大学院留学 ノッティンガム大学

ノッティンガム大学への大学院留学

イギリスにある名門大学であるThe University of Nottingham(ノッティンガム大学)のマレーシアキャンパスです。イギリスの大学のマレーシアキャンパスということで、イギリスの教育カリキュラムが適用されております。大学院では、通常の修士課程の他に、教養学部の準修士課程も選択することができます。大学の学部でも、教養学部の内容が充実しておりますが、大学院の修士課程も教養学部の専攻が数多く開講しており、多くの専攻を選択することができます。この他に、工学部と理学部の修士課程があります。また、本校との提携により大学院入学に関して一定の英語能力基準もあります。

ノッティンガム大学大学院の特徴

ノッティンガム大学マレーシアキャンパスの大きな特徴は、教養学部の内容の充実度です。教養学部の中でも経済分野での研究は世界の研究機関ランキングでも上位にランクインするほどの内容であり、修士課程でもその最先端の研究に触れる機会も出てくるのではないかと思います。

特に経済モデルを統計学を使用して、経済を分析する計量経済学の分野ではノーベル賞を受賞した教授などもイギリス本校に在籍している世界的にもハイレベルな大学です。そんなイギリスの名門大学のマレーシアキャンパスですが、決してローカル校ということではありません。

学部から大学院へ進学した場合、学部時にイギリスや中国のキャンパスでの単位相互取得を行うことができることから、マレーシアキャンパスに入学しながら、イギリスで学ぶことができます。また、学部からの修士課程までが一貫したカリキュラムとなっているディグリー+マスタープログラムも選択することができます。こうした多彩なカリキュラムを選択できるのも、イギリス本校との密接な提携があることによります。

マレーシアは優秀な人材を探すアジアの砦

マレーシアには他にもマレーシア国外の大学のローカルキャンパスが数多く存在します。マレーシアの他の私立大学も海外大学との提携を積極的にすすめていることもあり、ノッティンガム大学マレーシアキャンパスも、それらとの競争によりイギリス本校からも注目されているキャンパスともいえます。イギリスのノッティンガム大学がマレーシアからも優秀な人材、研究者を探すためにアジアのキャンパスを作ったともいえる重要な砦のような位置づけになります。経済学や教養学の研究を行いたい方にはノッティンガム大学マレーシアキャンパスの大学院はおすすめです。