注目の記事 PICK UP!

マレーシア語学留学を長期留学にする3つの理由とは?

マレーシア留学

マレーシアに語学留学をしたいと検討をしている人に、特に長期留学にするとメリットを得られる3つの理由を紹介します。第一の理由は、マレーシアは英語が生活にもビジネスにも必須の国だからです。第二の理由は、マレーシアの語学指導の内容が優れていて、品質が高い英会話教育を受けられること。第三の理由に挙げられるのは、欧米の大学に編入ができて欧米大学卒業資格を得られる点です。

英語はコミュニケーションに必須の国

マレーシアの歴史と文化には、英語と密接に結びついている背景があります。その昔、マレーシアはイギリスの植民地だった時代があるので、英語がコミュニケーション手段になっていたのです。もともと英会話教育が盛んなマレーシアなので語学留学先として選ぶのにも最適な環境が整っています。マレーシアの独立と成立は1963年なので、2016年には50歳以上の世代はイギリス領の時代に英語教育を受けていたことになります。そのため、マレーシアの家庭の言語や経済活動の共通語では、英語が今も主流になっています。

マレーシアの語学学校の授業の指導内容は、歴史的背景から品質も高いと定評があります。これは、普段の生活やビジネスのシーンで英会話が公用語になっているからです。もちろん、マレーシアの母国語のマレー語や移民が多い中国語も使われる機会が多いです。しかし、他民族が住んで経済活動も盛んなので、経済活動のビジネスの場面では英語が公用語に選ばれています。

また、マレーシアの語学学校では、世界各地からの留学生とコミュニケーションをするのに英語を使用します。世界のどの国から語学留学をしていても、マレーシアの語学学校では、授業中の英語以外の言語は使用禁止になるほどに厳しいです。これは、英語力をアップするために、マレーシアの語学学校に長期語学留学をするメリットにもなっています。多国籍民族が語学留学や移民、ビジネスで滞在するマレーシアならではの英会話の品質を高めるための授業のこだわりがここにあります。

さらに、マレーシアの高い語学教育に長期留学希望の親子も多いです。また、各国の駐在員や仕事の関係でマレーシアに滞在する赴任者も多く、マレーシアは日常的に多国籍民族を受け入れている国なのです。多くの海外からの赴任者や語学留学生も、マレーシアでは生活にもビジネスにも英語が必須の国になっているので渡航をします。

品質の良いマレーシアの語学学校の授業と指導内容

英語教育にこだわったマレーシア人として教育を受けた教師の授業内容は、品質が良い指導になって現れています。また、マレーシアの語学学校に長期留学をして、そのままマレーシアで教師として就職をする世界各国からの留学生もいます。また、イギリスやアメリカやカナダという英語圏のネイティブがマレーシアの語学学校の教師として採用されるケースも多いです。このため、マレーシアの語学留学を長期的に行うと、本物の英語の発音を学べて、さらに英会話の品質を高めることができるのです。こちらでは、国際バカロレアのディプロマやケンブリッジ式のAレベルの学習ができるのもメリットです。さらに、海外からの語学留学生には、英語力の向上のためのESLコースのサポート体制も魅力です。

また、マレーシアの語学学校の本校は、イギリスやアメリカにカナダの英語圏にあるケースが多いです。そのため、授業はイギリス式やアメリカ式にカナダ式という指導内容になります。カリキュラムやプログラムと試験は、本校の授業計画や教材に沿って行うことも多いです。マレーシアの英語教育が優れている点は、マレーシアに語学留学の長期留学を行うことで、英語圏に語学留学をしているのと同様の内容を学べる点なのです。

マレーシアで語学留学を長期留学にするメリットは、マレーシアの英語学習の品質の高さとコスパの良さです。アメリカやイギリスに長期語学留学をするパターンに比べて、マレーシアに長期留学をすると総額の費用が安く抑えることができるのです。これは、学費の授業料や諸経費、滞在費用に生活費のすべてにあてはまります。また、大学提携のツイニングプログラムやADPを実施すると卒業はマレーシアではなく、アメリカやイギリスの大学の卒業資格を得られます。

マレーシアで長期語学留学をして高等学校卒業の大学入学資格取得までの教育は、世界的に定評があります。教える教師やコスパや施設の充実が背景にあるからです。そして、英語圏の大学の卒業資格はいまだにヨーロッパやアメリカ大陸の資格が国際的に優遇されるネームバリューを持っています。しかし、マレーシアの初等・中等・高等・大学2年間の基本教育の一般教養科目の履修は、国際的にも定評があります。

マレーシアの大学から欧米の大学に編入して卒業資格を得るメリット!

マレーシアの語学留学を長期留学にするメリットは、英語圏にある本校に編入する仕組みがあることです。これは、イギリスとオーストラリアの学校と提携しているパターンでは、ツイニングプログラムと呼ばれています。提携先に編入をしても、学士過程を取得するための勉強の履修はマレーシアでそのまま語学留学を行えます。マレーシアの大学やカレッジでツイニングプログラムを学んでも、提携をしているので、卒業資格はイギリスやオーストラリアの大学から取得できます。

アメリカやカナダと提携しているのが米国大学編入プログラムのADPと呼ばれているシステムです。こちらでは2年間の長期の語学留学はマレーシアで実施して規定単位を取得します。そのあとはアメリカやカナダの大学に編入をするプログラムです。米国大学編入プログラムADPの利点は、通常の入学コースでアメリカの大学の入試を受けるよりもメリットがあります。それは、アメリカの大学の入学条件のTOEFL550点の目安が緩和される点です。米国大学編入プログラムADPでは、TOEFLがこちらの点に到達していない状態でも編入可能です。

ただし、大学の附属の語学学校で英会話の語学力を上げて編入プログラムにチャレンジすると、そのあとの進学や就職の進路の際に高い語学力を発揮することができます。マレーシアには、大学の附属の語学学校で語学コースを受けると大学に入学や編入できるシステムがあります。大学の附属の語学学校の英語コースは短期間なので、これだけだと短期留学になります。しかし、そのあともマレーシアの大学に入学や編入目的で履修をするのなら、マレーシアの語学留学は長期留学として続きます。また、日本からマレーシアの大学に入学をして、欧米の大学資格を得るために編入を利用する場合は、英語の語学力の評価が入学判断基準になります。

そのため、マレーシアの語学学校にプライマリー・セカンダリーから入学をして、そのまま中学卒業資格や大学入学資格を得て、日本に帰国する選択肢よりもマレーシアに長期留学をする方が良いでしょう。マレーシアのインターナショナルスクールで学んだ英語力や英語教育に慣れたまま、マレーシアの大学に入学をして、最終的には提携先のアメリカやオーストラリア、カナダにイギリスの大学を卒業するのです。編入する際にも語学力や国際適応能力があるので有利に働きます。また、インターナショナルスクール時から、マレーシアの語学学校に長期留学をしていると、国際社会の英語教育における学歴や英語スコアの証明が可能になるのでメリットになるのです。

マレーシア語学留学のポイント

マレーシア語学留学のメリットは、国際的に認められた英語教育のマレーシア学歴+編入欧米セットにできることです。このため、マレーシアの語学留学を初等教育から長期留学にするとメリットを得られます。

関連記事

  1. 親子留学

    プリンスオブウェールズ・プライマリー視察ツアー

  2. マレーシア留学

    マレーシア留学説明会(名古屋)

  3. マレーシア親子留学

    【速報】プリンスオブウェールズ(プライマリー)オフィシャルエージェント契約に合意

  4. マレーシア冬休み短期留学

    マレーシア・ペナン冬休み短期留学プログラム

  5. マレーシア・ペナン学生寮

    マレーシア・ペナンに学生寮オープン!

  6. 【重要】各種留学サポート手数料を無料化しました

  7. 大学短期留学

    大学短期留学プログラム【KDUカレッジ】

  8. マレーシア留学

    マレーシア語学留学の長期留学先はどの地域から選ぶ?!

留学サポート手数料無料化
留学・移住 無料個別相談会 東京&大阪会場 予約受付中
エプソムカレッジ 国内入試 受験者募集

人気記事

Facebook