルコ航空)

有名なパブ

航空券を探す

下記のサイトから航空券の検索が可能です。ご自分が出発する空港・渡航時期などを入力して検索してください。

航空券

日本とアイルランドの時差はどれくらい?

日本との時差は9時間です。日本の方が9時間進んでいるため、アイルランドの2PMは日本の11PMということになります。そのため9時〜18時というビジネスアワーが全く被らないため、日本の会社などに連絡する際は深夜まで起きていたり、早朝に起きるということが必要になります。アイルランドではサマータイムという期間があります。その期間だけは時差が8時間になります。サマータイムは3月最終日曜日1AMから10月最終日曜日の1AMまでとなります。

日本とアイルランド(ダブリン)の時差は、足し算や引き算で簡単に計算することができます。標準時と夏時間では1時間異なります。
標準時の計算
日本が午前10時の場合:10 – 9 = 1 と引き算する。日本が10時のときアイルランドは1時。
日本が午後20時の場合:20 – 9 = 11 と引き算する。日本が20時のときアイルランドは11時。
日本が深夜0時の場合:0 – 9 = -9 と引き算して、さらに24から引く。日本が0時のときアイルランドは、前日の15時。

夏時間(サマータイム期間)の計算
日本が午前10時の場合:10 – 8 = 2 と引き算する。日本が10時のときアイルランドは2時。
日本が午後20時の場合:20 – 8 = 12 と引き算する。日本が20時のときアイルランドは12時。

有名なパブ

留学コンサルティングご希望の方へ

真剣にアイルランド留学を検討されている方には、2011年より1000人以上の留学コンサルティング実績を持つ《留学コンサルタント 荒木隆》が、Skype又はお電話にて無料個別留学コンサルティングをさせて頂きます。まずは下記のフォームよりお問合せください。


海外留学情報YouTubeチャンネル《TIP TOP CHANNEL》

弊社が運営する海外留学情報YouTubeチャンネル《TIP TOP CHANNEL》では、実際に現地へ赴き、最新の留学情報を動画配信しておりますので、是非ともご視聴ください。またYouTube動画が気に入って頂けた場合は【YouTubeチャンネル チャンネル登録】をよろしくお願い致します。

荒木 隆

荒木 隆

株式会社荒木隆事務所 代表取締役
北海学園大学経営学部外部講師
留学コンサルタント

真剣に留学を検討されている方にはメール・電話・スカイプなどで個別留学コンサルティングもいたします。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。