マレーシアの語学学校 UCSI大学付属語学学校

UCSI university付属語学学校について

マレーシア語学留学

語学学校の特長

主に英語コースを提供している語学学校ですが、マレー語や中国語、台湾語、韓国語そして日本語などのコースも有しています。UCSI大学には1万人を超える生徒が在籍しており、語学学校は大学内に位置していることから、友人を作る機会も多くあるでしょう。UCSI大学は英国の大学評価機関が行う世界大学ランキングの2015年アジア部門で251位にランク付けされました。日本の早稲田大学が212位、筑波大学と慶應大学が219位にランク付けされていることから比較しても、世界基準で評価されている大学が運営してる施設であると言えます。英語表記の正式名称はUCSI university Centre for languagesです。大学側が正式に日本語で表記した固有名詞は存在しません。『UCSI 大学付属語学学校』などの名称が適しているでしょう。

ロケーション

UCSI大学は、1986年に創立した私立大学です。その大学が運営する語学学校が、UCSI大学付属語学学校です。大学は3か所のキャンパスを有しており、メインキャンパスはマレーシアの首都であるクアラルンプール州にあります。そしてサラワク州とトレンガヌダルルイマン州という海沿いの州のそれぞれに1か所ずつキャンパスを持っています。

UCSI大学

クアラルンプール州にはNorth wingとSouth wingという2か所のキャンパスを有しており語学学校はNorth wingのキャンパス内に位置しています。クアラルンプール州にある2か所のキャンパスは、徒歩15分程度の距離感です。クアラルンプール国際空港からは車で50分程度、距離にして約60kmの郊外に立地しています。日本に置き換えると東京駅から片瀬江ノ島駅程度の距離感です。クアラルンプールキャンパスの近くには目立つ繁華街などもないため、勉強に集中できる環境が整っています。交通の便も良くNorth wingキャンパスの真横には2か所のバス停が設けられています。どちらのバス停も20分間隔でバスが運行しています。

入学可能時期とコース

コースは英語教育充実プログラム(English Enrichment Programme-EEP)、ホリデープログラム(English Holiday Programme-HP)のほかに、IELTS集中教育プログラムや英語教師教育プログラムなどを設定しています。入学時期はどのコースにおいても、毎月入学可能です。
月毎に入学日と最終日が定められています。2016年においては1月4日~1月29日、2月2日~2月26日、3月1日~3月25日、4月4日~4月29日、5月3日~5月27日、6月6日~6月30日、7月4日~7月29日、8月1日~8月26日、9月5日~9月30日、10月4日~10月28日、11月1日~11月25日、12月は11月28日~12月23日と設定されています。

主な2種類のコース内の授業について

コースは、レベル毎に10の授業が設定されています。レベル1と2は初心者コース、レベル3と4は初等コース、レベル5と6は準中等コース、レベル7と8は中等コース、レベル9と10は高等コースです。各コースを終了しテストに合格した際には出席証明書が発行されます。

主な2種類のコースの学費

ここでは英語教育充実プログラム(English Enrichment Programme-EEP)、ホリデープログラム(English Holiday Programme-HP)の2種類のコースの学費を明示します。

英語教育充実プログラム(English Enrichment Programme-EEP)
こちらは3か月以上の英語学習者を対象とし、学生ビザの申請が必要とされており、大使館ではなくUCSI大学を通して学生ビザの申請を行います。金額は、米ドルで4,115ドル。1米ドル120円の場合、49万3,800円です。ビザの発行費と6コース分の支払いを行うことになります。寮やホテルの宿泊費は別途必要となります。

ホリデープログラム(English Holiday Programme-HP)
こちらは3か月(すなわち3コース)の英語学習者を対象とこちらは学生ビザの申請を必要とされていません。1か月目は米ドル1,154ドル、2か月目と3か月目は米ドル763ドルです。1米ドル120円の日本円で、1か月目は13万8,480円、2か月目と3か月目は9万1,560円です。こちらは宿泊ホテル代金も含まれていますが、教科書代は含まれていません。

在校時の滞在先について

UCSI大学はキャンパス内の宿泊施設と、学外の提携宿泊施設があります。学外の宿泊施設の場合でもキャンパスは徒歩圏内にあり、公共交通機関や銀行、レストラン、スーパーなどが近い立地です。学内の寮の金額は、滞在する時期によって異なっており、3か月で約5万円から6万円程度の宿泊費が必要となり、部屋はツインもしくは3ベッドルームの部屋が用意されています。これは基準価格で、病院の利用をする場合、薬の処方の利用をする場合などで金額が増額します。1か月平均2万円から3万円程度で24時間セキュリティ、社内カフェテリアの利用もできる他、24時間インターネット利用、個々の部屋の掃除サービスもあり、部屋にはベッド・机・洋服荷物置きが備え付けられています。

関連ページ

留学・移住無料個別相談会

留学個別相談会

マレーシア短期留学

セミナー・講演依頼

奨学金・教育ローン

ドラゼミグローバル

Facebook Page

マレーシア基本情報

  1. マレーシアのクリスマス
  2. マレーシアの日本食材・日本料理店・日系企業
  3. 親日国マレーシア
  4. マレーシアってどんな国?
  5. ジョホールバルについて
  6. マレーシアの首都クアラルンプール
  7. マレーシアの多様性
  8. マレーシアの医療
  9. マレーシア・ペナン
  10. マレーシアの公共交通機関

人気記事

  1. マレーシア留学体験記
  2. マレーシア留学フェア
  3. 夏休み短期留学
  4. 夏休み短期留学プログラム説明会開催
PAGE TOP