珊瑚礁に囲まれた島「サピ島」に行ってきました

市街地から船で10分ほどで行ける好立地

コタキナバルの市街地にあるハーバー ジェッセルトンポイントから出発し、約10分ほどで行ける好立地にサピ島は存在しております。コタキナバルには、マレーシア政府が保護する5つの島からなる海洋公園「トゥンク・アブドゥル・ラーマン国立公園」が存在します。各々の島に特徴があり観光客の好みに合わせて訪れることが可能です。今回は5つの島の中で最も、アクティビティが盛んで一番人気の島 「サピ島」に行ってまいりました。

コタキナバルのシンボル一つ

サピ島とはどんな島

一言で表現するなれば、元気があり人々が活発に活動している島になります。フェリーから降りた瞬間、眼前には海中まで透き通った海や程よく観光客が集まり寂しい感じが全くありません。こちらのサピ島 ダイビングをされる方やアクティビティを存分に楽しみたい方には本当にオススメです。ダイビング初心者の方も安心してできるように多種多様な海が自然のままに存在しており、ビギナーでも経験者でも問題ありません。

当日のたくさんのダイバーがいらっしゃいました

アクティビティも豊富にあり私が把握しているだけでも、8種類ほど存在しております。今回、我々は王道のバナナボートを体験してきました。私自身は初めての経験でしたが、まずはバナナボートに乗るため船で沖まで出ます。ある種、沖まで出る際も私にとってはアクティビティの一つと感じました。操舵手もサービス精神旺盛で、船の速度に強弱をつけ右に左に船を揺らせ乗船されていた方々も沖につくまでにテンションもマックスとなっておりました。実際の臨場感は文面よりも一度、動画をご覧いただければ共感していただけること間違いなしです。

見かけはこんなんでも馬力は凄い!

観光地化しているが、全く不快感のない環境

私自身も数々の国やその観光地に取材をため赴きましたが、観光地化が進んでいればいるほど、現地の方々は商売色が強くなり執拗なセールスやツアーとは全く異なる有料サービスを進めてきます。しかし、こちらの島では全くそのようなことはございません。いえ、もしかしたらコタキナバル全体があまり商売っ気のない地域かと考えてしまいます。仮に小さなお子様がサピ島に来られても安全、治安面は全く問題はありません。

子供が一人でも安心できる環境

一番の”ウリ”は何か

上記のことは、もちろんですが….。やはり、一番の”ウリ”は海水の綺麗さです。ありきたりな表現になるかと思いますが、私自身も幾多のビーチを見てきましたが、間違いなく海の透明度でいえば「サピ島」だと断言できます。ボルネオ島が自然に満ち溢れた島と言われる一つの縮図を見た気がしました。波の頻度や強さに関しても全く穏やか海ですので、仮にお子様が一人で海水浴を楽しんだとしても心配は無用です。周りの観光客やビーチスタッフもとても平和的でツアーが一つ家族のように丁寧に皆が接してくれ、人々の温厚さが身にしみてきます。

温度も冷たくなくちょうど良い

夏のコタキナバル昆虫ツアーを通して、本当に大切な「何か」を一緒に見つけてみませんか?

関連記事

  1. コタキナバル郊外にあるKlias River Safari(キリアス リバー サファリ)に行ってきま…

  2. KDU大学

    速報!マレーシアKDU大学がオーストラリアのUOWとパートナーシップ提携

  3. コタキナバルのサンデーマーケットに関して

  4. マレーシア政府公認の Homestay機関 KOPOSIZON(コポジゾン) Homestayに行っ…

  5. マレーシア スカラーシップ

    マレーシアの大学留学にも《留学生奨学金制度》はあるんだよ

  6. ボルネオ島 コタキナバルにある語学学校 Global English Centreとは

  7. マレーシア留学_コタキナバルにあるホームステイ先をご紹介!

  8. ボルネオ島の語学留学 Global English Centre

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。