国際バカロレア

国際バカロレア

グローバル人材のエリート教育、国際バカロレア(IB)

国際バカロレア(通称IB:International Baccalaureate)は、名前を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?安倍政権下で行われているアベノミクスの「成長戦略」の中に、このIBの認定校を2018年までに現在の30校ほどから200校まで増やすという目標を掲げております。海外の大学へ進学する際にも、このIB認定校のプログラムを受けていると有利になることもあります。日本でも注目されている国際バカロレア(IB)とは一体どのようなものなのでしょうか?

IBとは何か

海外ではグローバル教育の基準ともなっているIBとはそもそも何なのでしょうか?IBは1968年にスイスのジュネーブで設立された非営利団体でした。この機関が運営する教育プログラムが国際バカロレアということです。高校卒業は各国バラバラの基準で運営されており、同じ高卒でも、先進国と発展途上国とでは大きな実力差があります。IBが運営する教育プログラムでは、こうした国による格差をなくし、世界共通の大学入学資格を作ろうというものです。

こうしたグローバル人材は、各国と協調をとり、世界平和に貢献する必要があると教育プログラムの中でも提唱しております。IBの教育は、世界的な視野を持ち、各国共通の課題に取り組むグローバル人材のエリート教育です。

プログラム内容は過酷の一言

では、実際にグローバル人材教育はどのように行われているのでしょうか?IBでは、学習者の理想とする人は次の項目をすべて満たす人としております。日本では、知識のある人に偏重するような教育が行われておりますが、これらすべてを満たさなければ、IBの認定を受けることができないとしております。

特に、思いやりや心を開くと言ったものは、世界平和には必要不可欠な基準がこうしたところに入ってきております。これは、IBの「全人教育」と呼ばれて、知識だけでなく、人間的にも優れた部分を教育するということで、世界中から高い評価を受けているのがIBの教育プログラムです。
 
しかし、これだけ多くの目指すべき目標があれば、必然的に教育プログラムは厳しくなります。さらに、日本の大学ではよくある文系、理系といった区別もなく、全科目を履修し、成績が良くなければなりません。これはかなり過酷です。その過酷なプログラムは、幼少期の教育プログラムから始まります。

プライマリーイヤープログラムPYP (Primary Years Programme)
PYPは3~12歳までを対象としたもので、主に精神と身体に関するカリキュラムが重要視されております。次の命題に向かって、教育されます。

  • 私たちは誰なのか
  • 私たちはどのような時代と場所にいるのか
  • 私たちはどのように自分を表現するか
  • 世界はどのような仕組みになっているのか
  • 私たちは自分たちをどう組織しているのか
  • この地球を共有するということ

3~12歳にしては視野が広く、想像するのが難しいものもあります。これらから、世界の仲間と共に共存していく必要性を学んでいきます。

また、日本の幼稚園、小学校に当たるので、教科も同じような内容にものも多いのですが、芸術の科目を重視していることが注目できます。命題の中にもある「自分を表現する」ということに芸術が採用されております。ここは日本人があまり得意としていない部分ですね。

ミドルイヤープログラムMYP(Middle Years Programme)
11歳~16歳までを対象としたプログラムで、PYPからの流れを汲んだ教科が用意されております。

  • 言語A
  • 言語B
  • 人文科学
  • 理科
  • 数学
  • 芸術
  • 体育
  • テクノロジー

さらに、これらの強化を混合したものを以下のもので履修します。

  • 学習の方法(approaches to learning)
  • コミュニティーと奉仕活動
  • 人間の創造性
  • 多様な環境
  • 保健教育と社会性の教育

全体的にプログラムの内容を活かした社会貢献や他の違った環境を受け入れることができるような人間になるといった、広い視野を持った人材育成を行っております。これも日本人には足りない部分で、自分や周りと少しでも違うと排除したりすることのないよう多様な人材を認めることができる人間になることを目標としております。これは、国際社会においては必要不可欠です。

ディプロマ・プログラム(DP)
DPは16歳~19歳までを対象としたプログラムです。2年間の履修の後、最終試験を経て、大学入学資格であるディプロマが与えられます。このディプロマ最終試験は、日本でいう所のセンター試験に当たるものと考えられます。

この中で、日本の教育との大きな違いは、文学芸術分野と宗教分野の履修が重要視されていることです。日本の学校教育ではどちらかというと端に追いやられているような分野です。これは、グローバル人材になろうと考えた時に避けて通れません。特に宗教は自国の宗教だけに理解があるというだけでは、グローバル人材とは言えません。また、芸術分野はより人間らしい感性を磨くのにとても重要です。人の気持ちが分かるといったIBの目指す人にとってなくてはなりません。

これは、日本ではあまり重要視されていませんでしたが、会社の命令であれば、法律違反や、犯罪も犯すような風潮が以前あったように、「自分は言われたことだけやればいい」というような他動的な人材の育成の防止にも役立ちます。より、人間らしく、正しい道を行くことができる感性を持つ人材へと成長させるにはこの芸術分野は必要不可欠となります。

IBディプロマ取得までの厳しい道のり

IBディプロマは大学入試の資格なので、日本の場合は高校卒業と同等となるのですが、世界中の大学へ入学できる可能性があるため、日本の高卒とは全く違います。特に、IBディプロマの認定については、非常に厳しい条件が組まれております。これは試験をパスすればよいというものではなく、毎日の課題やレポートなどもその条件に含まれております。こうしたことから、世界で通用するグローバル人材を育てようというものです。

IBディプロマの採点方法

IBディプロマの採点方法は6科目から1から7で得点をもらいます。その後、表現力や知識など多角的な採点を行われて、7段階の総合評価が出されます。その総合評価は以下の通りです。

【7】Excellent Performance

【6】Very Good Performance

【5】Good Performance

【4】Satisfactory Performance

【3】Mediocre Performance

【2】Poor Performance

【1】Very Poor Performance

この7段階の評価は世界基準となりますので、例としてアメリカのアイビーリーグに属するような名門大学を受ける場合は、7以上の成績が必要といった条件が日本でIBディプロマを取得しても適用されるということです。

IBディプロマを取得した後は?

大学入学資格であるIBディプロマを取得した後は、大学の入学試験を受けて、大学へ入学します。近年では日本国内でもIBディプロマによる大学入学選抜入試が行われております。その入試内容も、小論文のような絶対的な答えのない問題ばかりです。大学の入試でもこうした考える力がついているのかが試されるのがIBなのです。

日本国内におけるIB認定校

日本国内では、最近このIBの知名度が上がってきたというだけで、あまり認定校の数は多くありません。多くがインターナショナルスクールと言われている帰国子女や在日外国人を対象とした学校ばかりです。日本に住んでいる日本人にとってはあまり馴染みの少ない学校ばかりの名前が並びます。

IB認定校を国内にも増やす?でもどうやって?

安倍政権下での成長戦略で日本国内にもIB認定校を増やして、国際社会に通用する人材の育成を掲げております。しかし、IBディプロマ自体は大学への入学資格であり、日本国内には高卒資格があります。IBディプロマを取得したからと言って、国内の大学へ進学するのであれば、現時点では高卒と何ら変わらなくなります。

IBディプロマで日本の大学へ入学したとしても、将来的に海外で働きたいと言った目標がなければ、あまり意味をなさないと感じます。現に、日本の大学や企業は、日本に特化しすぎており、海外人材の受け入れを上手くできていない所が殆どです。そんな環境に突然IBディプロマを持った学生や社員が来たとしても、うまくやることができるのかは未知数です。

海外の大学へ進学するのであれば、IBディプロマも活用できると思うのですが、そんなにみんなが海外の大学へ行けるほどの資金に余裕がある家庭ばかりではありません。こういったことからも、IB認定校の増加政策は、大学や大学院の数を増やす政策と大して変わらないのではないかと感じます。IBはやはり国際社会や、世界を舞台に活躍したいという人にこそ必要な大学入学資格であると言えます。

これだけ手厚い教育なので、学費は割高

グローバル人材のエリートを養成する教育カリキュラムですので、非常に内容も多岐に渡り、体育や芸術といった分野にも力を入れるため、通常の教育よりもかなり割高となります。これは、世界共通の基準に対応することや、IB認定校からは将来国連やグローバル企業で活躍する人が出てくることから、そういった優秀な人材を英才教育するという側面もあるため仕方のないことです。

逆にIB認定を濫用すると、誰も彼もIBディプロマを取得したということで、その価値が落ちてしまうことも意味します。優秀な人材を育成するためには、親だけでなく、本人も将来そういった活躍を望んでいなければ、過酷なカリキュラムについていけなくなってしまいます。そういった意味で、お金だけではなく、学習者本人の資質も問われるのがIBディプロマです。

マレーシアでのIB認定校

マレーシアではIBについてどのように扱われているのでしょうか?IB認定校は100校ほどあり、英語によるIBカリキュラムが組まれております。日本のIB認定校と違い、他民族国家のマレーシアは、海外の大学へ進学させるといったグローバル教育に積極的です。また、日常的に英語を使う機会がたくさんあるため、欧米の大学へも日本から進学するよりもハードルは低くなります。こうした部分で、近年、日本からマレーシアに家族で移住し、IB認定校の日本で言う高校に当たる学校へ子供を通わせる親も増えてきております。マレーシアからですと、大学ランキングでも上位のシンガポールの大学へも進学しやすくなるため、非常に注目されています。

マレーシアへ大学から進学するのもいいですが
マレーシアへ大学から留学をするのもいいですが、IB認定校へ編入をするという手段もあります。IBで成績上位であれば、アメリカやイギリスへの進学も考えることができ、様々な夢が広がっていきます。マレーシアは現在の日本から比較すると、国際性と言う意味では桁違いだと考えられます。

マレーシア国内におけるIB認定校の位置づけ

日本では学費が高く、お金持ちの優秀な人しか入れないイメージのIB認定校ですが、マレーシア国内ではどうなのでしょうか?マレーシアでは、IB認定校が多くあり、様々な特色を出して教育プログラムを行っております。

高級住宅街の一角にあるようなIB認定校は学費も高く、ネイティブの英語教師を雇って、マレーシア英語ではない英語教育を行っております。それに対して郊外へ行くとそこまで学費が高くなくても、マレーシアの英語教師が授業を行っているIB認定校もあり、様々です。この部分では日本より選択肢は多くなります。実際には、教育を受けるためにはお金がどうしても必要となります。質のいい教育を受けるためには、より上位の学校へ入学することをお勧めします。

教育とお金について

アメリカで大統領候補となる人や、各国の首脳など世界的に活躍している人はみなお金持ちであり、家系もいいという人ばかりです。IBも実際には学費もかかり、お金持ちのための教育ということは否定できません。これに対して、日本ではエリート教育が悪いというような批判がよく出ますが、ちょっと筋違いとも思えます。

実際にお金に困っていない人と言うのは、生活もきちんとしていて、その生活を維持するために絶えず努力を続けている人が多いです。親の遺産が多くて、何もしていなくてもお金持ちだという人は、いずれ破たんしているような人が多いです。そういった精神を自分の子供にも伝えることができるのが教育なのではないでしょうか?

日本では裸一貫からのし上がったような話が美談として挙げられることが多いですが、見方を変えれば「運が良かった」だけに過ぎないということも言えます。こうした子供にきちんとした教育を受けさせたいという親の願いを実現できるのがIBの教育カリキュラムです。そうした人が多いからこそ多くの大学でIBの基準が認められ、世界的に受け入れられているのです。

まとめ IBを取得するということは

日本でもIB認定校の増加を政策に掲げられていることもあり、国内でも無縁ではなくなってきたIBですが、その大きな目的は「全人教育」です。

日本では長年、知識偏重の偏差値教育を行ってきました。しかし、その頂点でもある東京大学の世界ランクが年々低下していることは、周知の事実だと思います。その代わりにランクを上げてきたのが、中国や東南アジアの大学です。

いずれ日本の大学が東南アジアの大学に先を越されることも予想できるほどの時代になってきました。そうなった場合に、今までは負けないように追い付くという考え方だったのですが、そんなことをしても全く意味を成しません。日本はこれから人口減少の時代に突入していくというのに、競争ばかりでは他国には追い付くことは困難です。それぞれのいい部分を活かして、相手を認めて、お互いが協力し合う関係を作っていかなければ日本の生き残る道はないと考えます。

その一つが観光だと思います。

特に京都は世界的な観光地となっており、様々な国の人が訪れています。それに合わせるように、ホテルや観光案内所で英語、中国語、韓国語など多言語を話すことができるような優秀な人材が観光業界に入ってきております。これも日本の良い部分を世界にアピールする一つの方法だと考えます。

このように他の国の人に日本をよく思ってもらったり、他の国のすごいところを利用したりする関係になっていけば、互いに発展できる関係となっていけると考えています。IBの設立趣意であった世界平和を重んじる「全人教育」は、こうした世界情勢に極めてマッチしており、日本も例外ではありません。IB認定校で、これからの世界で活躍できる人材に、自分の子供を育ててみても悪くないのではないでしょうか?

留学・移住無料個別相談会

マレーシア留学説明会

マレーシア夏休み短期留学プログラム2018

マレーシア短期留学

クレジットカード決済開始

人気記事

Facebook