大学院留学 アジアパシフィック大学

アジアパシフィック大学(APU)への大学院留学

日本でもマレーシアのAPUとして知名度があるアジアパシフィック大学の大学院です。この大学は特に情報工学の分野で世界的に有名で、大学も情報やITに力を入れております。 海外からの学生も多く、特に中国や中央アジアなどの学生が多い国際的な大学です。商学部などの学部ありますが、大学としてはIT、情報サイエンスに力を入れていることが分かります。設立は1993年と新しい大学ですが、そのIT分野での功績や、クアラルンプールのサイエンスパーク内にキャンパスがあることから、マレーシア企業との提携も積極的に行っており、より実践的な教育に力を入れていることが特徴です。

IT分野の評価が高い大学院

大学院の修士課程は、商学部以外はイギリスの名門、スタンフォードシャー大学とのダブルディグリープログラム、ツインプログラムとなっており、修了と同時に同大学の修士を取得することができます。難点は情報分野での修士はダブルディグリープログラム1択となってしまい、費用面ではどうしても高額となってしまいます。しかし、それだけ大学院としては、情報分野に力を入れているということになります。また、修士課程の修了までの期間が16か月と極めて短期間でのカリキュラムとなっていることが特徴です。これは、より実践的で優秀な人材を早期に社会へ輩出するための大学側の戦略であり、実践大学として、IT分野での評価が高いこともわかります。

ITに特化したアジアのMIT

博士課程は商学部、経営学部、情報学部、工学部で、博士号を取得することができるカリキュラムが準備されています。しかし、実践に比重を置きクアラルンプール郊外のサイエンスパーク内にある「企業のために大学」ともいえる大学ですので、多くの人は学術研究を重視する博士課程まで進むより修士課程までになるものと考えられます。大学の学部でも情報分野での世界的評価が高い大学となりますので、その大学院の情報分野ということで、世界でも最先端の技術に触れることができる大学院です。比較的新しい大学ですが、特にアジア各国からの学生が多く集まっているマレーシアの中でも情報分野に重点投資をして国際化に成功した大学です。まさにその国際色豊かなキャンパスライフや、ITに特化した大学経営、世界にも通用する功績から「アジアのMIT」といっても過言ではありません。

留学・移住無料個別相談会

マレーシア留学説明会

マレーシア夏休み短期留学プログラム2018

マレーシア短期留学

クレジットカード決済開始

人気記事

Facebook