注目の記事 PICK UP!

マレーシア大学留学の実力

マレーシア大学留学

マレーシア大学留学に注目が集まる理由とは?

グローバルな世界が日本にも浸透してきた現在、日本人が高等教育機関として海外の大学を選ぶことが普通になってきました。今まではアメリカやイギリス、オーストラリアなどの大学へ進学する人が多かったですが、最近では東南アジア・ASEANの中で教育先進国家とされるマレーシアでの大学留学を選ぶ人たちも増えているのです。

マレーシア大学留学が選ばれる理由として一番最初に思いつくのはやはり、学費の安さ・留学コストの低さでしょう。
最初から語学力を身につけている人は別にして、海外大学留学をするには《英語で勉強》する前に《英語を勉強》する必要性がある私たち日本人には、通常の大学本科生期間の学費に加えて、本科生になる前の語学研修期間の費用を加えると通常4年~5年程度のコストを念頭にいれなければならないからです。また例え英語力が低くても、比較的大学本科生へ進学し易いのもマレーシア大学留学の魅力です。

海外大学の入学審査はIELTS

日本国内では英語力の評価機関として《TOEIC》が使われますが、マレーシアを始め海外大学の入学審査に利用されるのはIELTSです。このIELTSスコアが5.0以上から入学基準を満たす大学が比較的多いマレーシアは、基本的に英語能力が低い日本人にとってありがたい存在です。

《マレーシアの大学》といっても、日本の大学のように、その国オリジナル(ローカルと言い換えてもよい)な教育プログラムや基準で学ぶ学校は意外と少数です。日本人には馴染みがないですが、マレーシアという東南アジアの地にありながら、アメリカやイギリスの大学で行われている教育プログラムと同等なもので学べたり、むしろ大学そのものが欧米各国の大学分校になっていたりすることも少なくないのです。

マレーシアという国の魅力

そして何と言っても最大の魅力はマレーシアという国家の持つ《多人種・多文化・多様性》に他なりません。多くの人種が混在し、数々の言語が飛び交い、さまざまな文化・宗教が交じり合った中で大学生活を過ごすという貴重な時間は、その日本人学生にとって将来何ものにも代えられない貴重な経験になるのです。2020年の東京オリンピックが開催され、ますます日本にはさまざまな国からビジネスや政治や文化が持ち込まれてきます。このような今まで経験したことのない時代の中で、勝ち抜いていくスキルはマレーシアのようなバックグランドがある教育環境でこそ育まれていくからです。

下記の取材動画は《マレーシアの大学》を経験し、また《マレーシアでの就業》を経験した日本人のインタビュー動画です。
海外留学を考えていたり、進路に悩んでいる方々は是非ともご視聴ください。

荒木 隆

荒木 隆

株式会社荒木隆事務所 代表取締役
真剣に留学を検討されている方にはメール・電話・スカイプなどで個別留学コンサルティングもいたします。

関連記事

  1. マレーシア大学留学 ヘルプ大学

    HELP大学の紹介

  2. マレーシア大学留学

    【マレーシア大学留学】INTI International University&Collegesに…

  3. マレーシア大学留学 ヘルプ大学

    HELP大学 留学生インタビュー(リョウ&ユウキくん編)

  4. マレーシア大学留学 ヘルプ大学

    HELP大学留学生インタビュー(ユマさん編)

  5. グループ・オブ・エイト

    Group of Eightとマレーシアのモナシュ大学