注目の記事 PICK UP!

【小学留学2】英ボーディング・スクール留学が世界への扉を開く

小学留学2 英国式ボーディング

2.イギリス留学との比較を用いた戦略的なマレーシア留学の方法

小学生留学は、早期留学特有の英語の習得の早さ、環境の適応力の高さなどが注目されています。高校生留学の適切な時期が中学2年生~高校1年生といわれていますが、心身の成長やスクールの入学難易度を考えると、早い時期ほど子供特有の柔軟性をいかすことができるのです。中高生と比較して、心身の成長が著しい小学生の英語習得、環境適応の効果の高さは歴然としています。また、入学難易度と求められる英語力は、早期留学においては非常に易しいのが特徴です。留学先でしっかりと教育していく時間が十分にあるからです。

マレーシアには英国式ボーディング・スクール(Boarding School)が数多く存在します。イギリスに本校を構える名門スクール分校も多く、近年はより注目が集まっています。マレーシア分校はアジアにいながらにして最高の英国式教育を受けられる高等教育機関です。それはヨーロッパ諸国のボーディング・スクール(Boarding School)にも引けを取りません。コストや地理的な理由などをクリアすることができ、これまで様々な事情で手の届かなかったかったイギリス留学が、マレーシアで叶えられるのです。

小学生留学1小学生留学1に引き続き、小学生留学2では、イギリス留学とマレーシア留学の比較を用いて、より具体的な魅力について考えていきます。

入学難易度、学費、移動時間、時差、気候、日照時間などの地理的な差異を具体的な数字を用いて比較していきます。イギリス留学と同質のものをマレーシア留学で叶えられる英国式ボーディング・スクール(Boarding School)の魅力についてご紹介します。

英国式ボーディング・スクール(Boarding School)マレーシア留学

英国式ボーディング・スクール(Boarding School)は全寮制の寄宿学校です。寄宿生の受け入れ開始は9歳~11歳が一般的です。スクール自体は通学生を対象にした3歳の幼稚園生~18歳の後期中等教育過程(シックス・フォーム)を履修する一貫教育です。ボーディング・スクール(Boarding School)は高度な学習環境を提供しており、ヨーロッパ高等教育の代名詞ともいわれています。マレーシアに多くあるボーディング・スクール(Boarding School)のカリキュラムは完全な英国式です。教師の9割をイギリス本国から呼び寄せ、英国式カリキュラムをイギリスと同質の英語と環境で提供しています。スクール内で使用されるのは、イギリス本国から趣いた教師たちが教えるブリティッシュ英語です。

このように教育環境整備をイギリス本校同様に徹底しているため、アジア留学で懸念させる訛りや、文化や学習面でのローカル性は問題になりません。そして、義務教育修了時にIGCSE-0レベル(International General Certificate of Secondary Education)を、高校卒業相当のシックス・フォーム修了時にIGCSE-Aレベル(International General Certificate of Secondary Education, Advanced Level)を取得します。また、IB(International Baccalaureate)ディプロマを同時に取得する認定校もあります。

マレーシア分校の入学難易度は低い

マレーシアの英国式ボーディング・スクール(Boarding School)では、特に小学生を対象にした入学難易度は低く設定されています。イギリスでも入学対象者が限られる名門のマールボロ・カレッジを例に入学難易度をご紹介します。イギリス本校では現在小学生の入学要項の開示がないので詳細は不明ですが、マレーシア分校の入学試験の易しさは下記表でおわかりいただけるでしょう。

入学試験の内容
例)マールボロ・カレッジ・マレーシア分校

学年 マレーシア分校
~8年生 認知能力試験
アンケート
10分間の面接(2~3回)

マールボロ・カレッジ・マレーシア分校では、学力試験は一切ありません。認知能力試験、アンケート、10分間の面接を2~3回受け、ある程度の英語力*が認められれば入学可能です。学力試験がないため、これまでの学業成績が問われることはありません。認知能力試験で子供の個性や、教育によって期待できる可能性の有無を判断します。その他、アンケートの記入や面接でのしっかりとした受け答え、前向きな姿勢などを示すことができれば入学資格が得られるでしょう。マールボロ・カレッジ・マレーシア分校では、高度な訓練を積んだ教師だけでなく、家庭教師的なチューター、ボーディング・ハウスのハウス・マスター、ハウス・ミストレスをはじめとした多くの経験豊富なスタッフたちが、迎えてくれます。

*英語力が基準を満たさない場合…語学留学、ELS(EAL)で適正値に近づけます。英語力の具体的な指標は示されていませんが、入学試験内容を見る限りでは、面接でしっかりとした受け答えができること、ある程度の読み書きができることなどは必要でしょう。しかし、日本の公立学校からの留学も可能です。それらの場合は、事前にマレーシアで語学留学をします。ホスト・ファミリーのもとにホーム・ステイをしながら、3ヶ月程度の語学学校通学でおおよその英語力がクリアできるといわれています。また、マレーシアは親日国家であるため、日本人を温かく迎えてくれます。ホーム・ステイ体験を通して、自己肯定感を育むことも期待されます。

マレーシアの学費はイギリスの約3分の2

イギリスは世界的に見ても物価が高いことで知られています。一方でマレーシアは物価が安く日本のおよそ3分の1程度です。それらの違いは学費においても同様です。

学費+ボーディング費用(1年間)の比較
例)マールボロ・カレッジイギリス本校とマレーシア分校

イギリス本校
(£)(日本円)
マレーシア分校
(RM)(日本円)
差額(日本円)
35,280(約5,115,600円) 132,450(約3,443,700円) 約1,671,900円

£1=145円 1RM=26円(2016年12月レートより)

イギリス本校の学費+ボーディング費用が1年間511万円であるのに対し、マレーシア分校は学費+ボーディング費用の合計が344万となっています。差額は1年間で167万円にものぼり、マレーシア分校はイギリス本校のおよそ3分の2の価格です。また小学校最後の2年間通った場合は、合計689万円となり、その差額は334万円にものぼります。

また、マールボロ・カレッジはコスト面ではハイクラスですが、よりローコストな英国式ボーディング・スクール(Boarding School)も数多くあります。一例として、ウェストレイク・インターナショナル・スクールでは、年間の学費とボーディング費用の合計額を約67万円まで抑えることが可能です。マールボロ・カレッジの約5分の1以下のコストでイギリス留学と同等の教育を受けることができます。個々人の事情や要望により、様々な英国式ボーディング・スクール(Boarding School)から自由に選択することができます。

飛行機で6時間、時差1時間の常夏の楽園マレーシア留学

マレーシアは日本から飛行機を利用して6時間で行くことができます。時差はわずか1時間と大変短く、緊急時だけでなく、電話連絡なども日本と同じ感覚で連絡をとることができることも魅力です。また、年間平均気温は27℃~33℃と高めですが、朝晩の気温が23~25℃まで下がり、大変過ごしやすくなっています。また、年間の降雨量とは対照的に、日照時間が非常に長く(ロンドンの1.5倍)、快適で気持ちのいい常夏の楽園です。衣類の調節などが特に必要ないため、小学生の単身留学で心配な体調の自己管理も特に問題ないでしょう。

移動時間と時差の比較
移動時間(飛行機利用) 日本との時差
イギリス 12時間30分
(復路11時間40分)
9時間
マレーシア 6時間 1時間
年間平均気温と冬/夏の平均気温の比較
年間平均気温 1月/7月平均気温
イギリス 10.0℃ 4.4℃*/17.1℃
マレーシア 27~33℃ 33℃/33℃

*…イギリスは東京の冬とほぼ同じ 雪の日…16日(東京9.7日) 

年間降水量と日照時間の比較
年間日照時間 年間降水量
イギリス 1,460時間 750.6mm
マレーシア 2,230時間 2,430mm

マレーシアでイギリス留学体験

マレーシアはイギリスとの深い関わり合い、積極的な教育政策でアジアの教育ハブとして注目されています。英国式ボーディング・スクール(Boarding School)マレーシア分校は、完全にイギリス本校を踏襲した環境とカリキュラムを実現する世界基準の高等教育機関です。これまでイギリス留学でしか得られなかった学習の機会と経験が、マレーシア留学では叶えられるのです。単身の小学生留学において危惧される様々な問題は、ボーディング・スクール(Boarding School)ではクリアできるのです。マレーシア留学は子供たちの夢を実現する力強いパートナーとなるでしょう。

小学生留学3 では、マレーシアから世界の大学進学への進路の多様性についてご紹介します。

関連ページ


関連記事

  1. マレーシア留学

    【中学留学1】英ボーディング・スクール留学が世界への扉を開く

  2. マレーシア留学

    【中学留学2】英ボーディングスクール留学が世界への扉を開く

  3. 小学留学3 世界の大学へ

    【小学留学3】英ボーディング・スクール留学が世界への扉を開く

  4. 高校留学

    【高校留学3】英ボーディング・スクール留学が世界への扉を開く

  5. マレーシア留学で世界の1%

    【小学留学】英ボーディング・スクール留学が世界への扉を開く

  6. ボーディングスクール 高校生留学

    英国式カリキュラムをマレーシアのボーディングスクールで!

  7. マレーシア留学

    【中学留学3】英ボーディング・スクール留学が世界への扉を開く

  8. マレーシア留学

    【高校留学】英ボーディング・スクール留学が世界への扉を開く

  9. マレーシア留学

    【ボーディングスクール】MAZインターナショナルスクール

留学・移住無料個別相談会

TOEFL個別指導塾

マレーシア大学留学

マレーシア短期留学

セミナー・講演依頼

摂陽観光

Facebook Page

マレーシア基本情報

  1. マレーシアのクリスマス
  2. マレーシアの日本食材・日本料理店・日系企業
  3. 親日国マレーシア
  4. マレーシアってどんな国?
  5. ジョホールバルについて
  6. マレーシアの首都クアラルンプール
  7. マレーシアの多様性
  8. マレーシアの医療
  9. マレーシア・ペナン
  10. マレーシアの公共交通機関

人気記事

  1. TOEICポイントアップ
  2. マレーシア留学情報センター
  3. 就職 海外
  4. マレーシア留学
  5. バンコク語学留学レポート
  6. バンコク語学留学
  7. 留学前準備
  8. バンコク語学留学
  9. ASEAN諸国での就職
PAGE TOP