ヘルプ・インターナショナルスクール

Help International schoolについて

マレーシア留学

学校の特徴

HELPインターナショナルスクールの特徴は設備が充実している点です。大学の構内にあるだけあって巨大なキャンパスで、劇場やホールも備えています。また、運動学習の機会も生徒には多く与えられていて、プールやバスケットコートにサッカーコートも充実しています。さらに、生徒ひとりにロッカーがあるので、授業に必要な教材を保管できます。

また、課外活動はかなり盛んで、生徒と一緒に教師が参加して、ダンスなどのクラブ活動にも熱心です。それらの活動を記録した展示物もキャンパス内には提示されているので、親子留学の検討の際には雰囲気を知ることができるなど、良い配慮がある学校です。

マレーシア留学

学校生活をサポートするために、Macのパソコンが支給されます。中学ではiPadも貸し出し可能になるので、IT面の授業も充実しています。そのための無線LAN設備やプロジェクターなどもあり、授業を視覚面から分かりやすく指導するポイントも満載です。活字の読みのフォローも充実しており、図書館では紙芝居のコーナーもあります。英語力を上げるために、簡単な紙芝居から語学を学ぶことができます。また、ふかふかの大型ソファーに座って読み聞かせを楽しみながら語学力を上げる工夫もあります。

マレーシア留学

小学校から学ぶ科学の授業では、キャンパスにあるサイエンスラボで白衣を着て本格的な実験や分析も行います。他にも、キャンパスにはデザインやテクノロジーのラボやアートルームが完備で、生徒の可能性を広げています。さらに、生徒の進路の相談で、キャリアカウンセリングも予約できます。生徒の将来のキャリア形成を在学中から学校側がフォローしてくれるので助かります。

基本情報

学校名

HELP INTERNATIONAL SCHOOL

ロケーション

ヘルプインターナショナルスクールのキャンパスがあるロケーションエリアは、クアラルンプール郊外になります。治安が良いと評判のニュータウンのスバン・ベスタリにあり、シャーアラムのエリアにも自動車で20分と近いです。住所は、No 2 Persiaran Cakerawala, Subang Bestari, Seksyen U4, 40150 Shah Alamでクアラルンプールの中心地から自動車で30分の距離にある自然が豊かなエリアになります。スバン空港からのアクセスは自動車で10分程度なので、留学の際には空港から到着すると便利です。

キャンパスのセキュリティ力は高く警備員が24時間巡回しています。さらにキャンパスの入場にはアクセス許可が必要になります。またCCTVの監視カメラシステムも作動しているので、保護者は安心してお子さんをキャンパスに預けることができます。

また、キャンパスの敷地はマレーシアの私立大学のHELP大学と同じ場所に建っています。そのため大学進学準備コースのYear12からYear13のA-Levelを卒業すると、HELP大学に進学するのことを目標にできます。

ESLクラスと入学面接について

ヘルプインターナショナルスクールの入学要件では、保護者はガーディアンビザ(保護者ビザ)を取得して親子留学をする必要があります。入学難易度は中程度で、2014年に開校したインターナショナルスクールなので、比較的入学しやすいキャンパスです。ただし入学にはアセスメントテストと呼ばれる入学テストが実施されます。ただし、校長先生との面接と相談の結果で入学が決まるので、人物重視とやる気重視の信用に重点をおいた選考となります。

入学の際には、英語のサポートクラスのESLクラスもあるのでフォローが充実しています。母国語が英語ではない生徒でも補修の英語養成プログラムに沿って学習することで、インターナショナルスクールに入学ができるレベルの指導をしてくれます。日本からの留学生にとってはとても助かるESLのプログラムを実施しているキャンパスです。

3セメスター制度と入学対象学年とは

ヘルプインターナショナルスクールの入学可能時期は9月です。3セメスター制度を導入しているキャンパスで、9月から学期が始まり、1月に2学期、4月に3学期が始まります。2014年に開校したキャンパスに、2016年の段階で1,100名の生徒が在籍しています。1クラスの人数は最大25名までで、英語教育の指導で生徒のフォローをできる人数設定にしています。教師は1クラスに2名体制なので、目が届く範囲の授業になります。

教師の出身国は、英語が母国語になっているイギリス、オーストラリア、カナダ、アメリカです。また、教師採用にはそれぞれの国の英語資格を取得した人物が選ばれています。イギリス人教師が比較的多く、授業が英国式で行われることと接点があり、英国式を導入していることでイギリスの大学と提携も行っています。

入学の対象学年は、保育園のNurseryから可能で、年齢は3歳からになっています。

学費

ヘルプインターナショナルスクールの学費は登録料が30,000円で、入学金が360,000円です。設備料金や食事の利用料金、学生服の料金や課外活動の料金については別途請求となり、入学の際に明細が提示されます。また、保証金は1学期分の授業料が必要で、払い戻し金として対応しています。授業料には教科書や教材の料金が含まれます。

学習カリキュラムと授業料

学習カリキュラムは英国式カリキュラムです。ただし、各年代によって学習カリキュラムは少し異なります。保育園と幼稚園のプリスクールでは国際アーリー・イヤーズカリキュラムのIEYCの指導に沿って学習します。主に社会的な情緒発達を目指す学習方法です。プリスクールの段階から英語とマレー語と中国語を学んで、コミュニケーション力を訓練します。プリスクールの授業料は保育園と幼稚園それぞれ年623,700円です。

小学校では英国式カリキュラムと国際プライマリカリキュラムのIPCを行います。英語を中心にした授業で、他には数学や科学、歴史、ダンスも学びます。6年生ではケンブリッジ試験を行います。小学校の授業料は1年生から3年生がそれぞれ年935,550円です。4年生から6年生の授業料はそれぞれ年1,039,500円になります。

中学校では、英国式カリキュラムと国際ミドルイヤーズカリキュラムのIMYCとケンブリッジ国際検定試験のCIEを行います。また、マレーシアで中学卒業資格になるIGCSEを受けます。中学からは情報通信技術であるICTについても学びます。中学3年の9年生では、ケンブリッジ試験で中学のカリキュラムの理解度をチェックします。中学1年と2年に当たる7年生と8年生の授業料はそれぞれ年で1,247,400円です。中学3年に当たる9年生の授業料は、年1,351,350円になります。

高校と大学進学準備コースでは、ケンブリッジAレベルの学習になります。学習カリキュラムはケンブリッジ国際検定試験CIEとA-レベル取得の内容です。会計学や経済についてもこの学年で学ぶことになります。高校1年と2年に当たる10年生と11年生の授業料は、それぞれ年1,351,350円です。大学準備コースになる12年生と13年生の授業料は、5学期分で1,500,000円です。

親子でキャンパスの近隣エリアに滞在

スクールバスはありませんが、学校紹介の交通機関と個別契約ができます。昼食は、屋内と屋外の食堂があります。中庭に面して美しい景色を楽しみながら食べることができます。給食スタイルでも、その場で購入スタイルでも可能です。通学制度なので、学生寮はありません。ただ、保護者ビザ取得で現地滞在になるので、親子で近隣の分譲マンションのコンドミニアムに滞在します。

留学・移住無料個別相談会

TOEFL個別指導塾

マレーシア大学留学

マレーシア短期留学

セミナー・講演依頼

摂陽観光

Facebook Page

マレーシア基本情報

  1. マレーシアのクリスマス
  2. マレーシアの日本食材・日本料理店・日系企業
  3. 親日国マレーシア
  4. マレーシアってどんな国?
  5. ジョホールバルについて
  6. マレーシアの首都クアラルンプール
  7. マレーシアの多様性
  8. マレーシアの医療
  9. マレーシア・ペナン
  10. マレーシアの公共交通機関

人気記事

  1. TOEICポイントアップ
  2. マレーシア留学情報センター
  3. 就職 海外
  4. マレーシア留学
  5. バンコク語学留学レポート
  6. バンコク語学留学
  7. 留学前準備
  8. バンコク語学留学
  9. ASEAN諸国での就職
PAGE TOP