注目の記事 PICK UP!

マレーシア留学体験記 Vol.2

3年間のマレーシア留学

当社が初めてサポートさせていただいたお客様からのマレーシア留学体験記です。3年間のマレーシア留学を経て、どのような体験ができたのか、生活環境など非常に参考になるお話をしていただきました。

1.マレーシア留学きっかけ

マレーシアへの留学のきっかけになったものは子供の英語教育でした。私自身高校生の時にホームステイを経験し、その経験がもとで留学をしたいと思い高校卒業後、アメリカのカレッジに留学しました。約4年間とても充実した経験をすることができましたがそこで感じたことは英語のベースの未熟さでした。いくら中学から一生懸命英語を勉強し、英語は好きでいろんな形で準備し、ESL(English as second language)ではよい成績でもアメリカ人と肩を並べて一人前に勉強、仕事をしていくのは壁が本当に高かったのを覚えています。

それでも日本に帰国すると英語ができるとみなされ外資系の企業などで働きつつ結婚、出産。自分の子供の英語教育についていろいろ考えるようになりました。そんな中、ふとネット上で目に入った親子留学という文字。私自身海外で働いてみたい、もう一度海外で暮らしてみたいという願望があったので、ものすごい勢いでリサーチを始めました。(2013/4)

2.リサーチ

親子留学、海外転職を調べる中で荒木さんのブログに出会いました。実際にマレーシアに移住して子供を現地の学校に通わせている方の生の声は大変ありがたく、図々しくもメールでご連絡したところ荒木さんの都内にある関連エージェントを紹介していただきました。ちょうどいいタイミングでセミナーがあり、費用感や居住エリア、治安などについてとてもいい情報が得られました。いくらネットが普及しているとはいえ車事情や住む場所と学校の交通など、自分では調べきれないことが多かったので大変参考になりました。

3.準備

準備として、エージェントの方に学校見学のプランの相談にのっていただいたり、アジアで働いている友人に転職の話の情報収集をしました。アジア特にマレーシアは親日家が多いこと、食べ物も比較的日本人の口に合うこと、アメリカやイギリスに比べ訛りはあるものの日本人にはなじみやすい英語を使っているということがわかってきました。そんな中いいタイミングでマレーシアのローカル企業が日本向けのサポート人材を探しているとお声をかけていただき、トントントンと会社研修にマレーシアへ行くことになりました。(2013/10)

会社の研修でマレーシアに2週間の滞在、実際に現地に来てみると思った以上に「ザ・東南アジア」の雰囲気に実はけっこう衝撃を受けました。道はガタガタ、あちこちで下水のにおいがするし新築のコンドミニアムも日本クオリティとは程遠く…これ、やっていけるのかなとかなり不安でしたが研修が終わるころにはすっかり慣れてしまいました。(この部分はかなり個人差があると思います)

4.渡航

会社と学校の調整のタイミングで12月に引っ越しを完了しました。やはり友達もおらず、食べ物も言葉も違う環境は子供たちにとって初めは慣れず、外食は日本食や日本風の食べ物が多くなってしまいました。マレーシアは日本食がとても人気で高級レストランからお手頃なものまで日本の味に近いものが身近なのは大変助かりました。

家と会社から一番近く、評判も良かった中華系インターナショナルスクールは英語力がある程度ないと入学許可が下りず小学校1年生だった長男も幼稚園だった次男も隣接している幼稚園から入ることを勧められました。幼稚園に入ったのは正解だったと思います。マレーシアの幼稚園は遊びから学ぶ日本式とは異なり(良し悪しはそれぞれだと思いますが)英語・マレー語・中国語と算数などのお勉強も毎日あります。単語テストがあったり計算も学んだりするので長男も退屈することなく程よい環境で通うことができました。また、マレーシアの南国ならではのおおらかさに救われたのは午後のデイケアタイムでした。働くお母さんのために午後3〜6時までは預かり保育をしてくれるのですが、その間長男には担任の先生がマンツーマンで英語ドリルに付き合ってくださいました。幼稚園の先生なので辛抱強く優しく接してくれたおかげで毎日楽しく幼稚園に通うことができました。

マレーシア留学体験記

5.3年の過ごし方

1年間の幼稚園生活を終え、長男は晴れて3年生に(英語以外は問題ないということで学年は調整してもらいました。学年を上げたり下げたりはマレーシアでは珍しいことではありません)

お母さん方との関りも積極的に参加しました。子供たちが約束をして週末一緒に遊んだりしている中で、仲の良いお母さん友達もできたりして親子ともども学校とは密にかかわっていたと思います。学校のこと、習い事のことなどローカル情報も手に入りますし、マレーシアの行事やお祭りにも参加できて海外移住の醍醐味、異文化体験のチャンスが増えました。学校に関しては気になる点などもありましたが、そこは遠慮なく先生に詳しく事情を聞いたり事務所に問い合わせたりしました。こちらから質問をするとほとんどのケースではきちんと対応してくれました。

マレーシア留学体験記

また、マレーシアで我が家の子供たちが大いにはまったものはプログラミングでした。学校のクラブ活動でゲームメーカーというクラブに入りMIT(マサチューセッツ工科大学)が開発した子供用のソフト、スクラッチ2でゲームを作るというものに魅了され、習い事でプログラミングに通いました。プログラミングといってもパソコンでの勉強だけでなく、算数や機械工学も絡めて勉強します。Pythonという基 本コードを習いながら図形の勉強、もちろん英語ですべて習うため大人の私が見ていて目が回りそうな内容でしたが子供たちは通うのを本当に楽しみにしていました。

習い事といえば日本でもメジャーなピアノも習いました。ヤマハやKawaiのような級の代わりにマレーシアではほとんどの先生がABRSMというイギリス式の検定を目指してレッスンします。ローカルの中国人の個人の先生でスパルタ風でしたがピアノを習ううえで音楽用語をイタリア語で覚えたりイギリス本国から来る試験官の試験を受けたりこちらもいい経験でした。

マレーシアは車社会。電車やバスがありますが駅やバス停の位置があまり便利ではないのでほとんどの人は車通勤・通学です。私は 16,000リンギットで中古車を買い、3年後に6,000リンギットで売って帰ってきたので月換算で1万円くらいでリースしていたと考えると許容範囲かなと思います。

住まいは80平米くらいの少々古めのコンドミニアムに1,800リンギットで住んでいました。ベッドルームが3つ、バスルームも2つと、この辺りは日本では体験できない広さと安さだったと思います。(ちなみにクアラルンプール近辺での相場は2,500〜4,000リンギットくらい皆さんかかっているようです。わが家は少しクアラルンプールの中心から離れていたのでこの価格でした)いつでも好きな時にプールに入れて、コンドミニアム内の食堂は注文すると家まで運んでくれたりアジアならではの快適さでした。

環境という意味で悩みのもとだったのはヘイズ(煙による空気汚染)です。近隣国の焼き畑が大きな原因といわれていますが、9〜11 月頃がひどく、時期によってはいきなり学校が 1週間休みになったりします。そうなると子供は元気なのに空気が悪くて外でも遊べず預け先もなく、頭を抱えてしまうこともしばしばありました。年にもよるようで2年目は学校閉鎖がありましたが3年目はほとんど休みになるようなことはありませんでした。

6.帰国

マレーシアに来てちょうど3年が経つころ、会社の意向と子供の中学受験なども少し視野に入れて考えていた時期だったので日本帰国を決めました。帰国するころには子供たちもホーカー(屋台)でのご飯もマレー料理も大好きで、私もマレーシアでできた現地の学校や会社の友達たちと離れることが本当に辛かったのですが、海外経験として3年に区切りをつけることにした次第です。

現在帰国して2ヶ月、日本の小学校に通う4年生の長男は英検準2級に93%で合格できました。わが家の子供たちは決して特別ではなく、マレーシア生活中も勉強ばかりしていたわけでもありません。それでも短期間で習得できた語学と経験は、何より環境のおかげだったと思います。まず、学校には日本人が1人しかいませんでした。マレーシアに移住しても日本と同じ環境を作ろうと思えば食べ物も着るものも日本人の友達も日本と同じように作れます。でもせっかく海外に来ているんだからその国の生活を楽しもうという気持ちが大きかったからこそ得られたものは多かったと思います。

マレーシアに来て、期待と違う、学校がちゃんと対応してくれない、などいろいろな不満や不安はありましたが、異文化なんだ、ここは日本ではないんだと割り切れば理解できることもたくさんありました。また、子供に対してどこのレストランやお店もとても寛容に接してくれることが多いのもマレーシアのいいところだと思います。

全体を通して大きなけがや病気をすることもなくわが家はマレーシア移住本当にエンジョイして帰国することができました。時期や期間などはそれぞれあると思いますが、子供たちに海外での生活を経験させるということは語学以外の意味でもこれからのグローバル社会で大いなる糧となると思っています。

関連記事

  1. マレーシア留学

    マレーシア留学体験記 Vol.1

  2. マレーシア夏休み短期留学

    夏休み短期留学体験記[ジョホールバル編Vol.4]

  3. マレーシア大学留学

    大学留学体験記[マレーシア HELP大学]

  4. マレーシア留学

    サマースクール体験記<ペナン>

  5. マレーシア留学体験記

    マレーシア留学体験記 Vol.3

  6. マレーシア夏休み短期留学

    夏休み短期留学体験記[ジョホールバル編Vol.2]

  7. マレーシア留学

    サマースクール体験記<クアラルンプール>

  8. 親子留学

    ジョボールバル親子留学体験記[Vo.1]

  9. マレーシア夏休み短期留学

    夏休み短期留学体験記[ジョホールバル編Vol.3]

留学・移住無料個別相談会

TOEFL個別指導塾

マレーシア大学留学

マレーシア短期留学

セミナー・講演依頼

摂陽観光

Facebook Page

マレーシア基本情報

  1. マレーシアのクリスマス
  2. マレーシアの日本食材・日本料理店・日系企業
  3. 親日国マレーシア
  4. マレーシアってどんな国?
  5. ジョホールバルについて
  6. マレーシアの首都クアラルンプール
  7. マレーシアの多様性
  8. マレーシアの医療
  9. マレーシア・ペナン
  10. マレーシアの公共交通機関

人気記事

  1. TOEICポイントアップ
  2. マレーシア留学情報センター
  3. 就職 海外
  4. マレーシア留学
  5. バンコク語学留学レポート
  6. バンコク語学留学
  7. 留学前準備
  8. バンコク語学留学
  9. ASEAN諸国での就職
PAGE TOP