なぜマレーシア大学留学なのか

今 マレーシア留学が熱い!留学大国マレーシア
欧米や他のアジア諸国にはないものとは

マレーシア留学

マレーシア留学の4つのメリットとは?!

これまで「海外の大学に留学」と言えば欧米の大学や距離的に近い中国・韓国への大学留学をイメージするかもしれません。しかし今マレーシアへの留学を目指す若者が増加していることをご存知でしょうか。マレーシアは国全体をあげて、世界各国から留学生を受け入れる体制を整えているからです。マレーシア政府は、制度や資金面から留学生に有利な留学環境を整えています。
欧米や他のアジアの国々にはないメリットをご紹介します。

  1. 入試がない!入学のチャンスは年4回!
    マレーシアでは高校での成績と、英語力(TOEFLやIELTS)で入学判定を行います。日本の大学入試センター試験や大学が実施する入試がありません。さらにマレーシアの大学入学タイミングは年間4回ほどあります。都合の良いタイミングで留学できるのは大きな魅力です。 …詳細を読む
  2. 学費が安い!学費免除や奨学金制度もあります!
    学費は欧米の半分以下、生活費は3分の1以下と格段の安さです。また、マレーシアの大学は海外からの留学生の受入を積極的に行っており、大学が学費を割引または免除する場合があります!もちろん国内の奨学金も利用できます。 …詳細を読む
  3. 欧米の大学の学位が取得できる!
    マレーシアの私立大学の多くは海外の大学と提携しています。「ツイニングプログラム」「デュアルディグリープログラム」「米国大学編入制度」を活用して、欧米の大学の学位が取得できます。 …詳細を読む
  4. マレーシアは暮らしやすい!温暖!物価が安い!治安が良い!ご飯がおいしい!
    マレーシアは常夏の国ですが、年間平均気温は27~33℃と日本の夏より過ごしやすい気候です。物価は日本の半分から3分の1です。また親日国なので街中でも余程の事がない限り危険な事はありません。食事も日本人に合う味です。 …詳細を読む

マレーシア留学のメリットは他にもまだまだあります。
例えば…

マレーシア留学の魅力をたっぷりご紹介します。

入試がない!入学のチャンスは年4回!

マレーシアでは高校での履修成績と、英語力をはかる資格としてTOEFLやIELTSを基準に入学判定を行います。日本の大学入試センター試験のような画一的な試験や個々の大学が実施する入試がないのです!大学受験と言うプレッシャーなく、高校での成績さえ修めていればマレーシアの大学に入る事ができるのは大変な魅力です。
関連ページに詳しい記載がありますので参考にしてください。
また、日本で大学に入学するチャンスは年に1回だけですが、マレーシアでは年4回(大学・学部により2~3回から8回)あります。ですので、日本での日々の生活でふと思いついた時、会社に就職して留学費用が貯った時や将来の夢を実現させたいと思った時など、それぞれのタイミングで留学することができるのです。
そして、弊社でマレーシア留学をされるともっとイイコトがあります。詳しくはこちら→入学審査の秘訣

関連ページ



学費が安い!学費免除や奨学金制度もあります!

アメリカやイギリスなどの欧米諸国に比べて、マレーシアの学費は半分以下です。
アジア諸国は物価が安いのだから留学費用は安く済むでしょ?と思われた事でしょう。しかし、アジア諸国で最近人気のシンガポール、実は意外と費用がかかるのです。アメリカと比較すると、シンガポールの学費は半分以下の費用で済みますが生活費はほぼ同じ金額が必要なります。
マレーシアはどうなのか?学費はもちろん生活費もアメリカの3分の1以下と格段に安くすむのです。
その上、マレーシアでは留学先の大学が学費を一部免除する奨学金があります。もちろん、公的機関である独立行政法人日本学生支援機構、民間の団体、企業、そして地方自治体の奨学金なども利用できます。奨学金の中には短期留学にも適応されるものもあります。
学費の安いマレーシアで、さらにお得に勉強できます。
そして、弊社でマレーシア留学をされるともっとイイコトがあります。詳しくはこちら→奨学金の秘訣

関連ページ

欧米の大学への編入学プログラムで学位が取得できる

マレーシアの私立大学の多くはイギリス、オーストラリアの大学と提携しており編入制度が充実している点は大きな魅力です。

「ツイニングプログラム」というシステムでは、前半をマレーシア、後半をイギリスやオーストラリアの大学で勉強することで海外大学の学位が取得できます。イギリスやオーストラリアの大学は通常3年制をとっており、「マレーシアでの履修年数+イギリス、オーストラリアの大学での履修年数」という表現で、それぞれの国で勉強する年数を表します。マレーシアで2年、最後の1年をイギリスやオーストラリアの提携校で勉強する「2+1」、全期間をマレーシアで履修できる場合は「3+0」といった具合です。

「デュアルディグリープログラム」は、マレーシアの大学で履修するだけで海外の大学の学位も取得できる制度です。このシステムを大学院レベルでも採用している学校もあります。

「米国大学編入制度」(ADP=American Degree Transfer Programme)という制度では、前半2年をマレーシア、後半2年をアメリカ、カナダなどの大学で学習する(2+2)ことにより各国大学の学位を取得できるシステムです。これらを利用すればマレーシアの安い生活費や授業料を活用してローコストで先進国の大学を卒業することができます。

関連ページ


マレーシアの大学の概要

マレーシアの大学には、国公立大学、私立大学、海外大学のマレーシア分校があります。

国公立大学
国公立大学は、マレー人を優遇する政策により、マレー人学生が多くなっており、授業や入学試験の一部はマレー語で行われています。そのためマレーシアの文化を深く体感したい、マレーシアのスペシャリストになりたい、といった目的以外では大学の留学先としてあまり適していません。

私立大学
私立大学の授業は基本的に英語で行われ、海外からの留学生も積極的に受け入れています。そのためマレーシアの大学を卒業した人は英語のスピーキングはもちろん、読み書きもできるのが普通です。さまざまな学部学科があり比較的入学も容易なため、多くの日本人は私立大学に入学します。アメリカやイギリスなど先進国の大学への編入制度も充実しているため、マレーシアの大学に入学しその後先進国の大学に編入・卒業することも可能です。

たとえば、マレーシアの名門私立ヘルプ大学の場合、イギリスやオーストラリアの名門大学とたくさん提携を結んでいます。提携校の中には世界的な名門校ロンドン大学も含まれていますので、卒業時に世界的な名門校ロンドン大学の学位が取得でき、2~3年生の時点でロンドン大学へ編入するといったことも可能です。学校もカウンセラーを配置するなど編入のサポートを積極的に行っています。

アジアパシフィック大学は、ITや工学など技術系に強く、在学生の6割が留学生という国際色豊かな大学です。イギリスの名門スタッフォードシェアー大学と提携しているため、ツイニングプログラムで同校の学位を取得したり、アジアパシフィック大学とスタッフォードシェアー大学2つの大学の学位を取得できるダブルディグリープログラムを利用することもできます。

海外大学のマレーシア分校
イギリス、オーストラリアの大学で、マレーシア校を設置している大学もあります。教育水準や取得学位等は本校と変わらないのに、マレーシアの物価に合わせた本校の半額程度の学費で学ぶことができます。入学基準は本校に準じたものになっているため難易度は高めです。

オーストラリアのモナシュ大学は、世界ランク100位以内に入る名門大学です。クアラルンプール郊外に設置されたマレーシア分校では、もちろん本校と同じ学位が取得できるのに学費は1/3程度に設定されています。

マレーシアの大学院
世界的に取得を目指す人が多い、経営学修士(MBA)の学位をマレーシアで取得することができます。アメリカなどでMBAを取得しようとすると多額の費用がかかりますが、マレーシアならその何分の一かの費用で取得することができます。日本でもMBAを評価する企業も増えてきているため社会人・大学生の留学先としてもおすすめです。

関連ページ


マレーシアは暮らしやすい!温暖!物価が安い!治安が良い!ご飯がおいしい!

マレーシアは東南アジアの中では経済的にも豊かで治安も悪くはありません。そのためTPOをわきまえて行動すれば危険な目にあう可能性もあまりありません。また親日家が多い国なので、街中などで嫌な目にあう可能性もほとんどありません。生活費が安く、医療水準が高く、日本語が通じる病院もあります。なにより安くて美味しいご飯が食べられることは暮らしていく上でとても重要です。マレーシアでは世界各国の料理がそろい日本食を食べることもできます。

気候は、年間通して日中は暑いものの朝晩涼しくとても過ごしやすいです。また、マレー半島は巨大なユーラシアプレート上に完全に載っており断層がないため、地震が起きることはまずありません。クアラルンプールは、高層ビルが立ち並ぶ国際都市で、おしゃれなショッピングモール、カフェやレストラン、バーも充実しており都会での大学留学生活を満喫することもできます。
そして、弊社でマレーシア留学をされるともっとイイコトがあります。詳しくはこちら→暮らしやすさの秘訣

関連ページ

留学生の受入体制が万全!英語漬けの毎日で英語が身に付く

マレーシアでは留学生の受入を積極的に行う事を一つの政策として実施しています。特に大学での学位取得を目的とする学生を積極的に受け入れられるよう各大学を支援しています。
マレーシアの私立大学では授業はすべて英語で行われており、また留学生が非常に多いでのキャンパスでは英語を使用することになります。欧米各国や中国、韓国、台湾といった国はポピュラーな大学留学先であるだけに多くの日本人が留学しており、心強い反面、留学先で日本人だけで固まってしまい「いつも日本語で喋っていた」といったことも起こりがちです。
マレーシアの場合、大学留学している日本人がとても少ないので日本人グループを作ることができず、必然的に英語を話さざるを得ない環境に身を置くことになります。
また、マレーシアはマレー系・中華系・インド系・先住民族などから構成される多民族国家です。公用語としてのマレー語、準公用語として英語が使われており、独立前はイギリスの植民地だったことから多くの人が英語を話しています。日常生活の中でも英語に触れる機会がとても多い国なのです。さらに、マレーシアには中華系マレーシア人や中国系の留学生も数多く暮らしています。大学によっては第二外国語がカリキュラムに含まれる場合もあり、中国語に触れることもできます。日本語・英語・中国語の話せるトライリンガルになれる可能性が十分にあります。

多民族国家マレーシアで、グローバル社会に直に触れることができる

マレーシアは多民族国家です。言語・宗教・文化がうまく入り混じり、差別などなく融合している国です。世界150ヶ国以上から留学生が集まっている事からもマレーシアがグローバル社会である事がよく分かります。あなたがマレーシアに大学留学すれば、生まれ育った環境、価値観、文化、習慣が異なる多くの人と出会うはずです。今まで知らなかった価値観を知り、新しい人々とつながりを持つことは、視野を広げ、色々な可能性・選択肢に気が付くきっかけとなるでしょう。

関連ページ

就職に有利!海外進出拠点マレーシアのスペシャリストになれる

マレーシアに大学留学することにより、就職の際評価されるスキルを身につけることができます。
ネイティブ同様の英語力
英語を母国語とする国の人々と十分に会話できる英語力です。もちろん読む・書くことも十分に身に付きます。今の時代、英語という共通言語を使って様々な国の人々と対等に渡り合えることはグローバル企業では当然といえるでしょう。

海外大学の学位
マレーシアや先進各国の大学の学位を取得すれば、就職にはとても有利な学歴として評価されます。

アジアをよく知るスペシャリストとしての評価
日本の企業にとっても海外の企業にとってもアジアは大きなマーケットであり、マレーシアは海外進出拠点ともなっています。アジアを肌で感じ多くの人と触れ合ってきたマレーシア留学生はそれらの事業に必要な人材です。さらに、マレーシアの後に欧米大学にも留学していたら、まさに国際的な人材といえます。アジアをよく知るスペシャリストという点も高い評価を受けるはずです。

関連ページ

時差1時間!日本からたった7時間!マレーシアは日本との行き来がしやすい

マレーシアと日本の時差は1時間しかありません。そのため、日本との連絡もとりやすく、同じように生活することができます。また、マレーシアにはLCC(ローコストキャリア=格安航空会社)が就航しており、7時間ほどで日本と行き来することができます。費用面でも時間の面でも、何かあったときすぐに帰国できる・来てもらえるというのは大きなメリットです。
また安い金額でマレーシアから海外旅行へ行くことができるため、長期の休暇を利用して学生時代に海外旅行を楽しむこともできるのです。

マレーシアの大学に留学するには

マレーシアの大学に留学するには早め早めの準備が肝心です。入学条件は各大学によって異なりますが、高校の成績、IELTS、TOEFLといった英語力のスコアなどが必要な学校もあります。英語については、マレーシアに行ってから、大学附属の英語学校などで研修後、大学に入学・編入するのが一般的です。ですから今の時点での英語力を気にしすぎる必要はありません。

いかがだったでしょうか、日本ではまだあまり知られていませんが、マレーシアは世界各地から留学生を集める留学生大国になりつつあります。その秘密はなんといっても、安い学費と充実した先進国大学との提携制度によるところが大きいでしょう。国にこだわらず留学先を考えていた人はもちろん、欧米の留学先を考えていた人にもマレーシアはおすすめできる留学先なのでぜひ検討してみてください。

留学・移住 無料個別相談会 東京&大阪会場 予約受付中
プリンスオブウェールズ プライマリー 推薦入試 受験者募集
エプソムカレッジ 国内入試 受験者募集

人気記事

  1. 留学説明会
  2. マレーシア留学フェア
  3. マレーシア留学
  4. 親子留学
  5. 留学説明会
  6. マレーシア専門留学エージェント荒木隆事務所

Facebook