注目の記事 PICK UP!

シンガポールの教育環境

シンガポールの教育環境

留学生の受け入れに積極的なシンガポールの教育環境

発展が著しいアジア地域の中にあって、今とても勢いのあるシンガポールは、活発な経済のみならず高い教育レベルを誇るアジア屈指の教育大国として世界から注目されている国です。

この国は多民族国家ということもあって、中華系、マレー系、インド系などアジアを中心とした多様な民族がうまく融合しながら生活しているため、日本にいてはなかなか経験できない様々な文化や宗教観、価値観に、直接触れながら、世界の多様性をリアルに感じることができるという大きな魅力があります。

街がとても清潔なことでも有名なシンガポールは、衛生観念の高い日本人にとっては暮らしやすくて治安も良いので、普通に生活を送っていても十分安全で快適な生活を送ることができます。

世界でもトップクラスの教育レベル

シンガポールは、もとはイギリスの植民地だったという経緯があるため、教育制度の在り方もイギリスで用いられている制度に準ずるものが数多くあります。また、シンガポール独自の教育システムも充実しており、国全体の教育水準がとても高いというのが大きな魅力でもあります。公用語としての英語のみならず、第二外国語として中国語を実践的に学ぶチャンスもあり、現代に求められているグローバル人材の育成をするのにも非常に良い環境として、将来有望な若者達が世界から集まってきています。

シンガポール英語

シンガポールで使われている英語には、独特の訛りがあることでも知られていて、ネイティブ英語をずっと勉強してきた人にとって違和感を覚えることもあるかもしれません。しかし、英語圏以外の人が英語を巧みに使いこなすというこの環境こそが、これからのグローバル社会の中で生きていくにあたって、本当の意味で使える英語力を身につけるために必要な要素とも言えるでしょう。なぜならば、実際に世界のビジネスで取引する相手は、英語が母国語の人ではないことの方がむしろ多い可能性があるからです。

第二外国語として英語を使うノンネイティブ者同士のビジネスコミュニケーションは、ネイティブ英会話のようにはならないことが多く、より一層の配慮が必要になる場合も少なくありません。しかし、それができてしまえば、ネイティブとのコミュニケーションも楽に行えるようになっていることが多いので、総合的なグローバル力を高めるには近道になると言えるでしょう。また、お互いネイティブでないからこそ間違いを恐れず思い切って英語を使いやすいというメリットもあります。そのような経験は、教科書通りの会話ばかりを気にしてしまう意識を大きく変えて、本当の意味で英語を道具として使うということを理解するきっかけにもなるでしょう。

シンガポールで教育を受けるメリット

シンガポールで教育を受けるメリットとしては、やはり多様性を肌で感じながらグローバルな感性を磨くことができるという点があります。多様性の理解という言葉は日本にいてもよく耳にするようにはなりましたが、本当の意味での多様性を教えることができているとはまだまだ言い難いのが日本の教育環境のおかれている実情ではないでしょうか。

この点は日本人の国民性も要因のひとつとなっているかもしれませんが、日本はどちらかと言うと全体主義的な考え方がまだ多く、宗教や価値観だけでなく、外国人そのものに対する意識も含め、人との違いを認めることが難しいと感じられる要素を随所に見ることができます。

もちろん日本の文化や価値観にも世界に誇れる美しい部分がありますが、将来グローバル社会で力を発揮したいと考えているのであれば、シンガポールのように多様な民族が数多く集まっていることが当たり前の環境へ身を置いて、ある種のカルチャーショックを受ける必要があると言えるでしょう。

そのようにして、多様性という言葉の本当の意味を実体験から理解し、これからますますグローバル化していく世界において、お互いの違いを尊重しながらひとつの仕事を協力していけるような人材として成長することができるのは大きなメリットです。

シンガポールのインターナショナルスクール

シンガポールのインターナショナルスクールでは、日本で言うところの小学生から高校生まで通うことが可能です。シンガポール国籍を持つ子どもは原則としてインターナショナルスクールに通うことはできず、スクールで出会うのは全て他の国から来た留学生ばかりなので、クラスメイトも多国籍です。

アジアは全体的に物価が安いとうイメージがありますが、シンガポールの場合、学費や物価に関しては突出して安いというわけではなく、インターナショナルスクールの年間にかかる学費は、日本のインターナショナルスクールと同じぐらいの費用がかかると考えておいた方が良いでしょう。しかし、日本から欧米諸国への留学にかかる費用全体と比較すれば、シンガポールの方が安いでしょう。

この国で過ごす毎日は、全体主義的な傾向がまだまだ強い環境下で育ってきた日本の子ども達にとって、現地でしか経験できない驚きの連続かもしれません。日本では同じ給食を一斉に食べるのが当たり前ですが、インターナショナルスクールでは宗教上の理由で肉を食べない子や菜食主義者などが普通に共存しています。

自分と他者が違うという現実は、知識として理解することは簡単かもしれませんが、その状況を実際に目の当たりにしてからそれまでの自分の頭の中での常識を塗り替えるまでに、少しの時間がかかるかもしれません。そのような環境の中で生活をすることによって、改めて日本人としての自覚や他国との違いを現実のものとして理解するきっかけになることでしょう。そういう意味でも、柔軟性のある若いうちから多様な価値観に触れることは、人を違いで偏り見てしまいがちな傾向を改めて、高い国際感覚を身につける助けとなることでしょう。

親子留学(母子留学)しやすい制度が充実

シンガポールでは16歳未満の子どもが学生ビザを取得する場合、保護者も長期滞在ビザが取得できますが、認められるのは母親のみで、父子での留学は認められていません。このシステムがあるので、親子留学のために日本からはもちろんアジア周辺諸国などからも多くの親子が訪れています。そのため、受け入れる各スクール側も外国人の扱いにはとても慣れているということもあって、親も安心して子どもを通わせることができます。

また、近年では欧米人の教師も増えているため、ネイティブ英語に触れる機会も数多くあります。スクールとのやりとりなどは、親も全て英語で行うので、それに対応できるだけの英語力を持っておく必要がありますが、それが難しいようであれば日本の留学専門エージェントを活用するなどで対応していきます。

留学生の受け入れは、年齢を問わず国をあげて積極的に行っているので、幼稚園をはじめ現地の公立校でも入学をすることは可能です。入学する年齢によっては、留学生向けの試験を通過する必要がありますが、求められる英語力のハードルはかなり高いものになるため、確実に現地の公立校へ入学させたいのであれば、試験のない小学校1年生からの入学を目指すことがポイントになります。ただし、シンガポールの公立校で行われる授業はかなりハイレベルなので、それなりの覚悟と努力が必要になります。

シンガポールでは、スポーツから文化系まで日本と同様に様々な習い事が数多くあるので、親子共に英語以外の分野においても様々なチャレンジができるため、毎日とても充実した留学生活を送ることができるでしょう。幼稚園生や小学生などの小さい子どもを長期間単独留学させることは難しいかもしれませんが、親子で行くことができるとなると、子どもも安心して現地での暮らしを楽しみながら、シンガポールで学ぶというメリットを十分に受けることができるのが大きな魅力でもあります。

気をつけなくてはならないのは、英語教育に熱心になるあまり、子どもの学習面の教育ばかりに特化してしまうことです。グローバルな人材に英語は必須であることは確かですが、人間的な成長に心を留めて子どもを教育していくのも親の大切な務めです。国は違っても同じ人間同士のコミュニケーションなので、人として好まれる要素を持っていることも大切なのです。

高校生のシンガポール留学

シンガポールは国全体で教育に対する意識が高く、アジアでも最高レベルの教育水準を誇るだけあって、学校としてもなるべく優秀な学生を集めたいと考えています。そのため、高校生が日本からシンガポール留学をして、現地校やインターナショナルスクールで高いレベルの教育を受けるには、英語で全ての教科の授業についていけるだけの能力は最低限必要で、日本の学校でも全般に高いレベルの成績を持っている必要があります。

英語を勉強することを主な目的とした留学には適していませんが、進学への高い目標を持って学びたい高校生にとっては、日本にいるよりも勉強に集中しやすい環境なので、可能であればできるだけ早い段階から現地で学べることが理想です。

アジア最高レベルの大学教育

シンガポールは、幼い頃から徹底してレベルの振り分けを行っている超学歴社会で、国内にある大学のレベルも高く、海外の有名大学の分校も数多くあります。なかでもシンガポール国立大学は、アジアの中でトップを誇る非常にレベルの高い大学で、留学生の受け入れにとても積極的ですが、激しい教育競争の中で育ってきた現地の人でもエリートのみが入れるほどのレベルです。

シンガポール国立大学

海外から多くの優秀な学生が集まる理由のひとつとして、卒業後3年間シンガポールで就労するという条件で学費を大幅に減免する「Tuition Grant」という制度があります。大学の学費は、シンガポール国民、永住者、外国人で金額が違いますが、この制度の対象校に入学した外国人は、申請さえすれば誰でもこの制度を活用することができます。

シンガポールの教育環境から見えてくるもの

シンガポールにおいて、幼い子どもの頃から社会人になるまでの環境で一貫して感じることができるのは、やはり教育に対する意識の高さです。留学生がそのような環境下に身を置くことによって、個々の中での意識や実際のレベルは底上げされ、さらなる努力によって持っている能力が最大限に引き出される結果へと導かれていくことでしょう。

問い合わせ先

関連記事

  1. シンガポール留学

    シンガポールでのワーキングホリデー

  2. シンガポールの物価

    シンガポールの物価

  3. シンガポールの住環境

    シンガポールの住環境

  4. シンガポールの現地生活

  5. シンガポールの留学

    シンガポールの留学教育環境