注目の記事 PICK UP!

Fairview International School 留学生インタビュー(ハナさん編)

マレーシア留学 高校生

海外留学をするタイミングを悩んでいる人へ

こんにちは、海外留学コンサルタント 荒木隆です。海外留学へ行こうとは思うのだけどいったいどのタイミングで行けばよいのか分からないという人は多いのではないでしょうか?「海外で教育を受ける」ということは教育言語が英語やその他の言語に変わるということですから、無理なく言語習得ができる年代が良いわけです。

一般的に英語習得に適した年齢というのは6歳になるまでと言われています。これは6歳付近を境に、日本語にはない英語特有の高波長域が聞き取れる聴力が失われるからです。しかし現実的な話を考えると《6歳》と言えば日本では小学校の1年生か2年生なわけで、まだ日本の教育が合ってるのかとか、中学・高校・大学進学を見据えた行動をと言われても難しいものがありますよね。私が留学コンサルティングをさせて頂いて留学サポートをするのは平均的に小学校4年生から中学生くらいが多いような気がします。

親子留学なのか単身留学なのか?

海外留学へ行くタイミングについては上に書いた通りですが、では今度は海外留学へ行くのに親子留学にすべきか、それとも単身留学か?という選択が待っています。海外の学校、特にイギリス系の学校などは10歳になったらボーディングスクール(寄宿舎)に入って学校生活を過ごすこと珍しくありません。みなさんが良く知っている話で言えば、映画ハリーポッターを想像して頂けたらと思います。

遠く親元を離れてボーディングスクールに入り、早期から親離れをして育っていくのです。このようなスタイルを取れば、日本の学年で言えば小学校4年生くらいからであれば、単身で海外留学することが可能です。実際にそのようなスタイルを取って海外留学する人も多いですが、私個人的な意見を言えば日本人であれば、やはり中学生くらいまでは親子留学のスタイルを取るのがベストだと思います。理由としては、海外の子供たちと違い日本人の場合は英語を話せない子たちがほとんどですから、いきなりボーディングスクールに入れられて、ただでさえ生活環境に慣れることが大変なのに、そこに合わせて言語の壁があるとプレッシャーに押しつぶされてしまうことが多いからです。幼少期から単身でたくましい教育を受けるプログラムも素敵ではありますが、私たち日本人にとっては日本人特有のベストなタイミングがあるのかも知れませんね。

インターナショナルスクール留学をもっと知る

























留学コンサルティング希望の方へ

留学コンサルタント
真剣に海外留学を検討されている方には、2011年より1000人以上の留学コンサルティング経験を持つ《留学コンサルタント 荒木隆》が、メール・お電話・スカイプなどで個別留学コンサルティングをさせて頂きます。まずは個別留学コンサルティングお問い合わせまでご連絡ください。ご連絡頂いたあと、必要がある場合に限り下記の当社オフィスにて対面で個別留学コンサルティングを行うことも可能です。

《東京事務所》
東京都港区六本木4-8-7 六本木嶋田ビル5F

《大阪事務所》
大阪府守口市寺内町1-10-11 モリビル寺内町103

今回は日本で高校1年生まで進学し、その後冬休みを挟んでマレーシアへ留学したハナさんのインタビュー動画を弊社が運営する海外留学情報YouTubeチャンネル《TIP TOP CHANNEL》で配信しています。弊社スタッフが現地へ赴き、最新でリアルな留学情報を発信しておりますので、是非ともご視聴ください。また、YouTube動画を気に入って頂けた場合、【YouTubeチャンネル チャンネル登録】をよろしくお願いします。

荒木 隆

荒木 隆

株式会社荒木隆事務所 代表取締役
真剣に留学を検討されている方にはメール・電話・スカイプなどで個別留学コンサルティングもいたします。

関連記事

  1. マレーシア大学留学 ヘルプ大学

    HELP大学 留学生担当者インタビュー(ナタリーさん)

  2. マレーシア夏休み短期留学

    夏休み短期留学体験記[ペナン編]

  3. マレーシア夏休み短期留学

    夏休み短期留学体験記[ジョホールバル編Vol.3]

  4. 横田あきこ

    【留学経験者に聞く】シリーズVol.1 《横田あきこさん》

  5. 夏休み 短期留学

    サマースクール体験記<UCSI>

  6. prince of wales iland school

    ペナンNo.1のスクール プリンスオブウェールズ・プライマリー開校

  7. ニューキャッスル大学

    ニューカッスル大学マレーシア校について

  8. APU_samneil

    アジアパシフィック大学 現地担当者インタビュー