注目の記事 PICK UP!

【中学留学3】英ボーディング・スクール留学が世界への扉を開く

マレーシア留学

マレーシアから世界の大学進学への進路の多様性

高校生留学が高い評価と人気を得る中、中学留学は高校生留学のベースを築く大切な時期といわれています。また、早期留学による子どもの脳の柔軟性を活かした中学留学は、環境への適応力の高さに期待が寄せられています。そして、第二言語としての英語習得の早さと正確さは、この時期ならではです。

マレーシアに多く開校した英国式ボーディング・スクールへの単身留学は、手軽さと高度さが見逃せないポイントです。特にマレーシアのこれらのスクールは入学難易度が易しく、日本の公立学校からの進学も可能です。また、金銭価値の違いから、ロー・コストでイギリス留学と同等の教育と英語の履修が可能です。そのため、ボーディング・スクール卒業後は、イギリス連邦諸国の大学進学の道が開かれます。

アジアの教育ハブとしての地位を築きつつあるマレーシア留学の魅力は、これだけではありません。マレーシアの大学には、独自の進学スタイルが数多く存在します。それらは、ボーディング・スクール(Boarding School)卒業後の進路の選択の可能性をさらに充実したものにしてくれるのです。

中学留学1.2に引き続き、中学留学3では、中学留学から英国式ボーディングスクール卒業までと、マレーシアから世界の大学進学の進路の多様性についてご紹介します。

中学留学~ボーディングスクール卒業まで

イギリスの教育制度は、システムの統一性と世界基準の履修内容から、高く評価されています。まず、就学開始年齢が5歳から(日本より1年早い)となっており、その後高校1年修了の16歳までに、日本の高校卒業相当の履修をすべて終えます。そのため、高校生学留学は高校2年を境に、難易度が格段にあがります。したがって、中学留学でそのベースを確立し、先の進学に備えることは大変有効な方法なのです。

英国式カリキュラムでは、日本の高校卒業相当の履修を終えた16歳の生徒は、その後、シックス・フォームと呼ばれる後期中等教育課程に進学します。(これまで紹介してきた英国式ボーディングスクールでは、このシックス・フォーム修了まですべて履修します)シックス・フォームは、日本の大学1~2年次の一般教養課程/短大卒業相当の履修を18ヶ月~2年間で修了し、世界基準の大学進学資格を取得するカリキュラムです。シックス・フォームでは、IGCSE-Aレベル(International General Certificate of Secondary Education, Advanced Level)と呼ばれる英国式の統一試験を受けます。IGCSE-Aレベルは、最高ランクのA*(エースター)に次いでA~Gまで(G以下は落第)の複数段階評価となっています。これは世界の大学進学の際に大変重要な指標となります。A*~Bまでの好成績を収めることができれば、世界上位1%の名門大学への進学が可能になるのです。

これらの高度な履修を英語で理解することは大変困難です。しかし、中学留学でベースを築くことが、高校生留学とその先の進路をスムーズに運ぶことは間違いありません。

マレーシアの大学は世界への架橋

マレーシアは英国式ボーディングスクールの分校誘致だけでなく、海外大学の分校、または、海外大学とマレーシアの大学との提携などにも、積極的に取り組んでいます。中には100校もの欧米大学と提携している大学もあり、その留学先は実に多様です。また、それらの特徴的な大学のプログラムを利用して、マレーシアにいながらにして海外大学の単位所得が取得可能であったり、提携校への留学がスムーズであったりすることから、多くの留学生に好まれています。

また、マレーシアの英国式ボーディングスクールは履修内容がイギリス本国と同等で、世界的に見ても大変高度です。アジアであることのデメリットはなく、好成績をおさめた生徒は、世界の上位1%の最難関大学への進学も可能です。マレーシア留学は、これらの優れた英国式ボーディングスクールによって、世界への最短距離となっているのです。

マレーシアの大学からの進路の多様性

マレーシアの大学には、実に多様性に富んだ海外大学に関係した履修プログラムがあります。これらを例に、マレーシアの大学にいながらにして海外大学の履修と学位を得る、またはそれを経由して更なる大学留学目指す道などをご紹介します。

インター・キャンパス・プログラム

海外大学のマレーシアの分校にあるプログラムです。マレーシアの分校から、海外大学本校へ留学します。これらの大学は、一般のマレーシア私立大学よりも英語力がやや高く求められます。英国式ボーディングスクールからの進学においては、それらの問題は生じません。海外大学本校への留学だけでなく、マレーシアにいながらにして、より高度な海外大学のカリキュラムの履修、学位の所得も可能です。

ロンドン大学インターナショナル・プログラム

ヘルプ大学にあるプログラムです。マレーシアのヘルプ大学での履修で、世界上位1%のイギリス名門ロンドン大学UCLの学位が所得できます。

ツイニング・プログラム

海外大学と提携して、マレーシア国内の履修で、イギリス、オーストラリアなどの欧米諸国にある大学の学位を所得できます。マレーシア国内のみの履修は「3+0」、前半の2年間をマレーシアで、最後の1年間を海外大学で履修する「2+1」、その他「1+2」(後半の2年間を海外大学で)などがあります。

ダブル・ディグリー・プログラム

マレーシアの大学の学位と同時に、海外提携大学の学位が両方(ダブル)取得できます。イギリス、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ニュージーランドなどの大学が提携先となっています。

アメリカン・ディグリー・トランスファー・プログラム

マレーシアの大学で取得した学位をアメリカの大学に移行し、アメリカの大学に編入します。履修期間がアメリカ式の4年間となっています。ツイニング・プログラム、ダブル・ディグリー・プログラムとは違い、提携先が固定されていないので、編入先を自由に選択できます。

イギリス式とは違い、前半の2年間は一般教養課程の履修があります。また、アメリカのIVYリーグへ留学可能なコースもあり、その場合は「1+4」(アメリカで4年間履修)となり、履修期間は5年間です。
※アメリカだけでなく、イギリス、オーストラリア、カナダなども対象となることがあります。

マレーシア英国式ボーディングスクール~世界への自由な旅立ち

このようにマレーシアには、海外大学の分校も多く、英国式ボーディングスクールのマレーシア留学と同様に、マレーシアにいながらにして海外本校と同等の教育と学位の取得が可能となっています。これらの海外大学分校から、本校に留学することで、カリキュラムだけでなく、実際の留学生活を通して、より充実した海外経験を積むことができるのです。また、マレーシアの私立大学には前述の通り、多様な海外大学への留学、転学のプログラムがあります。それらを利用した進路選択の自由度の高さは、マレーシア留学の特徴です。

中学留学3では、英国式ボーディングスクール卒業後の進路の多様性についてご紹介しました。イギリス連邦諸国の大学をはじめとした、世界大学への進学、成績優秀者は世界上位1%の名門大学の進学が約束されています。改めてマレーシアの英国式ボーディングスクール留学の多様な可能性についてご理解いただけたでしょう。

高校生留学のベースを築く中学留学

世界を目指す高校生留学に備える中学留学は、これからますます注目を集めていくでしょう。中学2年生~高校1年生までの限られた時間は、多くの可能性を秘めた大変貴重な時間です。

中学留学は、日本の高校では履修できない16歳から始まる世界レベルの後期中等教育課程シックス・フォームの進学に向けて、確かな英語力と学習のベースを築く上で必要不可欠です。先の進路の可能性は、世界の名門大学から、マレーシアにある海外大学分校、マレーシア私立大学、それらの大学からの本校への留学、提携先の海外大学留学など、実に多様な進路選択が可能です。

マレーシアの英国式ボーディングスクール留学が、世界へ踏み出す小さな一歩を、大きな飛躍に変えてくれます。日本国内では限られてしまう子供の未来が、無限の可能性にエントリーできるのは、マレーシア英国式ボーディングスクールへの中学留学ではないでしょうか。

関連ページ


関連記事

  1. マレーシア留学

    【ボーディングスクール】MAZインターナショナルスクール

  2. 小学留学2 英国式ボーディング

    【小学留学2】英ボーディング・スクール留学が世界への扉を開く

  3. マレーシア留学 EPSOM

    【マレーシア留学】EPSOM COLLEGEの学生寮(ボーディングハウス)

  4. マレーシア留学

    【中学留学1】英ボーディング・スクール留学が世界への扉を開く

  5. マレーシア留学で世界の1%

    【小学留学】英ボーディング・スクール留学が世界への扉を開く

  6. ボーディングスクール 高校生留学

    英国式カリキュラムをマレーシアのボーディングスクールで!

  7. 小学留学3 世界の大学へ

    【小学留学3】英ボーディング・スクール留学が世界への扉を開く

  8. マレーシア留学

    【高校留学】英ボーディング・スクール留学が世界への扉を開く