注目の記事 PICK UP!

夏休み短期留学体験記[ジョホールバル編Vol.4]

マレーシア夏休み短期留学

家族でのマレーシア短期留学体験

今年の夏休みにマレーシアのジョホールバルで主人・娘、そして私の3人で短期留学プログラムに参加させていただきました。

私が娘の留学先にマレーシアを選んだきっかけは、もともと主人も私も旅行好きであったこと、テレビや本で紹介されていた約1万人の年金生活者がマレーシアでロングステイをしていると知ったからです。しかし首都のクアラルンプールや第2の都市ペナンではなく、ジョホールバルを選んだ理由はアメリカやイギリス系列のインターナショナルスクールが新設されていて、シンガポールに隣接する都市であり物価も安いからなのです。それに実際にジョホールバルで母子留学をしていらっしゃるお子様たちにお会いして実際の生活や学校について聞いて見たいと思ったからです。

マレーシア夏休み短期留学

マレーシア夏休み短期留学

またジョホールバル短期留学プログラムは海外留学を初めて体験するには5泊6日で、子供たちにも適切な日程でした。インターナショナルスクール体験以外にも、歓迎食事会を通していろんな地方からいらっしゃった親子の方々と打ち解けて話をする機会も生まれました。

体験3日目に縫製工場でのバデイック体験ではマレーシアの文化を身近に感じることができ、4日目のアングリーバードアクティビティーパークで子供達は思いっきり遊び、同じ学校の子供たちと交流が深められたと思います。

5日目のレゴランドでは家族で夏休みを思いっきり楽しみました。滞在先のコンドミニアムは部屋の設備も充実していて、子供たちは学校から帰ってきたらプールで泳げることをとても楽しみにしていました。もちろん保護者の私たちも楽しむことができますし、ジムやテニス、バトミントンをすることができる施設も完備されていました。

長期滞在型のコンドミニアムですから、タクシーで日系スーパーのイオンへ材料を買い出しに行って、部屋で自炊をすることも可能です。24時間体制でセキュリティの方がいらっしゃって安心して滞在することができましたし、学校への送迎も貸切バスで迎えに来てくれるのでとても安心でした。

マレーシア夏休み短期留学

日本へ帰る最後の日には飛行機までの時間があったので、シンガポール観光も楽しみました。マーライオンパーク、マリーナベイサンズの空中庭園展望台「サンズスカイパーク」、温室植物園の「ガーデンズ・ハイ・ザ・ベイ」にも立ち寄ることができました。時間を上手に使えば、子供たちのインターナショナルスクール体験はもちろん、シンガポール観光までできてしまう本当に充実した留学プログラムでした。次回はクアラルンプールやペナンのスクールにも行ってみたいと思います。

関連記事

  1. 横田あきこ

    【留学経験者に聞く】シリーズVol.1 《横田あきこさん》

  2. ジョーブログ

    ジョーブログ ジョーさんがやってきた!

  3. マレーシア大学留学 ヘルプ大学

    HELP大学 留学生担当者インタビュー(ナタリーさん)

  4. 越境ブラザーズ2

    越境ブラザーズ GDAライブ Vo.2 僕らが考える未来予想図 続編

  5. 越境ブラザーズ 講演会

    越境ブラザーズ 新年講演会 in 名古屋

  6. マレーシア留学体験記 Vol.2

  7. 荒木絵里さんサムネイル

    【海外留学経験者に聞く】シリーズVol.3 《荒木英理さん》

  8. 親子留学

    ジョボールバル親子留学体験記[Vo.1]