なぜマレーシア親子留学なのか

マレーシア親子・母子留学が他の国々の留学に比べて優れている理由

親子・母子留学をする際、マレーシアを留学先の候補としてあげられる人がいますが、なぜマレーシアなのでしょうか?様々な留学先がありながらマレーシアを選択する理由について、分かりやすく解説していきます。

マレーシアは、日本人が受け入れられやすい

マレーシアは他の国々の留学先と比べると日本人が受け入れられやすいということが考えられます。2015年4月13日に行われたクロスマーケティング調べの調査によれば、国民の89%の人が日本人のことを好きだと言ってくれているのです。

親子・母子留学を考える際、環境になじめるかということも大切な要因となります。マレーシアは日本人に友好的ですので、あたたかい雰囲気で受けいれてくれるでしょう。その結果、現地のマレーシアの人と会話が上手く行えますので外国語の上達も早いと言えます。

マレーシアは、治安が良い国

親子・母子留学をする場合、留学先の治安について気になるのではないでしょうか。「外国だけれど、日本のように治安が良ければ安心なのですが。」と思っている人もいるでしょう。治安の良い留学先を探しているのでしたら、マレーシアはお勧めです。東南アジアの中でもマレーシアは政治の状況や治安が良いですので、安心して外に出ることができます。外でマレーシアの文化を知ることで、今までよりも語学の理解が一層深まるようになるでしょう。

そして治安が良ければ留学することに関して、家族に反対される可能性が低くなります。「マレーシアは日本のように治安が安全なら留学先にしても大丈夫だろう。」というように家族間で話が進むのではないでしょうか。

マレーシアは英語の習熟度が高い

昔、マレーシアはイギリス領となっていたことをご存知でしょうか。そのため英語が一般的に利用され、英語の習熟度が高い国だと言われています。外に出れば英語が通じますので地元の人と直接的な会話が可能となります。語学学校や独学で語学を勉強しただけでは、どうしても不足がでてきてしまいます。その点に関してはどの語学教室に行っても同じです。その不足を補うためには、マレーシアの現地に行き地元の人と直接話せるようにならなければいけません。

人によっては、英語の言い方に癖があり、聞きとりづらいこともあるでしょう。しかし、マレーシアは英語の習熟度が高いことが特徴ですので、会話の仕方で参考になる人がたくさんいます。

マレーシアと日本の時差は1時間

マレーシアを留学先として決定する理由として、時差がほとんどないということがあげられます。他の国に留学していれば、10時間の時差があることは十分に考えられます。10時間も時差が空いていると環境に慣れるまでに、それなりの時間が必要となります。しかしマレーシアは日本との時差が1時間ですので、それほど調整せずにマレーシアでの生活を始めることができます。

日本の2分の1~3分の1の生活費

留学先を考える場合、物価についても調べておく必要があります。マレーシアの物価ですが非常に安いのです。分かりやすいように日本と比べれば、2分の1~3分の1の生活費で生活することが可能なのです。お伝えしたとおり生活費が安いのですが、マレーシアの特徴として授業料が安いということがあげられます。留学するためには一定の費用が必要ですが、マレーシア留学をするのであれば他の留学先と比べて留学費用の準備が半分程度で済みます。

マレーシアの留学費用について

短い期間で英語を習得するのであれば、インターナショナルスクールに通うことが一般的になっていますが、入学費用を支払えないという人もいるでしょう。インターナショナルスクールの入学費用は、100万円前後となっており授業料に関しては、年間200万円前後となっています。それなりの資金がない人は、外国語を学べない状況になっています。

他にもニュージーランドや豪州やカナダの公立校に正規留学する方法もあるのですが、この方法に関しても最低でも年間200万円程度の留学費用が必要となります。そして次に留学先として考える場所は、完全な英語圏ではないですが、英語を準公用語として話すことができ、英語教育が行われているところに留学することを考えるでしょう。この場所というのがマレーシアなのです。

マレーシアに留学する場合、学費が非常に安く入学金が10万円程度となっています。他の留学先であれば最低でも年間200万円ほどの費用が必要でしたが、マレーシアでは、年間の授業料が40万円~60万円というところが複数存在します。そしてマレーシアに正規大学留学をした場合、学費と生活費の合計の費用は、約140万円だと計算されています。こちらのデータに関しては、マレーシア教育省を参考にしました。大学の選択方法によっては、ご紹介した金額よりも安い費用で大学留学することができますので、色々と調べてみてはどうでしょうか。

マレーシアには門限がない

日本では、学校が終われば、すぐに帰宅するのが一般的でしょう。マレーシアでは門限というものが存在しないため、放課後が非常に充実しています。なぜ放課後が充実するのかというと、学校の地元の先生がダンス教室などを行っているため生徒が参加できるからです。ダンス教室で行われているレッスンの内容に関しては、すべて英語で行われます。ダンス教室に一緒に参加しているほかの生徒と英語で会話することができますので、その日に学んだ英語などを、すぐに生活の中で練習することができます。

他の留学先では、練習の場というものが、なかなか存在しないかもしれませんが、放課後にダンス教室などが行われていることによって、すぐに自分が知っている英語を使い、相手の会話を聞くことができます。英語を話せるようになりたいと考えているのであれば、このような環境は必要不可欠でしょう。

マレーシアで長期滞在する理由とは

マレーシアは、短期留学することも可能ですが、長期滞在する人も多数存在します。「なぜ、マレーシアに短期留学するのではなくて、長期滞在するの?」と思ってしまう人もいるでしょう。

なぜマレーシアに長期滞在するのかというと、マレーシアが親にとっても子供にとっても生活しやすい国だからです。気温が一年中暖かく、生活費も最小限に抑えることができますし、何よりも治安が良いです。日本人に対して友好的で、病気になったとしても医療水準が高いですので、安心して病院に通うことができます。そして、マレーシアは英語が通じやすいですので、コミュニケーションが行いやすいのです。

マレーシアという国は、災害が少ないことが特徴で、地震が発生する可能性が低いのです。なぜならば、ユーラシアプレート上にマレー半島が載っているため、断層がないのです。そのため地震が発生しづらいということです。「地震はないけど、台風ぐらいは発生しますよね?」と思っている人もいるでしょう。マレーシアは台風の経路となることがないために、台風も来ないのです。そして、原発も存在しませんので放射能汚染の問題も気にする必要がありません。このような状況を聞けば、退職者がマレーシアに長期滞在する理由が理解できてくるでしょう。

中国語と英語が同時に取得できる

マレーシアの人口ですが約3割が中国系ということをご存知でしょうか。そのため中国学習をするためにはマレーシアは非常に便利です。インターナショナルスクールで中国語を選択することで、英語も中国語も同時に勉強することが可能となります。これによって、日本語と英語だけでなく、中国語も話せるようになります。

結果、3ヵ国語が話せるようになります。このように説明すれば、非常に凄いことのように思いますが、ほとんどのマレーシア人は、3ヵ国語以上を話すことができます。基本的なマレー語や英語や他の民族の言語などの3ヵ国語以上を話すことが可能なのです。このように様々な言葉が利用できる環境に留学しようと思うと、なかなか留学先が見つからないでしょう。しかし、マレーシアでは、様々な言葉を利用しながらコミュニケーションを行うことが一般的ですので、多様な言語を習得したいのであれば、良い環境だと言えるでしょう。

マレーシア親子・母子留学のまとめ

マレーシアの親子留学や母子留学について説明させていただきましたが、どのような環境かイメージできましたでしょうか。マレーシアは留学先として高い留学費用を準備できない人でも留学することが可能です。

上記で説明しました通り、授業料も安く生活費も最小限に抑えられます。マレーシアに留学すれば多様な言語が利用されていますので、中国語や英語などの外国語を同時に取得することができます。医療水準も高いですので、病気になっても安心です。親にとっても子供にとっても安心の生活を送ることができるでしょう。

留学・移住無料個別相談会

留学個別相談会

マレーシア短期留学

セミナー・講演依頼

奨学金・教育ローン

ドラゼミグローバル

Facebook Page

マレーシア基本情報

  1. マレーシアのクリスマス
  2. マレーシアの日本食材・日本料理店・日系企業
  3. 親日国マレーシア
  4. マレーシアってどんな国?
  5. ジョホールバルについて
  6. マレーシアの首都クアラルンプール
  7. マレーシアの多様性
  8. マレーシアの医療
  9. マレーシア・ペナン
  10. マレーシアの公共交通機関

人気記事

  1. マレーシア留学体験記
  2. マレーシア留学フェア
  3. 夏休み短期留学
  4. 夏休み短期留学プログラム説明会開催
PAGE TOP