マレーシアの語学学校 Wall Street English Malaysia

世界に広がる歴史ある語学学校

マレーシアの語学学校であるWall Street English Malaysiaは日本では、ウォールストリートイングリッシュと呼ばれています。イタリア発祥の語学学校で、創設は1972年となっています。今では、世界28ヶ国に学校を展開する歴史ある語学学校と世界各地で認知されています。ピアソングループが運営して、世界でもっとも巨大な教育会社のひとつになっています。そんな英語教育でも歴史が深く、世界に広がるネットワークで語学を学ぶことに特化した学校です。マレーシアのクアラルンプールエリアにあるWall Street English Malaysia(ウォールストリートイングリッシュ)の語学学校の設立は、グループ校全体から見ると年数が浅く2012年に開校しています。

マレーシア語学留学

イギリス人講師100%の割合で授業は充実!

Wall Street English Malaysia(ウォールストリートイングリッシュ)の通学交通手段は最寄駅のクアラルンプールからモノレールで46分、タクシーで10分、徒歩で54分です。学生数は最小60人で最大で100人です。生徒の国際割合は、マレーシア人45%で中国人と日本人とアラブ人が全体の10%です。どちらかというと生徒の比率はアジアが多くなっています。

マレーシア語学留学

講師はさすがイギリスで最大手の教育グループなので、イギリス人講師が100%の国際割合となっています。1クラスの平均人数は、最少2人から学べて、最大クラス人数は12人です。そのため、イギリス人講師とコミュニケーションをとりながら、ほぼマンツーマンのような授業も行えます。Wall Street English Malaysia(ウォールストリートイングリッシュ)のレベル分けは17なので、自分が自由にスケジュールを選んで提供される授業内容を学習します。

4つの授業形態と2つのコースで学習する!

Wall Street English Malaysia(ウォールストリートイングリッシュ)授業の形態には4パターンあります。また一般英語コースと、VIP一般英語コースがあり、そのどちらも4パターンの授業形態であるコンピューターラボとエンカウンター、コンプリメンタリー、ソーシャルクラブを導入しています。

自分ひとりで学習するのがコンピューターラボで、パソコン学習です。Wall Street English Malaysia(ウォールストリートイングリッシュ)が独自開発した語学に特化した内容を24時間学べます。語学ソフトの内容は、英語の重要な要素である「読む」「書く」「聞く」「話す」に重点をおいています。さらに、ネットに接続すると世界に広がる450教室の生徒と英会話の勉強が行える仕組みになっています。パソコンのコンピューターラボではひとりの学習でも、ネットで世界の学生とつながり生きた英語を実践的に養うことができます。

英会話を会議やトピックから上達する方法!

Wall Street English Malaysia(ウォールストリートイングリッシュ)のエンカウンターは、一般英語コースで最大4人、VIP一般英語コースは1人です。エンカウンターは、コンピューターラボで勉強をした内容をロールプレイで確認するコースです。一般英語コースはクラスメートと知識の確認をしますが、VIP一般英語コースは講師と確認ができます。コンプリメンタリーは、スピーキングとリスニングの練習コースで、一般英語コース最大8人、VIPで2人です。ソーシャルクラブは、一般英語コースで最大12人、VIP一般英語コース4人で、ディスカッションで会議のように英語で語る力をつけます。

マレーシア語学留学

Wall Street English Malaysia(ウォールストリートイングリッシュ)では、イベントが毎日開催しています。それが、先生が出題するトピックを中心としたイングリッシュコーナーです。生徒はイベントに集まって、英会話を上達するためにトピックから表現を学びます。

授業料や教材費はコースごとに設定

Wall Street English Malaysia(ウォールストリートイングリッシュ)の対象年齢は35歳以下で、ビザの手配サポートの手続き料は87815円です。その他には語学留学サポートをする会社で入学の申し込みは頼みます。

語学留学の学費は一般英語コースの登録料が7,527円で授業料が1ヶ月50,180円、教材費用は2,509円です。VIP一般英語コースの登録料は同じく7,527円で、授業料は100,360円で教材費は2,509円となっています。

学生寮のアパートの家賃は滞在日数でプランが異なる

Wall Street English Malaysia(ウォールストリートイングリッシュ)の学生寮はアパートで、学校から電車に乗って20分ほどの位置にあります。アパート1とアパート2があり保証金を払い斡旋してもらいます。保証金は後日返金の仕組みなので、本当に保証する目的の前金を一時支払う形です。

アパート1の料金は、日割りプランで1日家賃2,133円+保証金1,255円からです。週割りプランはほぼその倍の金額です。30日プランは月家賃29,255円で保証金は26,345円です。90日プランは30日プランよりも5,000円ほど安い金額設定になっています。

アパート1は、守衛さんが常に安全に配慮をするアパートで、シングルの長期滞在でも安心です。ロビーには受付や学生ラウンジがあるので、別の留学生と交流できます。カフェテリアにはソファも完備で、長い時間を過ごすこともできます。こちらは、シングルのベッドがふたつ同じ部屋にあるシェア型の滞在用になっています。部屋は明るく、赤い壁と白い壁のデザイン性の高さと、シェア相手のベッドとの境目にはカーテンもあります。アパート1にはキッチンはありませんが、周辺にはレストランも多く、日本でも有名なコンビニもあるので買い物や食事には苦労しないでしょう。

アパート2の料金は、日割りプランが家賃7,402円で保証金はありません。月割りプランの家賃は月87,815円で5ヶ月まで滞在できます。月割りプランの保証金は月家賃と同額です。アパート2は6ヶ月から11ヶ月までは月家賃が85,306円で保証金も同額になります。1年プランになると、月家賃は82,797円で保証金も同額です。月割りプランは滞在が長いと全体的に安くなる傾向です。

アパート2は家族で滞在をしたい留学生に対応する部屋割りになっています。ふたつの寝室があるので慣れない留学に家族同伴ができて広い間取りで助かります。アパート2は守衛さんはいませんが、セキュリティーが完備されています。基本は自室以外の階には誰も侵入できないのでプライバシーは確保されます。リビングやキッチンも完備されているので、食事の時間は家族と過ごせます。冷蔵庫も電子レンジも浄水器やIHコンロも揃っているので、周辺のスーパーで食材を買って調理できます。

このように、Wall Street English Malaysia(ウォールストリートイングリッシュ)の学生寮のアパートは、1日~1年まで滞在パターンごとに料金設定が異なります。

留学・移住無料個別相談会

マレーシア大学留学

マレーシア短期留学

セミナー・講演依頼

摂陽観光

Facebook Page

マレーシア基本情報

  1. マレーシアのクリスマス
  2. マレーシアの日本食材・日本料理店・日系企業
  3. 親日国マレーシア
  4. マレーシアってどんな国?
  5. ジョホールバルについて
  6. マレーシアの首都クアラルンプール
  7. マレーシアの多様性
  8. マレーシアの医療
  9. マレーシア・ペナン
  10. マレーシアの公共交通機関

人気記事

  1. 夏休み短期留学プログラム説明会開催
  2. マレーシア留学情報センター
  3. マレーシア・ペナン学生寮
  4. マレーシア大学留学
  5. 夏休み短期留学説明会
  6. バンコク語学留学
PAGE TOP