キナバル・インターナショナル・スクール

英国式インターナショナル・スクール

キナバル・インターナショナル・スクール(以下KIS)は、コタ・キナバルにある英国式インターナショナル・スクールです。1973年に開校し、サバ州で最も古いインターナショナル・スクールとして知られています。KISは、教師と子供と家庭を繋ぎ一体となって子供たちの成長を支える姿勢が支持されています。「最優先事項は子供」と掲げ教育理念を唱えるKISは、未来の世界市民として社会を担う子供たちに対する真摯な姿勢が伝わってきます。

世界33カ国からの留学生を積極的に受け入れており、多様な人や文化との出会いが期待されます。また、FOBISIA*会員でもあるKISは、教師たちの意識・技術の向上にも熱心に取り組んでおり、アジアのインターナショナル・スクールを牽引する存在です。

*FOBISIA…アジアにおける英国式教育の連合で、様々なイベントや技術交流において教員たちの質・意識の向上に勤めている機関です。
詳しくは http://www.fobisia.org/

アジアで受ける最高の英国式教育

KISではケンブリッジ式カリキュラムを用いた英国式教育を実現しています。イギリスの教育制度の質の高さは世界的にも大変評価されており、世界の高等教育機関、雇用者から厚い信頼を得ています。KISではイギリスの教育制度の国際版IGCSE**(International General Certificate of Secondary Education)の履修~取得を目的としており、高次の教育を提供しています。

また、KISでは平等教育を徹底しています。人種、宗教、能力、性別にかかわらず、すべての生徒の才能を伸ばし、スクールは生徒に対して常に、教育の挑戦者であり続けます。精神的、情緒的、社会的、創造的、言語的、文化的、道徳的に成熟した価値観を育てるよう積極的な働きかけをしています。また、体系的な思考力を強化する学習にも力を注いでいます。自ら考え、意思に基づいて行動することは、人生を豊かで意義あるものへと導く力となるでしょう。

**…IGCSEとは(International General Certificate of Secondary Education)の略称で、イギリス本国の教育カリキュラムGCSE(General Certificate of Secondary Education)の国際版です。世界的に見ても高い教育水準であるイギリス本国と同等のものをこのKISでは履修~取得することを目的としています。

また、イギリスでは日本の高校卒業相当の履修を高校1年生相当で修了します。その後進学するシックス・フォーム(日本の高校2~3年相当)では、日本の大学の一般教養課程/短大卒業相当の履修をします。そのため、日本の高校卒業相当の学問では、IGCSEの合格、イギリス連邦諸国の大学入学は不可能といわれています。イギリスの教育水準の高さはこういったシステムの上からも証明されています。

KISの認定機関について

KISでは国際学校評議会CIS 、フォビシアFOBISIA、ケンブリッジ国際試験センターの認定を受けています。
CIS国際評議会… KISは、マレーシアで6校のCIS認定校のうちの1校です。世界では350校の認定校のある国際評議会です。これは外部の独立した組織CISにより、厳密な評価を得たことを意味します。外部の評価を得ることで、広く意見を求めよりよいスクールを運営していくことができます。
FOBISIAフォビシア…アジアにおける英国インターナショナル・スクール連盟です。KISは連盟の創立メンバーであり、様々なイベント、競技大会、教師のための専門的な研修の機会などの提供に協力しています。KISの生徒は、FOBISIAが開催する数学コンペティションや、音楽・演劇フェスティバルに参加します。こられの活動は、文化的、スポーツ的、学問的経験とともに、アジアの様々な学生との出会いをもたらし成長を促します。

ケンブリッジ国際試験センター…KISは、IGCSEおよびA-Levelケンブリッジ国際試験の認定センターです。ケンブリッジ国際試験は、5-19歳の国際教育プログラムの資格です。また、世界最大のネットワークを誇ります。ケンブリッジ式カリキュラムは、世界160カ国以上の国で採用されています。ケンブリッジ式には世界的にも高い評価と信頼があり、上位成績者は、世界上位1%の最難関大学への進学が可能です。

基本情報

学校名 Kinabalu International School
住所 Kinabalu International School, Off Jalan Khidmat, Bukit Padang, 88300 Kota Kinabalu, Sabah
URL http://www.kis.edu.my/
ロケーション KISはブルネイ島北部のコタ・キナバルの郊外に位置します。KISのある地区は、治安が良く安全ですが、中心街からは離れています。
コタ・キナバル国際空港からは車で約20分のところにあります。
入学可能時期 毎年9月
学習カリキュラム ナショナルカリキュラム(イングランド・ウェールズ)・ケンブリッジ式カリキュラム・IGCSE
ELSクラス あり
スクールバス あり
全校生徒数 450名
1クラス構成 少人数制
対象学年 2-5歳(幼稚園)
5-7歳(Year1-2:キー・ステージ1)
7-11歳(Year3-6:キー・ステージ2)
11-14歳(Year7-9:キー・ステージ3)
14-16歳(Year10-11:キー・ステージ4)
16-18歳(Year12-13:シックス・フォーム)

マレーシアから英国トップを目指す

KISでは2016年13年生のIGCSE-Aレベル結果が好成績をおさめて修了しました。13年生の86%が上位成績のA*~Cをおさめました。過去5年間を見ても、A*~Cまでの上位成績を5年間平均89.5%の生徒がおさめているのです。ここにKISの教育がイギリス本国と比較してもても優れていることが証明されています。そして忘れてはならないのは、KISは33カ国からの留学生を指導するインターナショナル・スクールだと言う事です。英語を第二言語として習得しているにも関わらず、イギリス本国でも難しいといわれるこの上位成績をおさめているのです。また、卒業生は以下の世界名門大学へ進学しています。

卒業生の進学先

  • エジンバラ大学
  • ダーラム大学
  • アバディーン大学
  • サウサンプトン大学
  • エクセター大学
  • カーディフ大学
  • キングズカレッジロンドン
  • ユニバーシティカレッジロンドン
  • レディング大学
  • エセックス大学
  • セントラル映画学校、ロンドン
  • チャールズ大学、プラハ、チェコ共和国
  • レロシュ、スイス
  • 西オーストラリア大学(パース)

彼らは、機械工学、法律、化学、医学、薬学、複合芸術、地球科学、地理学、金融と投資銀行を含む様々な科目を勉強します。

充実した教育施設

コンピュータ室、科学実験室、音楽室、美術室、屋内と屋外のバスケットボールコート、芝生のサッカー場を含むスポーツ施設が完備されています。また、KISの図書館は書籍が充実しており、定期的に更新されています。
ICT教育環境整備にも積極的に取り組んでいます。教室にはインタラクティブ・ホワイトボードが設置されており、100台以上のコンピュータとオンライン接続されています。またKISは、iPadを使用した授業をマレーシアで初めて取り入れたこでも知られています。これらのICT機器の適切な導入により、テクノロジーの利用を積極的に指導しています。

学費について

学年 学費(年間)
プレイグループ※ 約26,000円(1学期)
保育園 約354,900円
幼稚園(1-1)
幼稚園(1-2) 約510,900円
幼稚園(2) 約687,804円
1-5年生
6年生 約722,436円
7-8年生 約831,636円
9年生 約866,268円
10-11年生 約970,086円
12年生 約995,748円
13年生 約836,940円

※プレイ・グループは18ヶ月から3歳の子供のための毎週2回のカリキュラムです。

その他の費用

種別 学年 金額
出願料 全学年 約20,800円
登録料 全学年 約26,000円
資本金 プレイグループ-幼稚園(2) 約52,000円
1-13年生 約208,000円
保証金 全学年 約26,000円

※デポジットはKIS所定の場合、返金有り。

生後18ヶ月~世界の大学入学資格取得までの一貫教育

KISでは幼児の受け入れが1歳6ヶ月~と大変早く、熱心な指導で知られています。幼児教育の重要性は近年、より注目されていることからもKISの教育理念の正当性が伺えます。また、プライオリティが明確化され、トップに子供がいることをKISは常に唱えています。教育の主役は教育する側の大人たちではなく、子供たちです。そのようなベースにある大切なことを常に意識しながら、子供たちの心身に寄り添い成長を促しています。KISでは教育に対して真摯な姿勢を持つ家庭を、教育現場から支援しています。

留学・移住無料個別相談会

TOEFL個別指導塾

マレーシア大学留学

マレーシア短期留学

セミナー・講演依頼

摂陽観光

Facebook Page

マレーシア基本情報

  1. マレーシアのクリスマス
  2. マレーシアの日本食材・日本料理店・日系企業
  3. 親日国マレーシア
  4. マレーシアってどんな国?
  5. ジョホールバルについて
  6. マレーシアの首都クアラルンプール
  7. マレーシアの多様性
  8. マレーシアの医療
  9. マレーシア・ペナン
  10. マレーシアの公共交通機関

人気記事

  1. TOEICポイントアップ
  2. マレーシア留学情報センター
  3. 就職 海外
  4. マレーシア留学
  5. バンコク語学留学レポート
  6. バンコク語学留学
  7. 留学前準備
  8. バンコク語学留学
  9. ASEAN諸国での就職
PAGE TOP