注目の記事 PICK UP!

世界の子供たちに文房具を届ける『ENPITSU』プロジェクト

みなさんこんにちは、留学コンサルタントの荒木隆です。私は職業柄、毎年何百人の日本人を海外の留学先へ送り出しています。マレーシアを始め、さまざまな留学先の国があるのですが、欧米各国はさておき東南アジアの地域においては、日本人の子供たちが留学生として現地で学んでいるにも関わらず、現地の子供たちは経済的な理由やさまざまな理由で満足な教育を受けることができていない国が数多くあります。

そのような状況にある場所の一つが、南国フィリピンのセブ島北部に浮かぶ《バンタヤン島》。この島の南東沿岸部に位置するサンタフェという街に《ハグダン小学校》があり、2013年11月ヨランダ台風が直撃しこの学校も大きなダメージを受けました。被害当時は教室の代わりにテントを張って授業を行っており、台風被害から3年後の2016年にようやく新しい校舎が建設されて通常の教育環境を取り戻したのですが、生徒の中には貧しくて文房具などを十分に揃えることができない子供たちも少なくないのです。このような状況の中で不思議なご縁があり、この学校で教鞭をとる《Mrs.Guendolyn G 先生》から、この《ハグダン小学校の子供たちが勉強できる環境を作るために何とか力を貸してもらえないか?》というSOSのオファーが私たちのもとへ来ました。

具体的には鉛筆・ペン・消しゴム・ノート・定規・色鉛筆・クレヨン・バッグ・上履き・スリッパなど、日本で不要になった物資があれば送って欲しいとのリクエストです。

近年、世界で声高に叫ばれている《SDGs》

《SDGs》とは、世界が2016年から2030年までに達成すべき17の環境や開発に関する国際目標。Sustainable Development Goalsの略称で、日本では「持続可能な開発目標」と訳される。2015年9月の国連持続可能な開発サミットで世界193か国が合意し、2015年に達成期限を迎えたミレニアム開発目標(MDGs:Millennium Development Goals)の後継として採択された。

地球環境や気候変動に配慮しながら、持続可能な暮らしや社会を営むための、世界各国の政府や自治体、非政府組織、非営利団体だけでなく、民間企業や個人などにも共通した目標である。発効は2016年1月。「だれひとり取り残さない」(No one will be left behind.)をスローガンに、「貧困や飢餓の根絶」「質の高い教育の実現」「女性の社会進出の促進」「再生可能エネルギーの利用」「経済成長と、生産的で働きがいのある雇用の確保」「強靭(きょうじん)なインフラ構築と持続可能な産業化・技術革新の促進」「不平等の是正」「気候変動への対策」「海洋資源の保全」「陸域生態系、森林資源の保全」など17の目標と、各目標を実現するための169のターゲットからなる。MDGsが途上国の貧困・飢餓の撲滅や教育の確保に主眼を置いていたのに対し、SDGsはすべての国・地域を対象とし、MDGsの目標に加えて経済危機、気候変動、伝染病、難民や紛争などへの対処に力点を置いている。目標には法的拘束力はなく、達成状況を測る方法も各国に任されている。

日本は2016年(平成28)5月に首相安倍晋三(あべしんぞう)を本部長とするSDGs推進本部を設置し、民間企業や各種団体、消費者とも連携した実施方針を打ち出した。ドイツのベルテルスマン財団がまとめた世界149か国のSDGs達成ランキング(2016年7月時点)によると、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーなどの北欧諸国が上位を占め、日本は18位、アメリカは25位、中国は76位であった。

このような時勢の流れとハグダン小学校からのSOSオファーがあった事を機会に、私たちは《世界の子供たちに文房具を届ける ENPITSUプロジェクト》を発足させたのです。

世界の子供たちへ文房具を届ける ENPITSUプロジェクト

日本には様々な理由で廃棄又は不要になってしまう文房具がたくさんあります。しかし世界には文房具がなくて勉強したくてもできる環境がないこどもたちが多く存在します。

ENPITSUでは、文房具を必要としている世界の子供たちへそれらを寄付し、廃棄文房具の利用価値を広げるエコロジー活動を行います。また世界の子供たちにはENPITSUでの交流を通して、世界には様々な環境の子供たちがいることを知ってもらい、今後広い視野をもって将来へ活かしてもらうために《いま一生懸命勉強に取り組むことの大切さを伝え、周りからの支援協力だけでなく、自分たちで問題解決する力を身につけてもらう》機会を創出することを目的としています。

まだ発足したばかりのプロジェクトですが、《留学コンサルタント 荒木隆》及び《株式会社荒木隆事務所》はこのプロジェクトのガバナーとして全力で取り組んでまいりますので、よろしくお願いします。

荒木 隆

荒木 隆

株式会社荒木隆事務所 代表取締役
真剣に留学を検討されている方にはメール・電話・スカイプなどで個別留学コンサルティングもいたします。

関連記事

  1. ジョン万次郎のふるさとへ行ってきました

  2. 留学エージェントなんて詐欺師ばっかり~まともな留学相談をするための秘訣